« 河川敷の夕暮れ | トップページ | 鵜の嘆き »

2006年10月22日 (日)

カワセミが帰ってきた

 春から夏の間、子育てのためにどこかに引っ込んでいたカワセミが、最近それぞれのフィールドに戻ってきているような気がします。どこに行っても見やすくなりました。

 まずは、私が鳥撮りを始めたきっかけの公園。先日なにげなく立ち寄ってみると、カワセミがいました。

Img_1768_levs_1

 多分、今年の冬にいつも私の相手をしてくれたのと同じ個体だと思います。
 使用したレンズは70-300mm。彼女との距離は3メートルほどかな。手を伸ばせば届きそうな距離です。これだけ近寄らせてくれるのは、彼女しか居ません。 帰ってきてくれたのです。

 そしてこちらは、この夏よく通ってイトトンボやセミなどを撮っていた公園。10月初旬まではキビタキやコサメ、エゾ、オオルリなどが遊んでくれました。そこでも最近、カワセミを頻繁に目にするようになりました。

Img_1210_lev2s

 以前もたまに声だけ聞いては居たのですが、姿を確認したのは10月に入ってからです。この池に何羽居るのかわかりませんが、この枝はよく留まる枝の一つのようです。

 そして、前回の夕暮れを撮った場所に現れたカワセミ。
 彼?の滞在は短かったのですが、こんな風にサービスしてくれました。

Img_1291_levs

 このほか、私の方を向いてチーチーと挨拶してくれたり、目の前でホバってくれたり、サービス満点のカワイイやつでした。。。。っていいながら、写真はありません(笑)私の腕では対応出来ませんでした。

 多摩川河川敷ではどの場所に行っても、いくらかの時間そこに居さえすれば、声を聞くか飛んでいる姿を見ることが出来ます。夏の間は子育て中のペアや親子を何度か見ました。しかし多くの場合はとても遠くて、しかも突然で、写真を撮ることが出来ません。
 今回写真を撮ることが出来たのは、子育てを終えて警戒心が薄れたのか、あるいは今年育った若ドリだったからではないかと推測しています。目にした印象では後者です。

 いずれにせよ、カワセミを目にしやすい、写真に撮りやすい時期に入ってきたようです。これからはこのブログでもまた、彼らの姿をご紹介できるかもしれません。

|

« 河川敷の夕暮れ | トップページ | 鵜の嘆き »

コメント

カワセミはいつ見てもきれいですね。あの青い色は彼らの眼にはどのように写っているのでしょうか・・・。
カワセミはこちらからはもうすぐ越冬のためいなくなります。

投稿: まさ@浦河 | 2006年10月22日 (日) 22:23

こんばんは、かわいいですね。日々、自然に目を向ける大切さを再確認しました。自然に生きるものを見るたびに頑張ってねと心から思います。世の中の自然との均衡が乱れませんよう祈るような気持ちです。本当に一人一人の気持ちが大切ですね。
このカワセミさんとまた逢えるといいですね。ありがとうございました。

投稿: 摩利恵 | 2006年10月23日 (月) 01:43

1枚目の小魚を加えた写真がとれるなんて、すばらしいですね!
うちの近所の川でもカワセミが生息しています。近くで見る以前に、見つけるとすぐ飛び去ってしまい、ゆっくり眺めることができません。
近い将来、その川に橋脚が作られ、高速道路ができる予定です。そうなっても、カワセミが住みつづけてくれるといいのですが。

投稿: オヤドリ(♀) | 2006年10月23日 (月) 09:23

>まささん、
 おはようございます。
 北海道のカワセミは季節に合わせて、南に向けて短い距離を渡るのでしょうか。水辺が凍るとエサが採れないですからね。
 そしてカワセミが去ったあとにはどんな鳥が見られるのでしょうか。それはそれで楽しみですよね。

>摩利恵さん、
 おはようございます。
 このカワセミが去年の冬シーズンもここにいた個体ならば、かなり人慣れしています。この公園でも日曜ともなるとかなりの人が来るのですが、その10m先で平気でエサを採っています。
 でも多くの人は、カワセミが居ることに気づかないようです。鳥撮りの人たちがカメラを向けて初めて気づく人が多く、もったいなく思っていました。私は双眼鏡をいつも二つもって行って、声をかけてきた人には見てもらうようにしてました。

>オヤドリ(♀)さん
 カワセミは木の上を飛び交う小鳥たちに比べれば、観察しやすい鳥だと思います。普段の生活圏はそんなに広くなく、留まる枝や石はほとんど決まっています。
 カワセミを見かけたら、そのあたりを歩いてみて、フンで白くなった枝や土を探し出し、そこでしばらく待ってみてください。必ずやってきて、エサを採る姿も見られると思いますよ。
 高速道路の工事期間中は期待できませんが、工事が終わってしばらくすれば、また帰ってくるかもしれません。意外と今のカワセミはタフなようです。

投稿: みつわ | 2006年10月23日 (月) 10:40

1枚目すごい写真ですね。シャープで綺麗ですね。よくこんなにそばに寄れますね~うらやましいです。

3枚目も面白いですね。
すすきが全然しならないのが不思議です。

投稿: Koyapoo | 2006年10月23日 (月) 21:00

koyapooさん、こんばんは
 ありがとうございます。でも、koyapooさんの昆虫写真のシャープさに比べれば、たいしたことがないように感じます(^_^)
 本文でも書きましたが、このカワセミはずいぶん人慣れしていて、かなり近くまで寄らせてくれるんです。都市公園のカワセミにはそういうのが多いそうです。
 しかもこの個体は、去年の場合だといつ行っても見ることが出来たので、タイミングが合うならご案内しますよ。

投稿: みつわ | 2006年10月23日 (月) 23:12

環境に適応しながらたくましく生きているんですね。
私は、目の前を青い鳥がすっ飛んでいく姿ばかりでちゃんと見たことないです。
こんな写真撮れたら、宝物になります。

投稿: ユキ | 2006年10月24日 (火) 00:22

 私が盛岡にいたときは全然カワセミに気がつきませんでしたが、きっと北上川や中津川、葛根田川などにもたくさん居るんでしょうね。エサはカジカやヤマメなどの高級魚。おいしいものを食べて、きっと羽の色ツヤなども違うのではないでしょうか。
 人慣れはしてないでしょうからじっと観察するのは難しいと思いますが、その価値はありそうですね。

投稿: みつわ | 2006年10月24日 (火) 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河川敷の夕暮れ | トップページ | 鵜の嘆き »