« 嵐を連れて | トップページ | 河川敷の夕暮れ »

2006年10月15日 (日)

タンチョウ三昧

Img_0874_tris

 北海道遠征で唯一、朝から晩まで晴れた3日目。幸いその日は北海道をフィールドにしている大学時代の友人が案内してくれることになっていた日で、私はただ彼のあとをついて回って見つけた鳥にカメラを向けるだけという、贅沢三昧な朝になりました。
 といっても対象はほとんどがタンチョウ。きょうは日記でも記録でもなく、撮った写真のオンパレードで、気に入った写真があればクリックして見てやってください。

 撮影のスタートは朝5時半。まずは湿原から上る朝日からでした。
Img_0615_levs
この時期の朝は大抵、湿原に霧がかかって朝日が美しいという、彼おすすめの場所と時間でした。
そして飛んできたのは、オオヒシクイだろう、とのこと。見えますか?
Img_0623s

 朝日が昇り切った6時30分頃からは、いよいよタンチョウ三昧です。

▼牧草地で餌をついばむタンチョウたち
Img_0666s Img_0799_levs

▼デントコーン畑前で
Img_0702_levs_1 
Img_0749_levs

▼農道で模擬ディスプレーをするつがい?
Img_0883s

▼荒れ地?で餌をとる
Img_0785_levs Img_0789_levs

▼こんな鳥たちも姿を見せた
Img_0866s Img_0797s

▼刈り取り後の畑で
Img_0923s_2
Img_0928_levs Img_0918s_2

 というわけで、ホテルのチェックアウトの10時前まで、おなかがいっぱいになった数時間でした。

Img_0929s_1   タンチョウの写真というと、私のイメージはほとんど雪景色の中なんですが、夏のタンチョウも美しく、いいものでした。
 広々とした風景の中で、親子が仲良く餌をついばんでいたり、ペアがゆったりと歩いているのを見るとあたたかい気持ちになれる鳥です。
 実際には毎年2羽のヒナが生まれているそうですが、多くは3羽で行動していました。

 それにしても今回の写真は、ほとんど友人のおかげで撮れたようなもので、友人には本当に感謝しなければなりません。

 ちなみに4日目は、昼過ぎには空港に行かねばならず、午前中だけの行動でした。
 屈斜路湖畔の和琴半島でアカゲラを沢山撮りましたが、それはまた次の機会にでも。なにせお腹いっぱいなもので(^^;
 

|

« 嵐を連れて | トップページ | 河川敷の夕暮れ »

コメント

 こんばんは。

 いいの撮れてましたね~。案内した甲斐があったという感じです。あ!ガイド料貰い忘れてました~w。農道にてディスプレイするやつをデフォルメしたトリミングで出してありますが、あれはなかなかいいですね~。

投稿: birrrd | 2006年10月16日 (月) 00:36

birrrdさん、
 おかげさまで、いい思いさせてもらいました。ありがとうございました。
 そちらのブログでは、まだこの日の写真を出さないのですか?楽しみにしています。

投稿: みつわ | 2006年10月16日 (月) 08:39

タンチョウなつかしいですね。だいぶ前に厚岸や根室で見ました。根室では、ついでにシマフクロウも見ましたよ。

投稿: TOMO | 2006年10月16日 (月) 14:37

こんばんは。
一枚目の写真、素晴らしいですね。
行ったかいがあったというものですね。
北海道には何度か行きましたが、タンチョウがどこにいるかなんて当時全然知らず、今考えるともったいないことをしました・・・反省。

投稿: Koyapoo | 2006年10月16日 (月) 18:55

TOMOさん、
シマフクロウもご覧になりましたか?それは羨ましいです。
今回は家族との旅行ということもあって、撮影のために行動できた時間はチェックアウトの時間まで。(しかもその場合は朝飯抜き)。シマフクロウまで時間が取れませんでした。
まあ、時間をかけたからといって見られるとは限りませんけどね(^^)

koyapooさん、
こちらはちょっともったいない(涙)
とは言え、北海道は広いし、一度に全部を見られるわけもなく。しかもkoyapooさんの場合はきっと、すばらしい昆虫の写真を撮って帰られたのでしょうから、それはそれ、ですよね。

投稿: みつわ | 2006年10月16日 (月) 22:28

こんばんは、初めまして。
ユキさんのところで話しかけていただいた摩利恵といいます。突然の訪問をご容赦ください。ここでも素晴らしい写真を見せていただきました。
自然と動物と人間とのバランス...壊れて欲しくない大切なものと痛感しております。
自分に出来ることは何か...それをいつも考えております。

美しい写真を拝見させていただきありがとうございました。

投稿: 摩利恵です。 | 2006年10月17日 (火) 01:26

みなさま、
 もし書き込みをしていただこうとした方がいらっしゃったら書き込めなかったと思います。ご迷惑をおかけしました。ニフティーのほうでブログのシステムにトラブルが発生し、メンテナンスに入っていたようです。

摩利恵さん、
 ご訪問ありがとうございます。
 上記のような理由でお返事が遅くなりましてすみませんでした。

 最近見たテレビで、このタンチョウも以前は本州でも見られた渡り鳥だということでした。自然とヒトとのバランスを保つのは難しいことだと実感します。
 私は大きなことはできませんが、せめて、希少になったものを珍重するだけでなく、身近な足元の自然にしっかり目を向けていきたいと思いつつ写真を撮っています。

 これからもよろしくお願いいたします。

投稿: みつわ | 2006年10月19日 (木) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38146/3811525

この記事へのトラックバック一覧です: タンチョウ三昧:

« 嵐を連れて | トップページ | 河川敷の夕暮れ »