« ススキにカワセミ途中経過 | トップページ | 秋の公園にて »

2006年11月17日 (金)

つぶらな瞳に惚れた

 通勤途中の公園の池にカモの仲間が増えてきました。
 種類としてはオナガガモ、キンクロハジロ、カルガモの3種がほとんど+ハシビロガモらしいのが1羽です。でも、この時期ということがあるのでしょう。色がほんとうに様々です。

 で、しばらく眺めてみて気に入ったのが、オナガガモのメス。ものすごく可愛いんです。

Jpg

 カルガモなどに比べると、小振りのくちばしが短くて悪く言えば寸詰まり。顔全体がぷっくらと丸く、瞳が黒くてつぶら。ひとことで言えば、3歳までくらいの幼児のようなかわいらしさ。

Photo_5

 も~う、よだれなんか垂らしちゃって。ダメでしょ!!
 でも可愛い。

Jpg_1 Photo_7

 池のある都市公園では、多くの場所で冬の水鳥たちがやってきて、近くの住民たちがパンなどのエサをやっています。ここも例外ではなく、鳥たちはすでに岸辺に立つ人がいるとエサを期待する目で近づくほど、慣れています。
 そのことの是非はともかく、これだけ近づいてくれるとレンズの中に収まりきれないほどドアップで撮ることが出来ます。これはいい機会です。撮らせてもらったよ、君のド・アップ。

 でも、一人佇む君も素敵だよ。

2jpg

<メモ>
 今回の撮影では、この公園の良さをもう一つ発見しました。それは、地面と水面の高さがほとんど同じに作ってあることです。何かの加減で水が2~3センチでも増えると、もう水浸しになるくらいの高さの岸辺も作ってあります。
 少ないながら私の経験と記憶では、大抵の公園の池はきちんと堀り込んであって、地面から水面まで20センチ程度はあるような気がします。ご丁寧に水と陸とを分ける境界には垂直の杭を何本も並べていたところが多かったと思います。

 岸辺が低いことがどう良いかと言えば、そこに座るなりしてカメラを構えれば、カモの目線に近い写真が撮れるわけです。そんな写真だけが良いわけではもちろんありませんが、そういう写真も撮れるということです。
 さすがにここでは腹這い撮影はためらわれましたが、いずれはそれも有りかと考えています。

 鳥は可愛いし撮りやすいし、、、。冬の水鳥の撮影、楽しみになってきました。

|

« ススキにカワセミ途中経過 | トップページ | 秋の公園にて »

コメント

オナガガモかわいいですね~、俺も大好きです!!
やっぱカモ類はホントかわいい・・・。だんだんと渡ってきてくれたんで撮影する楽しみが増えていきますね。
水鳥は小鳥と違ってすばしっこくないから撮影しやすいし、のんびり感で癒し効果もあって、、、最高ですね!!

投稿: たまむ | 2006年11月17日 (金) 00:47

たまむさん、
おはようございます。
 ほんと、可愛かった。はじめキンクロにカメラを向けていると、手前をすーっとオナガガモが横切って、そのときの横顔が何ともいえず。ほっぺがぷくっとふくらんでいて、赤ちゃんみたい思ってしまったのです。
 あっ、たまむさん、このとき撮った別の鳥をこんどアップするから、名前を教えてもらえませんか?お待ちしてます。

投稿: みつわ | 2006年11月17日 (金) 09:07

>このとき撮った別の鳥をこんどアップするから、名前を教えてもらえませんか?
任せてください任せてください!!
ただ明日明後日で山に泊まりに行くんでその時だとお返事ができませんが・・・。

投稿: たまむ | 2006年11月17日 (金) 23:17

1枚目の写真、迫り来るものがありますね。
みつわさんの気持ちが伝わってくるいい写真だと思います。
フレーミングも大胆で好きです。

投稿: Koyapoo | 2006年11月18日 (土) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ススキにカワセミ途中経過 | トップページ | 秋の公園にて »