« 晴れ間の里山 | トップページ | 洗足池のトンボ »

2006年7月 3日 (月)

初見初撮りの鳥

 さて問題です。真ん中あたりに写っている青いものは何でしょう?
Img_4888s

 とても暗い林の根元で虫を捕まえようとしていました。構えていた三脚を動かしたくなかったのでカメラだけ取り外して撮影するとご覧のとおりの結果に。
 青い目と長い尻尾が特徴です。

 答えはこちら↓。
Img_4895s

 サンコウチョウでした。
 三脚は巣に向けたまま動かしたくなかったのです。巣ではオスとメスが交代で卵を抱いていたようです。
 ↓こちらはオス。
Img_4947s

 きれいな鳥ですね。体は背中側全体が黒っぽいのに青い目と嘴がほんとに目立っていました。
 でも実は私がもっと感心したのは、巣の美しさです。宙ぶらりんの細い枝に、きれいなお椀型の巣が作られています。デジスコをしていた方によると、サンコウチョウの巣は、杉の皮やコケをクモの巣で絡めてあるそうです。設置場所は、多分、ヘビやリスに襲われないようにだろう、とのことでした。

 そしてこちら↓がメス。
Img_4878s

 オスに比べれば地味ですが、青い目は同じ。尻尾は普通の長さでした。
 この写真はちょうど、卵を転がすところだとおもうのですが、少し立ち上がったところでした。そうでないときはもっとすっぽり巣に収まっていて、下から見上げる格好の撮影では、顔と尻尾の先っちょしか見えませんでした。

 今回撮影して、この鳥に惚れました。容姿、声、夫婦による抱卵、芸術的な巣。どれをとっても一級品です。
 難点は暗い森を好むことぐらいでしょうか。
 この日の撮影でひとつ不満なのは、オスもメスもまともな全身写真が撮れなかったこと。2枚目は尻尾がちゃんと写ってないですもん。ぜひとも近いうちにもう一度行きたところです。

 このほかにこの日撮影したもの。
 ネムノキの花がきれいに咲いていました。ねむの木は夜になると葉っぱが閉じるので、「眠い木」というところから名前がつけられているそうです。
Img_4850s

 私の姿に驚いて川に飛び込んだものの、遠くへは行かずにじっとこちらを見ていたカエル。名前はわかりません。500mmレンズで撮ると、立体感が出ませんね。
Img_4853_cls
(7/7追記:よくお邪魔するHPに押しかけて名前を教えてもらいました。ツチガエルだそうです)

 蝶を捕まえて、重そうにふらふら飛んでいたトンボ。ようやく枝につかまって、むしゃむしゃ食べていました。
Img_4972_trims
(トリミング)
(7/7追記:こちらはコオニヤンマ。食べられているのはヘビトンボのようだということです。)

 このフィールドは初めて行きましたが、一歩踏み込んだとたん鳥の声がとても近く賑やかで、生き物の気配をビンビン感じるところでした。素敵なところで、また近々行きたいと思います。その際はまた、ご報告しますね。

|

« 晴れ間の里山 | トップページ | 洗足池のトンボ »

コメント

初めてのフィールドで、巣を見つけるなんてすごいですね。サンコウチョウはいつかその姿を見てみたいあこがれの鳥です。
実はほとんど毎日、ホイ、ホイ、ホイという声を聞いています。
なのに、あまりに暗い杉林なので、姿を見たことがありません。

それにしても、暗い森の中で、こんなにきれいに写すには、すごい集中力が必要ですね。

投稿: ユキ | 2006年7月 4日 (火) 22:07

ユキさん、こんにちは。
ホイホイホイを毎日聞いてらっしゃるというのは、うらやましい環境ですね。

今回の種を明かせば、ほかの鳥見人が見ていたのでようやくわかったという訳です(^_^;
このあたりでは珍鳥なので。
林道からわりと近い距離にあり、別の鳥見人によると、毎年なぜか林道近くに営巣する、とのこと。
距離が近いのと、巣の中で鳥の動きがあまりないため、遅写速でも、けっこう綺麗に写ってくれました。
かなり重い三脚とレリーズは使用しました。

ユキさんも是非綺麗な写真をとって、ブログでご紹介ください。楽しみにしています。


投稿: みつわ@管理人 | 2006年7月 5日 (水) 15:51

岩手でも、サンコウチョウは少なくなっているらしいのですが、私が住むあたりは長い事、鳥獣保護区になっているので鳥にとっても楽園なのだと思います。
実際に見たことのある友人は、青い目と長いリボンのような尻尾がとてもきれいだったと何度もいいます。

私が鳥に出会えるのは、偶然にと言うことばかりですし、
暗い森の中は私のカメラと腕ではとても無理。(^^;
自分の鳥の写真はいつも証拠写真です。
実は、一枚目の写真を拝見して、みつわさんのような方でも、500ミリの望遠を手持ちで写すと、ピンホールカメラのようになるのねって、変な所で納得してしまいました。
見せていただいてありがとうございます。

投稿: ユキ | 2006年7月 5日 (水) 22:16

サンコウチョウの撮影成功、おめでとうございます!
私もまだ見たことがありません。声は何度か聴いているんですがね…。
本気になって探してみたくなりました。
時間が欲しい…。いや、時間は自分で作るものですよね。

投稿: 高山 | 2006年7月 7日 (金) 00:10

ありがとうなんてをいわれちゃうと、おしょすぃです(^_^;
実際のところ、私の写真はカメラとレンズと三脚と、もっと言えばソフトのシャープネス処理に助けられていると思っています。
でも、いいんです。きっと多くの人がそうだから。
で、そうではない、本当にいい写真を撮る人の写真を見て刺激を受けて、また撮りに行って。いつの間にか、ウデも少しづつ追いついてくればいいな、と期待しながら、、、。

投稿: みつわ | 2006年7月 7日 (金) 00:39

高山さん、こんばんは
サンコウチョウは、虫を必死で追いかける姿を最初意外に感じるほど、優雅な姿をしていました。でも、その際の姿もまた愛嬌があって、まるで、いいところのお嬢がスカート姿で木登りをしているような印象です。
是非、時間を見つけて探してみてください。

投稿: みつわ | 2006年7月 7日 (金) 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/2484172

この記事へのトラックバック一覧です: 初見初撮りの鳥:

« 晴れ間の里山 | トップページ | 洗足池のトンボ »