« 帰宅 | トップページ | 清里高原--コサメビタキ »

2006年7月28日 (金)

ここ一週間の成果

 夜勤や早出などの出勤形態が多いため、1~2時間撮影しては、家に帰ると子どもらと眠りこけるという日々が、ここ一週間続いていました。ちょっと梅雨バテでしょうか(^^;

 きょうは一週間分、まとめてどどーんと。
 全部で13枚あります。さあ、頑張って!!(^_^)

▼まずは、24日(雨)洗足池。

 シオカラトンボも、さすがに雨の日は行動が鈍っていたようです。Img_5685s
(正しくはコフキトンボ 8/9追記)

 真っ赤なトンボ。どこかで名前を目にしたのですが、どうしても思い出せない。
普段は飛び回っていて撮れないのだけれど、やっぱり雨の日は苦手みたい。
Img_5698s

(ショウジョウトンボ ♂ ;8/9追記)

 一番いつもと様子が違ったのが、アブラゼミ。それとも弱っていたのかな。
 葉裏でじぃーーーーっとしていました。
Img_5718s

 一方、とても元気だったのがツユクサ。どんより暗い雨の中、ツユクサの青紫色が映えていました。
 でも、ツユクサの色は写真に撮るのが本当に難しいです。
 どの写真も、見たまんま、感じたまんまを撮影することを今のところ心がけているのですが、特に青紫色の花は思った色が撮れません。
Img_5708s

 ==あと9枚あります。==

▼続いて26日(ほんとうにひっっっっさしぶりの晴れ)。目黒区の公園。

 ギンヤンマがたくさん飛び回っていたのですが、彼らは疲れを知らない。絶対に止まらない。しかも飛行ルートは変幻自在。動きが速すぎて、とてもとても、私の腕では、、、(汗)
 いや本当に暑かった。
Img_5837s

 それに比べれば、ホバリングしてくれるこいつは、まだ撮りやすい。といっても、ピントが合ったのはほんの数枚。マニュアルでフォーカスしている間に別の花へ移動してしまいます。
 ○○ホウジャクと思われます。花は以前にもご紹介した(ような記憶がある)イヌヌマトラノオ。まだ咲いていました。
Img_5846ws 

 同じ花に来たのは、アオスジアゲハ。彼もほとんどとまらずに空中吸蜜、、と思うほどひとつの花に滞在している時間は短かったです。ずっと、頭と羽を動かしてせわしのない吸蜜でした。
Img_5888ws_1

 名前を知らないシジミチョウもトラノオに。実はこの場所でこのとき、この種がほとんど唯一の咲いている花だったんです。
 アリさん、お邪魔しまーす。
Img_5883s

(ツバメシジミ  8/11追記)

 そして次はキタテハでしょうか。
 写真ではわかりませんが、どの個体も足が4本しか見当たりませんでした。推測では、前に突き出している口ばしのようなものが、実は前足なのではないかと思うのですが、、、、。どうなんでしょう。
 あともうひとつ、こいつで面白かったことがあります。夜勤明けで私が汗臭かったのか、手の甲だの服の上だの、ところかまわず止まってくるのです。払っても払っても私の汗を?吸おうとしていたのでした。そういうもんなのでしょうか。
Img_5914s

  ==もう少し。あと4枚です(x_x)

▼そして27日(どんよりした曇り)は出張の代休。県内の道志川へ。

 なんとなくバイクで足を伸ばしてしまいました。おかげでカワトンボを見ることができました。
 イトトンボを大きくしたような形。美しいですね。上がオス。下が産卵中のメス。メスの葉っぱの先に小さな黄色い点が見えると思います。卵ですよね。
 でも、、、カワトンボは清流に突っ込んで産卵するのではなかったの???
Img_5976s
(上 ミヤマカワトンボ♂、 下 ミヤマカワトンボ♀ ;8/9追記)
Img_5968s
(このメスの動きはクリーニング行動、だそうです。詳しくは下のTOMOさんのコメントを)

  ==あと2枚でゴールです==

▼最後に本日28日(雨が降り出しそうな曇り)は再び、洗足池。

 モノサシトンボ君はもう顔なじみで、近づいても逃げません。
 というのは勝手な思い込みでしょうが、ともかく、いつも同じ葉っぱの上で休んでいます。水辺に垂れた草ではなく、木です。どなたか、木の名前わかる方、いらっしゃったら教えてください。
 きょうは、あまりに暗かったし挑戦もしてみたかったので、キスデジNに内蔵のストロボを使ってみました。あれやこれや調節して、ようやく適度の明るさにできましたが、なぜかホワイトバランスがめちゃくちゃです。
Img_6004s

 そして前回お約束した、公園のほのぼの風景。
 近所の方の、本当の憩いの場となっている様子がとてもよく感じられる公園です。
Img_6009s

  ==おめでとう、ゴールです(^o^)/~~==

 一週間の成果一気出し。すみませんでした。
 もうちょっとこまめに更新するよう努力します。
 ストックしておいて、あとで小出しにしてもいいのですが、仕事柄、鮮度の悪いものはできるだけ避けるようにしたいもので。(だったら尚更、こまめに更新しろよというお叱りはご勘弁を。)

|

« 帰宅 | トップページ | 清里高原--コサメビタキ »

コメント

お世話になっております。
赤いトンボはショウジョウトンボの♂ですね。シオカラは、色彩的には似ていますがコフキトンボ、カワトンボはミヤマカワトンボで、♀の動作はクリーニング行動です。葉の上のものはゴミだと思います。
ギンヤンマの飛翔は、この前私も狙いましたが全滅でした(笑。
鳥とトンボは、野外での識別などで、共通の感覚?的なものがあるようで、鳥屋さんの中にもけっこう撮影している方はいるようですね。

投稿: TOMO | 2006年8月 9日 (水) 18:38

TOMOさん、ようこそお越しくださいました。
TOMOさんのような方に来ていただいてアドバイスしてもらえると、100人力です。これからもたまにはお願いいたします(^^;)

飛んでるものは、鳥もうまく撮れないですが、ギンヤンマの飛翔はそれよりも難しそうに感じます。飛ぶ方向がまったく予測できません。うまく捉えてみたいものです。

投稿: みつわ | 2006年8月 9日 (水) 21:30

道志川へ行かれたんですね。いろいろと行動範囲を広げてますね。その分、等々力方面では見られないトンボとの出会い、いいですねぇ。シジミチョウはツバメシジミですね。私も遠出がしたくなってきました。オッチー

投稿: otti | 2006年8月10日 (木) 22:52

おっちーさん、こんにちは。

道志川、きれいな水がたっぷり流れるいい川ですね。キャンプ場が多くて、水辺に下りるだけでお金を取られそうになるのがナンですが(^^)

シジミチョウの名前、ありがとうございます。
早速本文に追記しておきます。

投稿: みつわ | 2006年8月11日 (金) 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/2840558

この記事へのトラックバック一覧です: ここ一週間の成果:

« 帰宅 | トップページ | 清里高原--コサメビタキ »