« ローアングル | トップページ | 秋の足下 »

2006年9月14日 (木)

訂正:×オグロ→○オオソリハシ

 前回の「ローアングル」にはたくさんのコメントを頂き、大変ありがとうございました。私がアドバイスをお願いして回ったようなものなのですが、、(汗)

 で、ショックだったのがオグロシギと思っていた鳥が、実はオオソリハシシギだということがわかったこと。
 間違った情報を載せて大変失礼いたしました。
 手持ちの図鑑を見たり他所のブログの写真を拝見したりして、この鳥の同定に関してはまあ確実だろうと思っていたものだけに、判別の難しさを改めて思い知りました。

 Img_8503_tris
(オオソリハシシギ・冬羽? 9/3 三番瀬       トリミング)

 そこで、これまでの写真図鑑だけではだめだと思って、あわてて新たな本を購入してきました。定番の「フィールドガイド 日本の野鳥」(日本野鳥の会)。これによりますと、「類似種」とあり、多分同じ間違いを犯しがちだということでしょう。

 違いは、オオソリハシシギは▼嘴が上に反り、▼足が短く、▼飛翔時に翼に白帯が出ない。これに対しオグロシギは▼嘴がまっすぐで、▼足が長く、▼飛翔時に翼の白帯と尾の白と黒が目立つということだそうです。比較できる写真を探したのですが、これまでに撮った写真を良く見返してみまたところ、どうも、どれもオオソリハシシギだったようで、残念ながら比較はできません。

Img_8903_levs
(オオソリハシシギ  9/9三番瀬 )

 ピンボケ等ダメダメな写真ですが、のちの自分のため、あるいは他の誰か迷った人の参考のために、オオソリハシシギの飛翔シーン。確かに白帯はありません。

Img_6712_lev_tris
(オオソリハシシギ・夏羽? 8/7  谷津干潟     トリミング)

 それにしても8月に見た印象では「赤っぽい鳥」のイメージだったのに、この一月でこんなにかわるもんですね。あと、8月のときは「確かに嘴が反っている」という印象を持ったものですが、これも見る角度などで変わるのでしょうね。まあ、今回は思い込みが間違いの一番の原因だと思いますが。

 種の同定とは関係ないですが、判別のベースとなるオオソリハシシギの嘴について。案外柔らかいのですね。
Img_8888s Img_8889s Img_8890s
(オオソリハシシギ 9/9三番瀬)

 これはオオソリハシシギが小さなカニを捕えたシーンを食べているシーンです。嘴の先端で捕まえたときは、カニの大きさに沿って嘴が曲がっています。それを口の中に放り込むときの動きでは上の嘴が反り返っています。飲み込んだ後が普段の様子。これだけ柔らかいからこそ、カーブしているであろう小さな穴の中に嘴を突っ込んで獲物を捕え、逃がさずに引っ張り出して食べることができるのでしょうね。

 今回は、皆様からコメントを頂き、調べなおして、本当に勉強になりました。
 このブログは、これからも皆様のアドバイスを得て成長していきたいと思います。引き続きご支援いただけますよう、よろしくお願いいたします。

|

« ローアングル | トップページ | 秋の足下 »

コメント

 識別、難しいですね。私も自信がなくて、ハイタカ属とシギチの関係はよく撮れてもブログに載せないということが結構あります。

 この間もみつわさんと同じく、変な感じのオグロシギだな~と思って撮っていたのがオオソリハシシギだと判ったことがありました。いつの間にかオグロシギの群れにオオソリハシが混じってきていたのですが(長玉だと視野が狭くて周囲の状況変化について行けない)、苦手意識に加えての思いこみがあると識別の確度はぐんと下がりますね。この時期は幼鳥も混じるので、ヴァリエーションが増えてもいますし。

 たくさん見ていると判ってくるそうですよ。

投稿: birrrd | 2006年9月14日 (木) 09:04

オオソリハシシギとオグロシギは背中の色で見分けられますよ。オオソリは背中の色が薄いのに対して、オグロは褐色がかってます。
あとは正姿勢の状態で微かに見える尾羽を見ます。尾羽が黒く見えればオグロ、白黒に見えればオオソリ、ということです。
確かにシギチは面倒なところがありますけど、それが楽しく思えてくると簡単に識別できますよ~。

投稿: たまむ | 2006年9月14日 (木) 12:43

シギチって難しいですよね。でも、ワンシーズンでも通して観察すると、よく見れる鳥さんは一通り意識には残ると思います。後は、あれ?何か違う、と思った鳥をさらに識別しよとするかしないかで、シギチにはまるか否かが決定する気がします(笑
みつわさんの場合良いフィールドが近そうなので、すぐ慣れますよ!

投稿: まさ@浦河 | 2006年9月14日 (木) 22:28

いやぁ、本当に嬉しいです。
こんなにみなさん、親切に教えていただいて。
ありがとうございます。

>birrrdさん
オグロとオオソリが混じることもあるんですか?
その時「何か違う」と気づけば、返ってじっくり比較できるかもしれません。そういうシチュエーションになって欲しいなぁ。(何か違うと思わなければ、進歩はありませんけど)

>たまむさん
なるほどなるほど。背中の色からして違うわけですね。あとは尾羽ですね。確かに私の撮ったやつは全部白黒ですね。
結局、実際にオグロを見たことがないからわからないわけですね。図鑑では背中の色の違いなんかわかるようには書かれていませんし、写真も光の具合一つで当てになりませんものね。
この秋はできるだけたくさん干潟に出て観察するようにしようと思っています。

>まさ@浦河さん
 たしかに、確実に識別できる鳥が増えるほど、初めて見た鳥も、それを基準に少しずつわかるようになりますからね。やっぱり経験ですよね。
 でもね、まささん。実はすでにハマりかけているんです。だって、シロチドリとかトウネンとかかわいいし、チュウシャクシギのように嘴が曲がって面白いやつもいるし。


投稿: みつわ | 2006年9月14日 (木) 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/3433514

この記事へのトラックバック一覧です: 訂正:×オグロ→○オオソリハシ:

« ローアングル | トップページ | 秋の足下 »