« タンチョウ三昧 | トップページ | カワセミが帰ってきた »

2006年10月19日 (木)

河川敷の夕暮れ

 このところ、夕方が美しく目を奪われます。
 最近のお気に入りは、多摩川左岸(東京側)から見る夕日方向です。

Img_1523s

 さわやかな風に吹かれて岸辺の土手に座ってぼーっと、、、、。

 とは出来ずについムキになってシャッターを押しちゃうんですよね。
 この時期、夕方4時半くらいから6時くらいまで、一カ所に立っているだけで、どんどん光が変わっていって、キレイなものが次から次へとあらわれてくるんです。

Img_1163_1

 普段見慣れているカルガモやコサギやウも、夜を前にそわそわ。
 夕日をバックに川の上を飛んでいく鳥たちのピンボケ写真は現在量産中です。
 まあ、この写真もそうしたものの一枚な訳ですが、ぎりぎりセーフという判断で載せさせていただきます。基本的には好きなカットなので。

Img_1167

 本当は、この時間帯に今一番撮りたいのはモズ↓なんです。
 でも彼らは結構警戒心が強い。
 なわばり形成中だからでしょうか。必ず木のてっぺんから強く叫びながら周囲を見渡しているわけです。そして私が「もう少し近くで」と思うと、飛び去ってしまうんです。だからいつもこのサイズ(涙)。

Img_1181

 まあね、それはそれで環境写真風にはなるわけですけれども、、、物足りないですね。

 それにしても、日が傾くのが日に日に早くなっていきますね。
 今、河原に立っていると、一歩一歩冬へと近づいていくのを実感できます。おすすめです。

|

« タンチョウ三昧 | トップページ | カワセミが帰ってきた »

コメント

秋になったら日の光が周りの風景を変えますね。
写真を写すようになったら気がつきました。
みつわさんの写真にはいつも光が捕らえられていて好きです。
もずくんも夕焼け見ているようですね。

投稿: ユキ | 2006年10月21日 (土) 10:39

ユキさん、
 褒めていただくと励みになります。ありがとうございます。
 多摩川河川敷のこのあたりには今、数百メートル間隔に1羽のモズがいるようで、一羽がキキーッと鳴き出すと、また別の場所でも鳴き出します。いったい、いつも何処にいたんだろう、と不思議にさえ思えてきます。
 先日は初めてシジュウカラの鳴き真似をしている百舌を見ました。ちょっと感動。

投稿: みつわ | 2006年10月22日 (日) 02:30

ある日の多摩川。暮れる夕日。風になびくすすき。なんとなくほっとする一瞬がこのページには凝縮されているような気がしました。

さて、この記事を私のブログのページでご紹介させていただいたお知らせも兼ねて参りました。もしも、このご紹介について不都合があれば、お詫びを申し上げると共に、その旨、私のページの最新のコメント欄にご一報下さればうれしいです。確認でき次第、紹介の方はとりやめさせていただきます。もちろん、リンク継続OKということであれば、ご一報下さる必要はございません。今後ともよろしくお願いいたします。(最新のページ)http://sapuri777.blog31.fc2.com/

↓掲載のページ
http://sapuri777.blog31.fc2.com/blog-entry-458.html

投稿: テレビなコラム | 2007年6月28日 (木) 19:30

テレビなコラムさん

こんにちは
コメントをありがとうございます。
これからも時々お立ち寄りいただければ嬉しいです。

投稿: みつわ | 2007年6月28日 (木) 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タンチョウ三昧 | トップページ | カワセミが帰ってきた »