« タイミング | トップページ | 河川敷の朝 »

2006年9月25日 (月)

渡り

 9月にがんばって撮ってきたシギチをちょっとお休みして、きょうは三浦半島へワシタカの渡りを見に行きました。バーダー10月号にも影響されたわけですが、そうでなくとも、一度は見てみたいと思っていたものです。

 現地には、ベテラン鳥見人さんたちがすでに数人にて、数をカウントしてました。
 シギチと同じく、ワシタカもほとんど区別が付かないワタシは、この人たちが記録している様子を聞いて、初めて鳥の名前がわかったような次第です。

 トビのほかに現れたのは、まずはハチクマ。これを含め、この日5羽がこの場所を通過していったそうです。
 写真は、はっきり言ってダメダメ。ピントさえまともに合いません。完全に自信喪失です(もともとたいした自信があったわけではありませんが)。
Img_9947_levs_3Img_9947_lev_tri
(ハチクマ 右側はほとんど等倍トリミング)   

 サシバは全体としてはハチクマよりよっぽどたくさん通過しているそうですが、わたしが現地にいた数時間の間は、サシバの方が数は少なかったです。
 この写真のサシバは、渡り途中ではないそうです。我々の頭上まで来てホバリング、我々を観察しているかのようでした。幼鳥だそうです。
Img_9931_levs_1

 展望台(ここには都合よく展望台とトイレがある)を離れて山をほんの少し下ったところに、渡り途中のヒタキ類が来ているという情報を得て、帰りがけに寄ってみました。
 すると、いましたいました。私の大好きなヒタキ類。

Img_9959s
(コサメビタキ)

 う~ん、カワイイ。この胸のふさふさがたまりません。
 私はどうも、鳥に関して胸ふぇちかもしれません。

Img_9992s
(エゾビタキ)

 こちらは胸のしましまがあるのがおしゃれですね。でも私は胸は白い方が好きだな。
 で、このシックにまとめたおしゃれな後ろ姿はどっちでしょう?たぶんエゾだとおもうのですが。

Img_9999_lev_tris 

<撮影後記>
 この季節って、海辺も山も渡りの季節で、見る方も忙しいですね。来年はもう少し計画を練って鳥見に行かねば、見たいものを見逃してしまいそうです。

 ところで、4枚目の見返りヒタキが、私のEOSキスデジNの1万9999カット目。こんなに撮っているのに全然うまくなってませんね。俺って才能ないんだらうか。
 キスデジNはフォーカス性能があまり良くないため、鳥撮り用の超望遠ズーム(シグマ170-500・こっちもフォーカスが遅い)を使うときはマニュアル・フォーカスを使っています。このMFの精度がなかなか上がりません。つまり、上達しません。
 今日の場合、せっかくハチクマを青空バックで撮れるチャンスを、全部無駄にしてしまいました。
 やっぱりMFはあきらめて、もう少しフォーカス性能の良いカメラにステップアップした方がいいのでしょうか。30Dとか、1DMkⅡnとか、、、、。レンズもロクニッパあたり、、、。(追記/そんなレンズはありませんね。あったら10kg、200万円?)
 バカなことを考えるのはやめて、もっと修練を積まねば。

|

« タイミング | トップページ | 河川敷の朝 »

コメント

春に岩手で出会えたエゾビタキが、もうそちらを通過中なんですね。また、みつわさんが見せてくれてうれしいです。
こちらでは、いっしょに山の冬を越してくれる鳥たちが混群になりだして、それもまたにぎやかです。


投稿: ユキ | 2006年9月25日 (月) 22:46

平地の公園で様々な小鳥と出会いやすい季節になったようです。ずぼらな私は、これからはチャリンコ鳥見になってしまうかもしれません(^^;

投稿: みつわ | 2006年9月26日 (火) 05:33

こんにちは!

やぎさんのページから飛んできました。
ヒタキ類は可愛いですね。
山頂を少し下ったあの場所には渡りの途中の
いろいろな野鳥が可愛らしい姿を見せてくれます。
キビタキ、サンショウクイ、オオルリ、マミチャジナイ、
アカハラ、シロハラ、・・・・・

投稿: ウラガのカラス | 2006年9月26日 (火) 06:54

お久しぶりです。私もKissDN購入しました。コンデジからの乗り換えなので、AFの不満はないですが、元銀塩ユーザーとしては、ファインダーの狭さと暗さはつらいですね。あと、広角が標準になってしまうのは未だに慣れません。

1D MarkII購入とは大胆な! (いや、多分冗談だと思いますが)ほんとに買い替えるとしたら、20Dや30Dと同じAFセンサー搭載のKissDXに中古のLレンズというあたりが現実的な選択肢だと・・・・・・。でも、今のままでも、いい写真、いっぱいありますよ。Kiss DN買ったのは、このブログに触発された部分も大きいです。

長々と失礼しました。また、一緒に遊びましょう。では。

投稿: オヤドリ(バーディス) | 2006年9月26日 (火) 12:38

>ウラガのカラスさん、ご訪問ありがとうございます。

 たしかに、山頂を下ったあの場所で撮りました。ひょっとして、ウラガのカラスさんは、私が居たときに居らっしゃった方ですか?私は迷彩のハットを被っていました。

 あの山ではあの場所だけが、コサメビタキたちが好きな環境(樹木とか)なのですか?イマイチあの環境特有の特徴が掴めません。
 またいろいろ教えていただければ嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

>バーディスさん
 KissDNを買われたのですか。Xがもう少し早く出てればそちらにできたのに、ちょっと残念ですね。
 鳥を撮るにはほんの少し不満もありますが、基本的には気に入っているカメラです。モンベルのウエストポーチにキットの標準レンズ+交換レンズを入れていても苦にならない大きさが最大のメリットですね。
 写りは全然OKです。プロの写真家で、KissDNを常用してらっしゃる方も。↓
   昆虫写真家・新開孝さんのHP
   http://www.shinkai.info/menu/index.html

というわけで、私の新機材の話はまったくの冗談です。
D30の後継機あたりでセンサークリーニング機能や、背面モニター、ファインダーあたりが改善されていて現在と同じくらいの値段なら検討します。

投稿: みつわ | 2006年9月26日 (火) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイミング | トップページ | 河川敷の朝 »