« 足元の春 | トップページ | キジも鳴かずば倒れまい »

2006年5月 8日 (月)

森の風景

 みなさんは大型連休はどのようにお過ごしになられましたか。

 私は先々週から仕事が忙しくて、会社に泊まりこむ毎日でした。
 ようやく休めた日に、「よし、オオルリを撮るぞ」と意気込んだのですが、結果はボウズ。
多分見当外れのところを探していたのだと思います。やはり一度は探鳥会などに参加して、どういうところにいるものか、学ぶべきなのでしょうね。

 あきらめて、再び足元に目を向けてみました。

Img_1373s

 仕方なく始めたとは言っても、やってみるとやっぱりこちらも面白い。
 木々の間から光が漏れ来て、全体は暗いのに暖かい感じや、鳥の声や折れた枝が地面に落ちる音だけが響くようなしんとした静けさをどうすれば表現できるか。
 以前に見た森の写真集などをイメージしてみるのですが、なかなかうまくいきません。

Img_1425s ヘビイチゴ
Img_1434s

 そしてまたまた、知らない花をたくさん写真に撮りました。

Img_1440s
オオイヌノフグリの紫色版といった風情の花
→調べたら「イヌノフグリ」でした。イヌノフグリはもともと日本に生えていたもので、オオイヌノフグリは大正時代の帰化植物だそうです。いまではイヌノフグリは山間部でしか見られないものとなったそうです。(日本文芸社「季節の野草・山草図鑑」)

Img_1463s
鳥で言えば「篭脱け」かも知れないスミレ?

 他にも紫色のふっくらした花房の花やムラサキケマンも撮りましたが、ブレブレだったり、あまりにも下手にしか撮れなかったので、次回撮り直したときにでも。

 あと、体力のつきかけたチョウとアリのバトルは結構面白かったです。
Img_1452s

 アリはチョウの頭から喰らいついたり、お尻のほうに回ったり。
 チョウは飛び立つこともできずに、倒れないように脚を踏ん張ってアリの攻撃に耐えるのみでした。バトルとは言えないか。

 この日鳥は撮れませんでしたが、久しぶりに車の音が聞こえない新緑の森の中で数時間を過ごすことができ、とっても気分の良い一日でした。
 しかし、、、これで4回?続けて鳥の写真から離れて掲載してしまったわけです。次回はなんとか鳥写真を掲載したいものです。というか、鳥を撮りたいです。

|

« 足元の春 | トップページ | キジも鳴かずば倒れまい »

コメント

かなりいい雰囲気に撮れていると思います。鳥中心の人は、森だけ撮ることに抵抗があるみたいなんですが、鳥も森の一員ですからね。私も5月のハジメは、いつもの荒れた庭園の中ばかり撮影していました。小さな森ですが、まだ撮り尽くせません。

投稿: otti | 2006年5月15日 (月) 22:25

おっちーさん、こんにちは
ほめていただいてありがとうございます。
今の時期、森の中を歩くととても気持ちがいいですよね。
といっても、歩いたのは林道だけですが。
鳥見を目的として行きますが、見られなくてもかなり満足できます。
テントを張ってのんびり過ごしたいです。

投稿: みつわ@管理人 | 2006年5月16日 (火) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/1718141

この記事へのトラックバック一覧です: 森の風景:

« 足元の春 | トップページ | キジも鳴かずば倒れまい »