« 中州探検 | トップページ | 初見初撮りの鳥 »

2006年7月 1日 (土)

晴れ間の里山

 晴れ間がのぞいた日、先日の里山にもう一度行ってみました。
 バイクで20分。いい場所を見つけた思いです。

Img_4700s

 時間は4時ころ。カラ類やコゲラなどの鳥たちは結構鳴いていましたが、なかでも賑やかだったのはカラスの子。あまりにしつこい子どもに、ちょっとお母さん(?)、イラっときたようです。
 「母さん、何かちょうだいよ」「あんた、大きくなったんだから自分で見つけなさい」
Img_4724s

 そんなカラスの様子とは関係なく、ようやく出た少しのお日さまのもと、日向ぼっこをしていたのはカナヘビ。少し草陰で、ちょっと控えめに。
Img_4686s

 カエルの子は、やっぱり葉っぱの上で、じっとしていました。
「早く、みんなみたいに尻尾がなくならないかなぁ」。
Img_4728s

 初めて目にしたチョウチョ。モンシロチョウと同じサイズですが、ドットが多く個性的でした。(名前不明)
Img_4707s

 土手には木苺がなっていました。鳥だか動物だか人間だかがあらかた食べた後で、草陰の奥のほうの実だけ残っていました。初めて見る大きな粒でした。
Img_4720s

 ほかに見つけたもの。

 田んぼの側溝に数株生えていた、ウツボグサ?。
Img_4683s

 えっ、もうこの時期に咲くんだっけ?と思ったアザミ。私はなんとなく晩夏から秋の花のイメージを持っていました。
Img_4696s

 最初、田んぼの脇の道路を歩いていて、見えた紫色の花。トラノオに紫色の花がつくものがあるのかと思ったけど、ちゃんと名前のある別の花でした。多分、ナツノタムラソウ。図鑑によると、神奈川から近畿の太平洋岸に分布するということで、私はその境界あたりで見つけたことになります。
 ちょっと得した気分。
Img_4734s_1 

|

« 中州探検 | トップページ | 初見初撮りの鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/2457986

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れ間の里山:

« 中州探検 | トップページ | 初見初撮りの鳥 »