« ただいま建設中 | トップページ | エクステンションチューブ2 »

2006年4月20日 (木)

エクステンションチューブ

 先日、エクステンションチューブなるものを購入しました。(エクステンダーではありません。いわゆる接写リングと言うやつだと思います。)
 モノはこんなの↓。

Img_1103s

 マクロ系についてはまったく知識も無く、道具についてもほとんど知らなかったのですが、キヤノンのレンズカタログに載っていた「クローズアップレンズ」と「エクステンションチューブ」に付いては、最近いくらか興味を持っていたのです。

 驚いたことに、エクステンションチューブとはまさしくチューブで、↓このようにレンズ1枚さえ入っていないシロモノだったのです。正直、ビックリです。レンズとカメラの距離をあけることで、ピントをより近くで合うようにできる、つまり最短撮影距離を短くしてしまえるというわけ、だそうです。
 ならば「安いのでも良いや」と思ってケンコーの商品を買おうとすると、注意書きに「EF-Sレンズには使えません」ですと。で、販売価格にして2000円ほど高いこちらを買うことにしました。ちなみに価格は8000円程度です。安いような、高いような、、、。

Img_1105s

 実はカメラ屋には、シグマから今年に入って発売された17-70mmを、かなりまじめに購入するつもりで行ったのです。そのレンズはレンズ先端から3センチの距離まで寄れて明るい(F2.8~)というのがウリのようです。
 最近鳥を撮るために公園などに行くと、春を満喫している植物や昆虫を目にするようになり、こうした季節感をも、鳥を撮る合間合間に撮れたらいいなぁと考えていたのです。
 で、実際に店に行って現物を見て、いつもの私の優柔不断病が発症したのです。「投資しておいて、本当に使うのか?」「今のEF-s18-55mmでいけるんじゃないの?」と自問自答です。いつもこうして、タイミングを逃したり、安物買いの銭失いを続けてきました(^^;

 ともあれ、そんなときに目にとまったのが、エクステンションチューブだったのです。値段も手ごろだし、使用機会が将来少なくてもまあ許せるし、小さいからあまり邪魔にならないし、これを使ってマクロ写真撮って、面白ければステップアップしても良いし。
 結局店を出たときには、これを購入していたというわけです。

 このエクステンションチューブが、どんな効果があるのか、軽く実験をしてみました。

Img_0843s_1  こちらは1センチマスの書かれたカッティングマット。これにカメラをできるだけ正対するように置き、黒い点をフォーカスのセンターセンサーに重ねるように撮りました。

まずは、EF-s18-55mmf3.5-5.6Ⅱの広角側チューブ無し。最短撮影距離はカタログで28センチでした。

Img_0845s それが、チューブをつけるとこんな感じ。

いくつかのレンズで試した中で、写した範囲の狭さという点では1番でした。

但し、このときレンズ先端につけてあるプロテクトフィルターと対象物の間はほんの数ミリ。実際のフィールドではあまり使えないのではないでしょうか。

Img_0844s_2 一方こちらは同じレンズの望遠側(55mm)での最短撮影距離撮影。

チューブ無しバージョンです。

Img_0846s そしてこれがチューブ使用。
レンズ先端からは5センチ程度だったような気がします。 

 私のカメラはCANONのKissDNなので、CmosセンサーはAPS-Cサイズ。そのセンサー上に、4×3cmの画像を写しこめるとしたら、倍率は何倍くらいになるのでしょうか。

|

« ただいま建設中 | トップページ | エクステンションチューブ2 »

コメント

大変参考になりました。ありがとうございます。

投稿: koh | 2011年8月 2日 (火) 16:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/1484520

この記事へのトラックバック一覧です: エクステンションチューブ:

« ただいま建設中 | トップページ | エクステンションチューブ2 »