« 一人立ち | トップページ | 賑やかな鳥 »

2006年6月18日 (日)

雨の中の色

 雨の日が続きますね。
 梅雨が梅雨らしいのはきっといいことなのだろうけど、写真を撮ろうとするとかなり不自由を感じます。体は雨具を着ればすみますが、やっぱりカメラが心配です。
 とはいえ、雨の日でなければ撮れない写真もあるし、私の知り合いの中には、雨の日になると嬉々として撮影に出かける人もいます。

 わたしも今日は思いきって出かけてみました。合羽を着込み、長靴を履いて、カメラやレンズを入れているウエストポーチにはビニール袋をかぶせ、カメラには傘をさして、というものものしいいでたち。

  Img_3985darkens

 以前に、曇りの日には色が映えるということを書いたことがありますが、雨の日もまた、やはりいつもとは違う色が写りました。

Img_3943s

 ネジバナのきれいなピンク色も、緑の中でしっとりと写ってくれました。

Img_3950s_1

 ところでネジバナのねじれる向きは、どのようにして決まるのでしょうね。ほとんど同じ場所に咲いていても、↑↓このように右巻きと左巻きの両方がありました。

Img_4000s

 ↓こんな写真も、晴れている日だとこんな風には色が出ないと思います。

Img_3982s

 ↓蝶がとまっているイネ科の雑草の茶色が、しっとりと落ち着きました。

Img_3999s

 雨の日に出かけた成果はありました。
 でもこの不自由さ。やっぱり苦手です。
 できるだけ簡便に撮影できる工夫が必要ですね。

 みなさんは、どうしてらっしゃいますか?

|

« 一人立ち | トップページ | 賑やかな鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/2274948

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中の色:

« 一人立ち | トップページ | 賑やかな鳥 »