« ちょっと浮気 | トップページ | 混群の不思議 »

2006年2月 6日 (月)

ペリット

今日は息子の散歩をかねていつもの公園にカメラを持ち込みました。しかし、
そもそもその、「かねて」というのがいけませんね。ろくな写真がとれませんでした。

なので今日は、私のトリ撮り初日のアルバムから、ちょっと気に入っている一連の写真を。

Img_6367_035
小雨の降る中、姿をあらわしたカワセミ。「カワセミって、こんなに近寄っても逃げないんだ!」とそのときは思ったものでした。ちなみにレンズは、フィルム時代から使っているタムロンの70-300。ノートリミングです。(カメラはキスデジなので1.6倍でしたっけ?)

Img_6368_035
あちらこちらに行って鳥撮りしまくっているカメラマンたちによると、これだけ近寄らせてくれるのは、どうもこの個体だけで、しかもペアのいないこの時期だけの、非常に珍しいケースなんだそうです。ここに写真を撮りに来れる人はラッキーなんだそうです。

Img_6370_035
で、この♀、この日何度か、なにやら吐き出していたのです。「食いすぎて魚をだしているのかな」などと思っていたのですが、、、。

Img_6372_035
カメラの前でもモゾモゾ。口から何か出してきました。ファインダーの中では、それがなんだかわかりませんでした。パソコンで見ても、「カワセミのベロかな」という風にしか見えませんよね。少なくとも魚ではなさそうです。

Img_6373_035
出しました。これです。でも、この時は結局これがなんだかわかりませんでした。

Img_6374_035
家に帰って調べると、これはどうも「ペリット」、というもので、カワセミは、魚などを丸のまま飲み込んで消化し切れなかった骨やヒレなどをこうやって吐き出すそうです。

下の写真は、後日見つけたペリット。ピントが来てないし手ブレもある写真で申し訳ないですが、なんとなく、質感がわかってもらえるでしょうか。
Img_6709_035
ちょっと触れただけで形が崩れてしまいました。すごく軽くて柔らかいです。そして水に投げ入れると、粉薬が水に溶けるように溶けてしまいました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
というわけで、カワセミの私生活をなんとなく垣間見た気がして、彼女に対する親しみが急に湧いた一連の写真なのです。

ちなみに、この日のファイルナンバーを見ると6300番代。1月14日の撮影でした。で、最新の写真は7500番代。2週間あまりで1000カット以上という撮り方は、初めてです。1回の撮影あたり100枚前後という計算です。(1回は1時間半~4時間くらい)。
これってどうなんでしょうね。みなさんのペースはどんなもんですか。
整理の仕方とか。
コメントをいただけると嬉しいです。

|

« ちょっと浮気 | トップページ | 混群の不思議 »

コメント

やはりお子さんがいると無理ですよね。私も7日はかなり近づけました。一番近づけたでしょうね。さきほど、最新のカワセミをアップしておきました。5日にじいさんカメラマンが2人、三脚でぐんぐん近づいて逃げられてました。いくら近づけると言っても、当然ですね。近づき方があまりにもハデで私も嫌になって、その場を逃げました(苦笑)。マナーってあるでしょう、撮影している私の前に入り込むんですからねぇ。あきれました。私の撮影枚数は、1日6ー700枚くらい。かなり多い方なので、比較にはならないですね。8月以降12万枚撮影です。

投稿: おっちー | 2006年2月 8日 (水) 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/624353

この記事へのトラックバック一覧です: ペリット:

« ちょっと浮気 | トップページ | 混群の不思議 »