« エクステンションチューブ | トップページ | 足元の春 »

2006年4月21日 (金)

エクステンションチューブ2

 昨日の続きです。

 実際にエクステンションチューブを使うと、どんな絵が撮れるのか。
手当たり次第に撮って見ました。

Img_0894s
Img_0896s
これはハコベでしょうか。直径1cmにも満たない小さな花でした。
他に似たような大きさで黄色い花や紫の花も咲いていて、普段は気付いていない足元の自然の美しさのなんと多いことか、改めて感じました。

Img_0932s
こちらは言わずと知れたタンポポです。
でも、おしべがこんな風にカールしているなんて、知りませんでした。

Img_0973s
昨日の春の嵐が去った後、公園では小さなイチョウの新芽や花?が落ちていました。
クローズアップといえば「水玉」ということで撮って見ました。
が、こちらはイメージしたほどには大きくは撮れませんでした。
それでも、イチョウの葉の裏の水を弾く質感を再発見した気がします。

Img_1026s
名前の知らないこの花、木苺のような葉っぱや木でした。
強い風の中で大きく揺さぶられていて、風が収まるのを待つ大変さも知りました。

<撮ってみて感じたこと>
 私が今回始めたクローズアップという世界は、「鳥撮りの合間に撮る」なんていう生半可なスタイルでできる代物ではありませんでした。でもひょっとすると鳥撮りと同じくらい面白い世界かもしれない。そんな気がします。
 ひょっとすると私は、とても危険な一歩を踏み出したのかもしれません(^^;
 (経済的にネ)

 あと、エクステンションチューブというのは、値段の割にスグレモノでした。もうすこし幅の広い(分厚い)ものだと、もっと撮影倍率は上がるそうです。
 ピントの合う範囲が狭いことと、もとのレンズの無限遠のピントは合わなくなるという不都合はありますが、これは使えます。多分もとのレンズの描写性能はそのまま反映されるはずだし、当分はマクロレンズには手を出さずにいけそうです。(と、自分に言い聞かせなければ、、、)

 

|

« エクステンションチューブ | トップページ | 足元の春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/1491401

この記事へのトラックバック一覧です: エクステンションチューブ2:

« エクステンションチューブ | トップページ | 足元の春 »