« 渡良瀬遊水池に遠征した | トップページ | つぶらな瞳に惚れた »

2006年11月14日 (火)

ススキにカワセミ途中経過

 今朝、いつものところにカワセミを撮りに行ったのですが、出てくれませんでした。待ちを決めた場所がちょっと近すぎたのかもしれません。

 そこで、あまりお待たせするのもなんなので、途中経過として先日(前回よりもあと)撮ったものをアップすることにしました。

 撮影したのは薄曇りの日の日の出直後から。この日は到着するとすぐ彼はやってきました。

Photo_1

 おっ、ええやん。場所はOK。ちょっと光が弱いけど、朝の雰囲気が出ていて、まあこんなもんかな。
 背景の感じはなかなかええな。

 ほな、ズームイン。

Photo_2

 ちゃうちゃう、そうやないねん。悪くないけど、川が見えへんやん。

Photo_3

 よし、直立していたススキにカワセミが乗るとちょうど良い具合に垂れてきて、後ろが抜けて川も入った。
 そやけど、あちゃーっ。こんなに光が弱いのに、もう逆光かいや。カワセミに光が当たってへんのに、川面には薄く当たってんねんな。
 まあ、待っててもしゃーないから、ちょっと縦位置でも。

Photo_5 

 悪くないけど、、、反射の色がイマイチやなぁ。相変わらず、カワセミには日が当たらへんし。う~ん、日が悪いなぁ。こりゃ出直しやなぁ。。。。

 とまあ、ダイジェストで言えばこんな感じの撮影となりました。
 そのあと、日が昇ってカワセミにも光が当たった頃には川の反射もかなりきつくなり、結局逆光は解消しませんでした。光の色も、当然ベタッとしてくるし。
 カメラをもう少し下げて構図に対岸を多く取り入れるのが良かったのかもしれませんが、なかなかそれが難しい環境なんですよね。
 あとは時間帯を夕方に変える手があります。次はそれだと考えているのですが、最近ちょっとその時間帯に体が空かなくて、行けないでいます。

<おまけ>
 この日は、それでもいいこともあったんですよ。

 しばらくした頃、兄弟(多分)がやってきました。胸の色が鮮やかなオレンジ色になってはいても、幼鳥だったんですねぇ。どうりでこれまで、こっちで鳴いたと思ったらあっちで鳴くということがあったわけだ。
 それにしても、汚い環境ですね。

Photo_3

 もう一つは、ススキに留まっていたほうの奴が、いいサービスをしてくれたんですよ。

Photo_4

 こんなにでっかく、まともにホバリングを、しかもピントまで合った写真を撮ったのは初めてでした。露出を補正する心の余裕はなかったので、後でかなり補正していますし、いずれにしろ背景の空の色は良くなかったですが、嬉しかったんです。
 さらに欲を言えば、これも空抜けでなくて背景が何か入っていればいいんですけどね。こっちが低い位置で撮ってましたんで、それはまあ、良しとしましょう。

 というわけで、今朝もダメだったけど、ススキの穂が残っている限り挑戦しようと思います。(ところで、どうもあの穂はススキではないかも、、、)

|

« 渡良瀬遊水池に遠征した | トップページ | つぶらな瞳に惚れた »

コメント

こんにちは。この写真の状況は、カワセミに光が当たらず、水には光が当たっているのではなくて、鳥にも水にも光は当たっていないのですが、水には明るい空が映っているということです。
いろいろな条件で水面をよく見てみると、空が写っている場所や、山が写っている場所などがあります。見る角度によっても変わります。
山が写れば、水に緑色が付きます。青空の日に空を映すと、水が水色になります。すると、鳥との露出差がなくなります。カメラマンは、写り(映り?)込みなどと言います。
映り込みを調整できない場合は、目線を下げ、カワセミと陸地を重ね明暗差を小さくし、画面の下部に水を入れるなどがいいでしょう。

投稿: タケシン | 2006年11月14日 (火) 11:06

タケシンさん、こんにちは
 コメント頂けて大感激です。ありがとうございます。
 なるほど、空の色が映り込んでいるわけですか。それは意識して利用しない手はないですね。出来る限り、いろんな空の状況の時に撮ってみたいと思います。

 これからも時々でもコメントを残して頂けると嬉しいです。
 あっ、私はもちろん毎日お邪魔してます。メールとか差し上げてませんが(^^;

投稿: みつわ | 2006年11月14日 (火) 16:47

こんばんは。
ちょうど良い具合に垂れたススキとカワセミ、雰囲気は十分伝わってきます。
ホバリングの写真もいいですね。ホバリング、一度も撮ったことありません・・・うらやましいなあ。

投稿: Koyapoo | 2006年11月14日 (火) 22:47

koyapooさん
こんにちは
 そうですね。朝の雰囲気には違いないのですが、、、いかんせんカワセミが暗くなってしまいました。
 ホバリングは、はっきり言ってたまたまです。カワセミのホバリングは、ほんとうにまさしくその場で滞空しますので比較的撮りやすい部類のはずです。幸い近かったし、滞空時間もそこそこあったと思います。
 あんまり撮れたことないのに何ですが、トンボやアブのホバリングよりも、撮りやすいかもしれませんよ。

投稿: みつわ | 2006年11月15日 (水) 17:17

お久しぶりです。トリ写真、ますます磨きがかかってきましたね。

先日、散歩中に偶然カワセミに出くわし(一緒にいた連れ合いに教えてもらった)、私も何とかカワセミの写真が撮れました。このエントリーにトラックバックしようと思ったんですが、トラックバック用URLが見当たらなかったんで、コメントしときます。

カワセミとススキの組み合わせ、いいですね。風景写真ブツ撮りと違って100%自然光なんで、光の状態は運次第ですが、逆にいえば、その時撮った写真はその瞬間にしか撮れないわけです。今回のカワセミさんたちの写真、その場の雰囲気が伝わってきて、良かったです。

投稿: バーディス | 2006年11月23日 (木) 22:19

バーディスさん
 ありがとうございます。
 最近、エロブログ系のトラックバックが散見されるようになった上にまともなTBがないので、受け付けないようにしました。すみません。これを書き終わったら拝見しに行きますね。

 ススキとカワセミ写真、夕方の赤い色の写真を撮りたいと思っているのですが、最近、その時間帯に体が空かなくて行けないでいます。ススキの穂、今も残っているんだろうか?

投稿: みつわ | 2006年11月24日 (金) 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渡良瀬遊水池に遠征した | トップページ | つぶらな瞳に惚れた »