« 初撮り3種証拠写真(^^; | トップページ | 好きでない鳥 »

2006年3月27日 (月)

珍鳥を撮る

 野鳥写真を撮るようになって、ときどきふと「なぜ自分は鳥の写真を撮るんだろう」というふうに考えることがあります。今回オガワコマドリを撮りに行って、やっぱりそう思いました。
 今回撮りに行った直接の理由は、カメラマンが減ってきたらしいことと、「せっかく近くに来ているのだし、撮っとかないとあとで後悔しそうだ」という気がしたからでした。なぜ、後悔しそうだと思ったのでしょうか。

Img_0180_025 (トリミングなし)Img_0218_tri (トリミング)

 「写真は記録だ」という考え方からすれば、珍鳥とはいえ、すでにこの鳥は何百人もの人のカメラで何千枚も記録されていて、いまさら私が撮る必要が無いわけです。その点、私がこれまで自分の子どもたちを撮りまくってきたことは、まったく違和感がありません。

 では、記録として写っていれば良いかというと、そうではない。私は芸術家ではありませんが、やっぱり被写体を美しく、あるいは可愛く、被写体の特徴(チャームポイント)を存分に引き出した写真を撮りたい。でも、この点から見ても、鳥写真では私より上手く撮る人は、何万人いるかわかりません。

 ではなぜ「自分で」写真に撮りたいのか。撮らないと後悔すると思うのか。
 結局、独占欲とか所有欲から来る狩猟本能ではないかと思います。狩猟とは「獲る」かわりに「撮る」ほどの違いです。
 ありきたりな結論ですが、やっぱりそう考えるのが一番納得しやすいのです。
 「それはそんなに美味いのか、なら俺も食いたいので獲りに行こう」、あるいは「こんなん獲ったら、みんな喜ぶぞ」、「より美味そうな奴を獲りたい」というわけです。

 そういう動機は別に不純だとは思わないし納得できたので、今は、今後は安心して「撮りたいから撮る」でいけそうな気がしています。
 ああ、高性能ライフルがほしいなぁ、、、、。

|

« 初撮り3種証拠写真(^^; | トップページ | 好きでない鳥 »

コメント

こんにちは、みつわさん(^^♪

オガワコマドリ逝って来ましたか…
カメラマンの数はみつわさんお一人との事ですが
日本人の熱しやすく冷め易い気質が良く出ていますね。

多い時は500とも1000人とも言われていましたが…(^_^;

撮りたくなったから撮る、良いですね
これが自然の形でしょう、とても素敵に撮られていますね。

投稿: Dokudami | 2006年3月27日 (月) 19:00

うわっ、さっそく起こしいただきましてありがとうございます。
結局、横打ちしかなくてガッカリなさったのでは?

その後の時間帯には、カメラマンの数は20人ほどになりました。驚いたのは、ここでは餌付けしているんですね。
止り木に来た理由が後でわかりました。ちょっとなんだか
ガッカリしました。悪いとは言えないけど、、、。

投稿: みつわ@管理人 | 2006年3月27日 (月) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/1182993

この記事へのトラックバック一覧です: 珍鳥を撮る:

« 初撮り3種証拠写真(^^; | トップページ | 好きでない鳥 »