« 秋の公園にて | トップページ | 美しい羽 »

2006年11月23日 (木)

猛禽に会いに

 居るところには居るものです。
 住んでいるところから多摩川沿いをバイクで遡って30分。東京都稲城市のこの場所は、いろんな種類の猛禽が来るところで有名な場所です。地元の人は、いつも来るオオタカにエジンバラだのエリザベスだのと名前を付けて、毎日のように観察しているようです。

 この日のメインはチョウゲンボウでした。

Img_3649_lev_tris 
(♀ トリミング)

 川を挟んで100メートル以上。トリミングは4倍くらいでしょうか。
 このチョウゲンボウは、晴れていれば毎日朝10時頃になると出勤して来て、この枯れ木か、もう一本の枯れ木に留まるといいます。デジスコをするかどうかは別にしても、フィールドスコープが欲しくなります。いや、マジで欲しいです。

Img_3670_levs
(ノートリ 左♂  右♀)

 この日はペアでご出勤。
 気まぐれで中州の柳に飛んできました。
 このペア、どちらかというとメスの方が活動的。しきりと飛び立ってはバッタなどの虫を捕らえていました。(超超望遠のプロ用ビデオ機材で撮っていた人に聞きました)。

Img_3673_lev_tris
(トリミング)

 肉眼でもわかる気づいた点。飛び立ったあと、メスはオスが留まっているところを必ず驚かせてから、自分のお気に入りの枝に留まるのです。奥の枯れ木でも同じ。なぜだろう。
 とは言え、仲が悪いわけではなさそうです。
 カラスとの空中戦では、2羽が協力している様子が見受けられました。

Img_3707_tri_sharps Img_3716_tris
(両方トリミング)

 メインはチョウゲンボウでしたが、オオタカも居ました。私がそこにいる間ずっと。ただし、スコープで見ても点にしかみえないような遠方の森の葉陰。
 一度だけ、どこからともなく現れたオオタカが川を横切って、森へ入っていきました。

Img_3697_lev_tris
(トリミング)

<撮影後記>
 ワシタカを見に行くといつも思うのは、500mmでは足りない、ということ。換算800mmですが、足りない。足りないと嘆いても、どうしようもないのですけどね。
 近寄る方法を考えるしかない、、、という当然の帰着点に落ち着きます。

<おまけ>
 すみません。
 先日来、種がわからずに頭を悩ませている鳥。この場を使って、わかる方のご助言をお願いします。

Img_3724s_1 Img_3728s

 こいつです。
 多分カイツブリの仲間だと思うのですが、図鑑を見てもわかりません。頭が茶系、背中が灰褐色、そして喉だけ白い。こんな種が見あたらないのです。
 左の写真の手前の鳥はオナガガモです。大きさの参考になるでしょうか。
 わかる方、お願いいたします。


 

 

|

« 秋の公園にて | トップページ | 美しい羽 »

コメント

こんにちは。いつも読ませていただいています。
おまけの鳥はミコアイサの♀ですね。

投稿: ちょんぱぱ | 2006年11月23日 (木) 00:57

>ちょんぱぱさん、
おはようございます。
お答え、ありがとうございます。

そうですか、ミコアイサの♀ですか。さっそく図鑑を確認!!
なるほどなるほど、なぜ見落としていたのだろうというくらい、しっかりと載っています。
お恥ずかしい。
メスがこの池にいるとすると、今は目立たないがオスも紛れ込んでいるのでしょうか。これは、深まっていく冬に楽しみが一つ増えました。

これからもアドバイス、よろしくお願いいたします。
批判や間違いの指摘でも大歓迎です。

投稿: みつわ | 2006年11月23日 (木) 12:28

 ミコアイサのメスではないでしょうか?オスの方は見紛うことのない、通称「パンダガモ」です。

投稿: birrrd | 2006年11月23日 (木) 14:49

こんばんは。
多摩川でもこんな凄い猛禽類が見られるんですねえ~驚きました。4枚目の写真、いい感じですね、様子がよくわかります。
先日、ひさしぶりに鳥を撮ろうと望遠ズームをつけて野川に出かけたのですが、何もいないばかりかレンズの具合が悪くて?撮影したデータが記録できなくなってしまいました。
鳥撮りは当分あきらめました。とほほです。

投稿: Koyapoo | 2006年11月23日 (木) 20:06

こんにちは。
俺もミコアイサ♀でいいと思います。
ほかに似ている種はありませんが、ミコアイサ♂エクリプスはかなり似ています。
エクリプス好きの俺は、ミコアイサ♂エクリプス見れたら大興奮物ものですがね、時期的なものがあってまだ見たことありません。
アイサでの♂エクリは、ウミアイサ♂エクリプスぐらいでしか見たことないです。
 
あ、ミコアイサ♀と♂エクリの識別点は顔です。目先が黒くて、頭部の茶色が濃かったら♀。
目先が黒くなく、頭部の茶色が明るかったら♂エクリプスです。

投稿: たまむ | 2006年11月24日 (金) 00:56

おはようございます
皆様、書き込みありがとうございます。

>birrrdさん、
 やっぱりミコアイサ♀ですか。
 これまでの少ない経験から、大きさや、すぐに潜るという習性を見て、てっきりカイツブリの仲間だと思っていました。
ありがとうございました。

>koyapooさん、
 きのうは妙な天気でしたからね。今にも降り出しそうなどんよりとした雲が一日中空を覆って、しかも寒くて。鳥が出なかったのは、そんなことも関係するのでしょうか。
 レンズ、心配ですね。一度サービスへ持って行かれては?

>たまむさん
 これで、ミコアイサ♀で100%決まりですね。ありがとうございます。
 エクリプスといえば、先日のこの池では、全身茶色のハシビロガモ(多分)と、淡いデザート迷彩柄のような羽のホシハジロ(きっと)がいました。
 また、この1~2週間で、キンクロハジロがチョコレート色から、だんだん白黒に変わって来る様子が見られて面白いです。カモたちウオッチングの新たな楽しみを発見した気持ちです。

投稿: みつわ | 2006年11月24日 (金) 06:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の公園にて | トップページ | 美しい羽 »