« 賑やかな鳥 | トップページ | 中州探検 »

2006年6月25日 (日)

里山の梅雨

 今朝は早起きしたのですが、外は雨が今にも降り出しそうな曇り空。
 どこに行こうか考えて、神奈川県内にも里山がよい状態で保存されている場所があると聞いていた場所に決めました。

Img_4496s 

 たくさん見つけたのが、陸にあがったばかりのようなアマガエル。色もくすんでいるし、中には、「陸に上がるのはもう少し待ったほうがいいんじゃないの」と言いたくなるのもいました。

Img_4491s Img_4498s
 でも、右側のカエル、カメラを近づけていくと飛び跳ねて逃げました。ちょっとびっくりです。

 当たり前ですが、状態がよく残されている里山といっても、植物園でも動物園でもありません。花も生き物も、実は当初想像したほどにはあまり多くの種類を見ることはできませんでした。ちょうど時期の狭間だったのか、あるいは今日がそういう日だったのか、はたまた私の探し方が悪かっただけなのか。
 それでも鳥や蝶など、数はたくさんいました。

Img_4503s

Img_4569s

 田んぼの中ではカルガモたちがお食事中。この日見かけたのは3組でした。彼らがこうして雑草を食べてくれれば、合鴨いらずですね。
Img_4567s

 この里山、東京の渋谷から電車で30分ほどにある住宅地のすぐ隣です。こんなところが残っているのが奇跡のように感じました。天気のいい日にまた行ってみたいと思います。

Img_4541s

|

« 賑やかな鳥 | トップページ | 中州探検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/2372274

この記事へのトラックバック一覧です: 里山の梅雨:

« 賑やかな鳥 | トップページ | 中州探検 »