« 猛禽に会いに | トップページ | 羽の色と化学塗料 »

2006年11月25日 (土)

美しい羽

 では問題です。これは何でしょう。

Img_4189s

?????????????

 ピンポーン。多分みなさん正解。そうです。オナガガモを上から見たときの後ろ半分です。
 綺麗ですよね。
 最近、カモがマイブームなんです。

Img_4258s_2  公園だとすぐ近くで見られるため、遠くから見るときには気づかなかった美しさにハッとさせられます。

 中でも、いま見られる中ではオナガガモ。先日はメスを取り上げましたが、オスも美しい。カモの中でも、とりわけ気品を感じます。

 ピンっととんがった長い尾。黒一色にしか見えないつぶらな瞳。いいですねぇ。パンに群がる様子はちょっといただけませんけど(^^;

 また、泳いでいるときにはチョロっとしか見えない緑色の部分。次列風切りということになるのでしょうか。ホントに綺麗です。後ろ姿でよく見える首に書けての白いラインも素敵です。

Img_4155s Img_4149s_1

 公園や河川で冬になるとあまりにも多く見かけるため、逆にじっくりと見ない人が多いように思います。でもトータルで見て本当に美しい鳥。シジュウカラもそうですが、見ないともったいないです。

Img_4210s

<撮影後記>
 この公園でカモたちを撮るときは、いま、70mm-300mmズーム(シグマ)を使っています。暗いレンズですが、日の出ている時間帯であれば、遅くても3ケタのシャッタースピードは切れるので、被写体ブレは気になりません。
 しかしさすがに、換算で480mm。練習もかねて手持ちで撮っていますが、構図や手ぶれなど歩留まりが上がりません。手持ちで、あの重い600mmとか振り回して素晴らしい写真を撮る人がいますが、私から見れば神業ですね。
 最後の写真の手ブレの言い訳でした(^_^;

|

« 猛禽に会いに | トップページ | 羽の色と化学塗料 »

コメント

みつわさんのコメントには鳥や写真に愛情がこもっているので、引きずり込まれるようです。
最後の写真のカモは、色っぽいです。

投稿: ユキ | 2006年11月25日 (土) 22:01

ユキさん、
こんばんは。
 そんな風に言ってもらえると嬉しいです\(^o^)/
 コメントは写真とうまく補完しあえればいいなと考え考え書いています。だから、そういう風に言ってもらえるとそれが認められたようで感激です。
 一方で、ユキさんの書かれるような詩的なコメントに私は憧れます。語りはじめから雰囲気ができあがっているような。私にはない世界です。
 唐突ですが、これからもよろしくお願いします。

投稿: みつわ | 2006年11月25日 (土) 23:21

1枚目の写真面白いですね。最初違うブログを開けたかと思いました。新鮮な切り口に賛成です。
たしかにオナガガモのオスはかっこいいですよね。尾が長いこともあり背筋をピンとしている姿はとてもスタイリッシュと思います。

投稿: Koyapoo | 2006年11月26日 (日) 10:18

koyapooさん、おはようございます。
 ありがとうございます。
 環境もあるのですが、最近アップが少しずつ撮れるようになってきたと感じています。鳥の写真だけじゃないですが、今までは、とにかく全体を綺麗に写すことが第一という感じでやってきた感があります。でも撮りたいことがはっきりしている今回、切り取るのになんのためらいもありませんでした。これまでなら顔だけでも入れておきたいとか思っていたのに。
 少しは成長しているのかもしれません。

投稿: みつわ | 2006年11月26日 (日) 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛禽に会いに | トップページ | 羽の色と化学塗料 »