« 雨の中の色 | トップページ | 里山の梅雨 »

2006年6月24日 (土)

賑やかな鳥

 夏の葦原の代表的な鳥、オオヨシキリ。
 たいそう賑やかな鳥で、川原を散歩すると大抵声だけは聞くことができます。あまり美声ではなく、「行行子」と聞きなされています。

Img_4389s

 葦の間を飛びながら昆虫を捕まえて食べるそうですが、そのためでしょうか、よく見るとツバメなどと同じようなヒゲがありました。

Img_4407_tris
(トリミング)

 私の好きなヒタキ科の鳥で、なるほどかわいい顔をしています。言われてみれば、ルリビタキに似ている気もします。でも正面から見ると、なんだかちょっと雛っぽくてお間抜け(^^;
 雛っぽいのは口の中が黄色いからでしょうか。

 Img_4415_tris
(トリミング)

<撮影後記>
 今回でこの鳥を撮ったのは2度目になります。
 1度目は遠くからしか撮れなかったのですが、今回は結構近くまで来てくれました。
 去年まであまり意識して見た鳥ではありませんでしたが、こうして見るとなかなかかわいい鳥で、特に胸元あたりの白い毛はやわらかそうで頬擦りしたくなります。

 今回、日差しは強くないけど明るくて、かなり撮影にはいい条件でした。結構絞り込んでシャッター速度も速くでき、おまけに歌い始めるとしばらくその場に居座る鳥なのでじっくりと狙えるわけです。
 これだけ条件がそろうと、ようやく私のレンズもちゃんと仕事をしてくれたようです。

|

« 雨の中の色 | トップページ | 里山の梅雨 »

コメント

止まっている葦の穂の質感まできれいですね。
前に住んでいた浦和では、裏が一面のヨシの原っぱでしたから、この声をよく聞いていました。
こんな身軽な体でよくあんな声が出ますよね。
写真を拝見していたら、あの声聞こえてきました。

投稿: ユキ | 2006年6月25日 (日) 22:52

 ユキさん、こんにちは
 そう、容姿に似合わない大きな声。だみ声だけどよく響く、まるで魚市場のセリの声のようですよね。
 そうですか、浦和に。ということは荒川でしょうか?
 私は盛岡に4年ほど住んでいたことがあります。そのころからもっと鳥や動物に目を向けていれば、、、といまさらながらに思います。

投稿: みつわ | 2006年6月26日 (月) 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/2365002

この記事へのトラックバック一覧です: 賑やかな鳥:

« 雨の中の色 | トップページ | 里山の梅雨 »