« 篭脱け | トップページ | 一人立ち »

2006年6月11日 (日)

八景島

 八景島というのは、横浜港に浮かぶ小さな島です。
 かつてはこのあたりはきれいな砂浜が続き、海草も豊富で、そのため海の生物もたくさんいたといいます。
 今は、島全体が遊園地になっていて、その一角に水族館があるのです。

 先日その水族館に家族で出かけ、面白いシーンに2つも出会うことができました。

 ひとつは、この水族館の名物、ベルーガです。
Img_2113s

 この水槽は円筒形になっていて、周囲360度からベルーガの様子を観察することができるようになっています。
 この日、周りにいた一人の男の子とベルーガが遊んでいたのです。
 男との子が大きな口をあけて、ワァーッと叫ぶと、ベルーガもその男の子に向かって口を大きく開けるのです。本当のところは遊んでいたのか怒っていたのかはわかりません。でも、同じことを何度も繰り返し、ベルーガは男の子のそばを離れなかったのです。息継ぎに一旦水面に顔を上げにいっても、すぐにまた男のこのところに戻ってきていました。
 私には、本当に遊んでいるように見えました。

 もうひとつはこちら↓。決定的シーン過ぎて説明は要らないと思います。神経質な方はご遠慮ください。

Img_2133s

 私はこれを見るまで、海の哺乳類がどのように交尾するのか、想像できませんでした。
 実際に目の当たりにしてしまったそれは、もちろんいやらしい感じは全くなく、ただ、ごく自然に営まれていました。メスを追いかけるオスの必死さは人間と同じでしたけれども。
 切ないのは、この交尾によって仮に子供が生まれたとして、その子供はきっと、本当の海を知らずに終わるのだろうということ。芸の訓練でジャンプして、水族館の外の本当の海を見たとき、そのイルカは何を思うのでしょうか。何も思わないのでしょうか。

|

« 篭脱け | トップページ | 一人立ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/2178047

この記事へのトラックバック一覧です: 八景島:

» しながわ水族館 [しながわ水族館案内]
しながわ水族館 ⑰海の宝石箱熱帯の海に広がるサンゴ礁の世界を再現。色鮮やかなサンゴ礁に群がる美しい魚たち。チョウチョウウオ、スズメダイ、ハギの仲間など、彼らのカラフルな体色は保護色となって身を守ります。美しい珊瑚と極彩色の魚たち・・・。や...... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 04:04

« 篭脱け | トップページ | 一人立ち »