« 公園に春が・・・ | トップページ | 水鳥も可愛かった »

2006年2月26日 (日)

プチ遠征

 いつもとは違うフィールドで違う鳥(本音はヤマセミ)が見られないかとプチ遠征です。バイクで40キロほど。それでも神奈川・東京では1時間以上は楽にかかってしまいます。

 で、見つけたのはやっぱりカワセミ。
Dpp_0020_030

 最近近所のカワセミさんが姿を現さないので、ここで足が止まってしまいました。
 住宅街の中の川にしては川原に藪が多く残されていて、カワセミなら居そうな雰囲気ある川でした。案の定、おじいさんたちが一点にカメラを向けていました。

Img_8547_030 

背景はイマイチ。枯れ藪か、ガードレールが映り込んだ川面になってしまいがちです。ホバリングもこのとおり。
Dpp_0039_030

でもまあ、これはこれで、今のカワセミ君が暮らす環境が表現されていて悪くはないかな、とも思います。もうちょっとアップで撮りたいけど。

 ところで、実は今回、初めてカワセミの本当のホバリングを見た思いです。我が家の近所の公園で見かけていたカワセミさんは、大抵、枝から一直線に水面に飛び込み、飛び出した枝かその近くに戻ってくるのが普通でした。
 ところがこのカワセミ君は、一点でホバること多分15秒以上。おかげで、慌ててカメラを向けて、なんとかフレーム内に収めて、ピントあわせて、1枚か2枚はシャッターを何とか押すところまで可能だったのです。しかし飛び込んだあとは、ぜんぜん別の場所に飛び去ってしまう。

 同じカワセミでも、個体によって、あるいは住む環境によって、随分と違う動きをするものであること、ホバリングとはわざわざ一旦かなり高いところまで上がって餌を探す行為であること、など勉強になりました。(枝の上は、こいつにとっては単なる休憩場所なのか?)

 それと、500ミリのレンズで思ったポイントを素早くフレームに入れる練習の必要性を感じました。

|

« 公園に春が・・・ | トップページ | 水鳥も可愛かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/839817

この記事へのトラックバック一覧です: プチ遠征:

« 公園に春が・・・ | トップページ | 水鳥も可愛かった »