« 清里高原~ウグイス? | トップページ | これもアマガエル? »

2006年8月17日 (木)

谷津干潟

 満潮に近い谷津干潟に行ってきました。
 谷津干潟は干潮時に行っても、鳥が遠くて見られないと聞いていました。

 右下に見えているのはオオソリハシシギです。
Img_6709s

 谷津干潟では年中見られるそうです。
 が、キアシシギなどがわりと近くまで来ているときでも、彼らは遠くでかたまっていました。警戒心がとても強そうです。
Img_6711s

 ↓見てみたかった鳥のひとつ、セイタカシギ。
 かつては冬鳥、あるいは迷鳥として、夏には珍しい鳥だったそうですが、今は谷津干潟でも繁殖しています。
 右が成鳥、左が幼鳥。
Img_6631s

 セイタカシギは時には泳ぐこともあるそうです。そんなシーンを撮ってみたいものです。
Img_6613s

 オオソリハシシギにくらべ、キアシシギはかなり人がいる岸近くで餌をとっていました。
Img_6588s

 キアシシギの群れの中で一羽、少し大きな鳥がいました。
 もう冬羽に変わってしまったダイゼンです。(と、近くにいた人が言っていました)。
 やはりシギチの美しい色を見るのは、産卵を控えた春の渡りの時期が良いようです。
Img_6668s

 そして、キアシシギに混じって飛ぶまだら模様はキョウジョシギ。
 ほかにもたくさんいたのですが、なぜかこのキョウジョは、キアシと行動をともにしていました。
Img_6715tris

 おまけ、帰りがけに見上げた空。
 久しぶりに感じた美しい青空でした。
Img_6747s

|

« 清里高原~ウグイス? | トップページ | これもアマガエル? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/3093739

この記事へのトラックバック一覧です: 谷津干潟:

« 清里高原~ウグイス? | トップページ | これもアマガエル? »