« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

セミの羽化

 「セミの羽化が見たいなら、穴を覗くといい。」
 こんな話を先日聞いて、地面にあいたセミの穴を次々と探して回りました。羽化しようとするセミの幼虫は、何度か顔を出したりひっこんだりしながら、その時を待つのだそうです。
 いくつめかの穴に、確かにいましたっ!

Img_7710s_2 Img_7715s_1   
(穴の中で時を待つ幼虫)            (這い出てきた)

 見つけたのは夕方5時ころ。
 本当に出たり入ったりしながら、時間を待っているようでした。そして日が落ちてあたりが薄暗くなったころ、そのセミはようやく穴から這い出してきました。

 まだ中身が入っていて殻と一体となっている幼虫。(表現が難しいですね)。確かに、生命感といえばいいのでしょうか、あるいは質感、重量感がつまっています。

Img_7729s
(羽化の場所を探す)

 その後、幼虫は植え込みのつつじの小木を選び、時間をかけて羽化にちょうど良い枝を探していた、かのように見えました。
 でも、実際にはどうなんでしょうか。しっかりとつかまることができそうな、太目の枝や幹部分に来てもとまらず、いつまでもごそごそと枝から枝へ、葉の上に出たり幹へ戻ったり。
途中、じっと止まっても再び動き出したり。

Img_7732s Img_7738s
(つつじの木を徘徊する)

 そして、いよいよ始まった羽化。

Img_7750s_1

 羽化を決めた場所は、しっかり踏ん張るには心もとないような小枝や葉しかない場所でした。しかも到達してから1分も経たぬ間に始まりました。そのために、嗚呼、背中が割れる瞬間を見逃してしまった!!また、休憩かと思ったのです。
 羽化の場所を探していたというより、時間まで動き回っていたように思えます。

Img_7759s_2 Img_7783s_3
(上半身から徐々に) 

Img_7794s Img_7797s
(尻尾を抜こうとするころには、畳まれていた羽も伸び始めている)

 そして、、、、、、、、、、

Img_7804s

 いつか見たいと思っていたセミの羽化は、意外と簡単に見ることができました。しかしその様子は想像以上に一生懸命でいじらしく、感情移入してしまいます。

 そしていま、以前にもまして、殻と中身との関係が不思議に思えてなりません。今まで体の表面全部だったものが、ちょっと後にはもう、命の抜けた残骸になってしまう。感覚的に理解できない不思議な世界です。
 幼虫の生命感も実際に見ないとわからなかったものです。
 羽の柔らかさも白さも、やっぱり自分の目で直接見た印象とこれまでに見た写真から受けた印象とでは、何かが違いました。

<撮影して思ったこと>
 今回セミの羽化を見てみて、やっぱり生の迫力、自分の目で見ることの大切さを改めて強く感じました。写真は人間の目にはかなわない。今後写真をとっていく上でも、忘れてはいけないことだと感じました。

<撮影教訓>
 夜の撮影ではピントを合わせるための懐中電灯等、と、虫除けは必需品である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

多摩川河口

 干潟には、まだまだ知らない鳥がたくさんいて、しかもよく見ると結構かわいい。そこでこんどは多摩川河口に行ってみました。

 まもなく潮は完全に満ちる時間。なのに干潟はひろく、肉眼では見つけるのも大変な距離に小さな鳥たちが群れていました。これはトウネン、ですよね。
Img_7488_tris
(トリミング)

 炎天下に1時間もいると、うだってきます。でも帰るわけにはいきません。おもしろい様子が始まりましたから。

 潮がそろそろ完全に干潟を隠そうとするころ、トウネンたちはいつの間にかいなくなり、サギの仲間が大勢集まってきました。波打ち際に寄ってくる小魚をターゲットに、 あっちでもこっちでも、活発なハンティングが始まりました。

「それいけっ!」(ダイサギ)
Img_7497s

「でかいやつには負けてらんない!!」(コサギ)
Img_7536s

 コサギは羽を閉じたまま、小魚の群れを追い掛け回すのに対して、ダイサギは体が重いためか、羽ばたきを利用して魚を追っていました。
Img_7521s_1   Img_7523s_2

 で、私が見ている限り、ハンティングの確立はダイサギのほうが高かったです。
 口ばしで挟んで捕らえるというより、突き刺して捕らえている場合も多くみかけました。

Img_7524_tris

 一方、1羽だけいたアオサギは目つきの悪いスナイパーです。居合わせた他のサギのように追い掛け回したりせず、優雅に歩いていたかと思うと突然動き一発で射抜くスタイル。このときは一度に2匹をしとめていました。

Img_7550_levs_2Img_7550_lev_1   

 同じサギの仲間でも、こうやって見比べるといろいろ違っていて面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

ミンミンゼミ

Img_7357_lites

 30度を超える真昼間、暑さをつのらせるミンミンゼミにカメラを向けてみました。
アップで撮ると、なおさら暑苦しく感じます。

Img_7345_levs

でも、不思議な、きれいな黄緑色をしています。
形もなかなか個性的。
どうしてもバルタン星人を思い出してしまいます(^_^)

Img_7365_levs

 透き通る羽のおかげで、撮り方によってはかえって涼しい木陰のイメージになってくるから不思議です。

Img_7330_levs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

どんくさい京女

 すでにほぼ満潮の三番瀬。
 わかってはいましたが、干潟はまったく姿を消していました。

「さて台風の影響で風も強いし、今夜どうする?」
キアシ君たちが相談していると、、、
Img_7386s_1

「あたっ、おらっ、うわっ、とっ、止まらない。」

いつまでも食べ続けて潮が満ちてくるのも気づかなかった京女ちゃんが、風にあおられて突っ込んできました。
Img_7388s_2

「どっ、どいて~。」
「うわっ、やべっ。逃げろっ。」

でも、京女ちゃんは逃げ遅れた一人に突っ込んでしまいました。
Img_7389_tris

「もうっ、逃げないあんたが悪いんだからね。」
「へいへいっ、悪うござんした。
どうぞご勝手に。」

キアシ君は仕方なく、席を譲りました。
Img_7390s_1

「あ~あ、風に程よく揺られて気持ちのいい場所だったのになぁ。」
「まあ、そういうな。
 京女ちゃんのことだから、どうせ長くはもたないよ。
 しばらく見ててごらん。」
Img_7391s_1

「およっ、とっとっ。」

京女ちゃんは、またまた風にあおられて、今度はバランスを崩してしまいました。

「なっ。」
「ほんとだ。
 でもあいつ、何であんなに下手なんだ?」
「さあな。」

※物語はフィクションですが、出来事は事実です(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

これもアマガエル?

きのう川原でこんなカエルを見つけました。

Img_7240s

大きさもかたちもアマガエル。でも色と模様が、見事なまでに川原に横たわる枯れ草の保護色になっていました。

Img_7239s

 アマガエルは環境に合わせて色が変わると聞いたことがありますが、これもやっぱりアマガエル?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

谷津干潟

 満潮に近い谷津干潟に行ってきました。
 谷津干潟は干潮時に行っても、鳥が遠くて見られないと聞いていました。

 右下に見えているのはオオソリハシシギです。
Img_6709s

 谷津干潟では年中見られるそうです。
 が、キアシシギなどがわりと近くまで来ているときでも、彼らは遠くでかたまっていました。警戒心がとても強そうです。
Img_6711s

 ↓見てみたかった鳥のひとつ、セイタカシギ。
 かつては冬鳥、あるいは迷鳥として、夏には珍しい鳥だったそうですが、今は谷津干潟でも繁殖しています。
 右が成鳥、左が幼鳥。
Img_6631s

 セイタカシギは時には泳ぐこともあるそうです。そんなシーンを撮ってみたいものです。
Img_6613s

 オオソリハシシギにくらべ、キアシシギはかなり人がいる岸近くで餌をとっていました。
Img_6588s

 キアシシギの群れの中で一羽、少し大きな鳥がいました。
 もう冬羽に変わってしまったダイゼンです。(と、近くにいた人が言っていました)。
 やはりシギチの美しい色を見るのは、産卵を控えた春の渡りの時期が良いようです。
Img_6668s

 そして、キアシシギに混じって飛ぶまだら模様はキョウジョシギ。
 ほかにもたくさんいたのですが、なぜかこのキョウジョは、キアシと行動をともにしていました。
Img_6715tris

 おまけ、帰りがけに見上げた空。
 久しぶりに感じた美しい青空でした。
Img_6747s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

清里高原~ウグイス?

 少し間が空いてしまいましたが、シリーズの5回目。
 ウグイスとするにはどうにも納得がいかない鳥でした。

B

その理由①あまりにも無防備に現れたこと。
 先にご紹介したコガラの群れを見ていると、ジュッ、ジュッという鳴き声とともに、現れました。距離はコガラと同じく10メートル以内。しかも、結構長い時間、近くをうろうろとしていました。私の知っているウグイスはもっと警戒心が強くて、藪の中からほとんど出てこようとしないのですが、、、。

A_5

その理由②大きかったような気がします。
 ウグイスは私の記憶では、スズメと同じくらいか、それよりも小さかったような感覚で見ていましたが、この鳥はコガラよりはずっと大きく、たぶんスズメよりも大きかったように思います。

C

 それでも、この地味さといい、地鳴きの声といい、ウグイス以外に考えにくいのも確かです。もちろん辺りではウグイスの声、ホーホケキョは聞こえていましたし。
 やっぱりウグイスなんでしょうね??????

 この鳥で清里高原シリーズは終わりです。ご覧頂きありがとうございました。
 次回からはまた、撮ったものを出す、というスタイルに戻りたいと思います。自転車操業になるのは目に見えているのですが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

清里高原~ビンズイ?

 シリーズ4回目はビンズイ?です。

A_4

 種の同定にかなり苦労した鳥です。
 遠くの木のてっぺんで歌っている様子を最初にに見たときは、ホオジロか?それともホオアカと思ったのですが、双眼鏡をのぞくとぜんぜん違うのです。

 ビンズイだろうと判断したポイントは、①高原にいる、②木のてっぺんで歌う、③胸の斑点、の3つです。
 私が参考にしている図鑑によると、「明るい林、林縁、木のまばらに生えた草原などに生息。海岸近くから山地にまで普通に見られる」ということですが、見るのは今回が初めて。
 なんとビンズイはセキレイ科だそうです。尻尾はピョコピョコさせてませんでしたが。

 下の写真は10メートルほどの距離でみられたビンズイ。毛繕いをしたり、首をひょいと伸ばしたり、キョロキョロしたりさまざまな動きをしていましたが、鳴きませんでした。そうした動作を見ている限り、巣立ち雛かもしれないなと感じました。

B_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

清里高原~コガラ

 シリーズ3回目はコガラです。

A

 ハイキングコースを歩いていると、少し先に鳥の声でとても賑やかな一帯がありました。「ああ、シジュウカラだな。メジロもいる。」そう思って足を止め観察しようとすると、群れがどんどん近づいてきて、私の周りで騒ぎ始めました。
 彼らも私を観察していたのか、山の鳥にしては意外なほど近くで姿を現してくれました。

 虫を取ったり、頭を掻いたり、気に頬をこすりつけたり。その姿はとてもかわいく、群れが少しずつ離れていっても、戻ってくることを期待して、その場を離れることができませんでした。

C

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

清里高原~アカハラ

 シリーズ2回目はアカハラです。

B_1 

 ハイキングコースを歩いていると、遠くで2羽の鳥の声がします。
 一羽は「キョキョ」という声で、どことなくアオゲラに似た感じの鳴き方。もう一羽は、か細く「ヒーッ」と鳴く、鹿の声のような鳴き方。2羽は互いに鳴き交わしているようで、互いに間髪いれずに鳴いています。

 遠くなので半分諦めていましたが、2羽は次第に近づいてきてくれました。しばらく待ってよく目を凝らすと、マツの葉の隙間から赤い鳥の姿がかすかに確認できました。アカハラでした。でも、私がよく見ようとすると、恥ずかしがるように、木の陰、枝の反対側へと隠れるほうにばかり移動します。ようやく撮れたのが、この写真でした。

 図鑑などでは、アカハラは「メスには眉斑がある個体も」程度の書き方がされていて、この鳥は、その珍しい鳥の1羽だったようです。
 似たような角度ですが、眉斑がよくわかる写真をもう一枚。

A_2

 そしてわかったこと。2羽だと思った鳴き声は、実はこの1羽の声だったのです。不思議です。2種類の鳴き声は、確かに別の方角から聞こえたと思ったのに。

<メモ>
 山の中では、声が聞こえた方角と見えた方角が違うと感じることが、ままあります。特に谷筋では、斜面に反射した声が本当の位置のようにはっきり聞こえることが多い気がします。それと、鳴きかたによって聞こえてくる方角が違うと感じることもよくあります。
 その両方にかつて惑わされた印象があるのがミソサザイでした。声はすぐ近くなのに、なかなか見つけられなかった原因は、彼の鳥が地味で小さいからだけでなく、この声のせいだったと思います。
 それとオオルリなどの澄んだ声の鳥は、鳴き声がした方角より、さらに目線を上に移して探すと見つけやすい気がしています。
 私は、こうしたことは単に錯覚ではなく、鳥が外敵から身を守るため意図的にやっているのだと推測しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 2日 (水)

清里高原--コサメビタキ

Photo_2
 長かった梅雨も関東ではようやく開けたそうで、先日遠征した清里高原の上空もすっきりと晴れてくれました。でも山の周りは別で、八ヶ岳の最高峰・赤岳は見えたり見えなかったり。

 まあ、今回は山が目的ではないので、それでもいいのです。手前に見える林の中で、鳥たちが元気な姿を見せてさえくれれば・・・。
 そして、期待通り現れてくれましたよ。私にとって初めての鳥たち。
 いえいえ、そんなにたいした数ではありません。4~5種類程度のものです。

 そこで、きょうから数回にわたって、私が出会った清里高原の鳥たちを紹介していきたいと思います。

 まずはこの鳥。
Photo
(トリミング)

 コサメビタキです。
 スズメくらいの大きさで、色はとても地味ですが、目がとても大きくてかわいい鳥です。最初双眼鏡で見たときには、この目だけが目立って、まるで渋谷のガングロ女子高生がつけているまるでバリバリにカーラーをつけた付けまつげのように感じました。

 ガングロ女子高生はどうでもいいですが、ヒタキ好きの私としては、この鳥が最初に出迎えてくれたことで、今回の撮影行の幸先を明るく感じたものでした。

B

 私は今回林の中のハイキングコースを5時間くらい歩きましたが、その間にこの鳥と出会ったのは2回。いずれも5羽以上の群れでいました。
 先方も林の中を少しずつ移動しているようでしたが、ひとつところでの滞在は結構長く、写真を撮るには十分な時間でした。林の中でも、比較的明るくて広めの空間があるところを好んでいるようで、あまり高くない枝から枝へと、行ったりきたりしていました。
 声は、、、鳴き方を説明できませんが、まあそこそこに賑やかだったように記憶しています。

 ところで、上の写真は、私の頭上3mほどのところから私を観察していた個体で、ふと見上げると、そこにいたのです。それから3分間は撮り放題のお立ち台状態。そうは言っても、真上じゃあねぇ、腹しか見えまへんがな。
 本当のところは、若鳥かも知れませんね。1枚目と比べると、毛に幼さが残る気がします。

 短い時間の中で2回も歓迎してくれた、コサメビタキ。私のお気に入りの鳥のひとつとなりそうです。

<お願い>
 実は今回のシリーズ、種の同定に少しずつ不安要素が残っています。
 この鳥も、私の持っている図鑑では「標高1000メートルくらいまでの林に生息」とありますが、今回のフィールドは1500メートル前後でした。また、群れで行動する鳥であるという点も、ヒタキ科の鳥と同定するのに違和感が残ります。でも他に、体の特徴が合う鳥が図鑑で見つからなかったのです。
 是非、先輩方のご指摘をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »