« 早朝のルリビタキ | トップページ | 謹賀新年 »

2006年12月29日 (金)

おかげさまで記事100本目

 いつの間にか私のブログ「緑と水の惑星にて」も、今回の記事で100本目となりました。今年の1月28日に初めてアップしてからちょうど11ヶ月かかった計算です。ひと月平均9本。飽きっぽい私にしてはよく続けてこられたなぁと、ちょっとびっくりしています。
 これはひとえに、ここを訪れて頂いているみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。
 アクセス数も、当初は週数回といった状況から、今では1日平均20アクセス以上。訪問者数も10人を越える方々に来て頂いているようです。
 内容はまともな日もあれば、ろくでもない日もありましたが、ともあれ、ご覧頂いていると思うからこそ、よりよい写真を撮りたいと思うし、次も書こうと思えるというものです。
 これからも見捨てず、ご覧いただければ幸いです。

>>>>>>>>>>>>>>>

 さて、今日は100本の、または今年の総括をと思ったのですが、写真を選びきれませんでした。なので、今年最後となった鳥見の記事をフツーに、、、(^^;

 場所は最近よく通っている県立公園。
 ▼これまでなぜか豆粒ほどにしか見えなくて、まともに見たい撮りたいと願っていたシメがようやく近くに出てきてくれました。ところが、こともあろうに枝ではなくて、地面の上。しきりと土を掘って山を築いていました。

Img_5623_tris
(トリミング)

 もちろん半分冗談です。盛り土は多分モグラが掘ったもの。しかしシメはそこに顔をつっこんで、しきりと土を食っているかのようでした。植物の種子を食べる鳥だと思っていたのですが、これは何をしていたのでしょうね。

 ▼先日証拠写真としてしか撮れなかったソウシチョウも、ようやく顔がわかるように撮れました。

Img_5608_tris
(わずかにトリミング)

 この子たちは顔も声も美しいくせにとても恥ずかしがり屋です。林の縁あたりがお気に入りのくせに、一番表にはほとんど出てきません。必ず、林の一番外側から数メートル奥の暗いところの、しかも下の方をちょろちょろするのです。少しもじっとしていません。もともと籠抜けの鳥だけに、人間を極度に警戒する習性が身に付いているのでしょうか。
 いつも数羽の群れで移動しているので、「お、そろそろ来そうだな」と待ちかまえてとったのがこの写真でした。

 ▼きょうはアカゲラも見ました。この公園では初めてです。というより川崎市内では私は始めてみました。

Img_5652s

 見つけたのは本当に遠くの木でした。でも少しずつ近づいてきて、ようやくこのサイズまで撮れるようになりました。
 それにしてもさすがはキツツキ。見る間に腐った木を破壊していきました。

Img_5638_tris Img_5639_tris Img_5640_tris

 ▼先日証拠写真としてご紹介した鳥のひとつに、ヤマシギがいました。きょうは飛んでいるのを見ました。でも撮れませんでした(涙)。一瞬、公園の広い通路を横切っていったのです。
  飛び込んだ先は、先日撮った場所の斜面近く。あの鳥はきっとこの冬、ここに居着いていると見た。とすれば、これからも撮り直すチャンスはあるかもしれません。

 ▼荒らしが去って、ポカポカとあたたく晴れ渡った今朝の鳥見。池のカルガモたちも気持ちよさそうにひなたぼっこをしていました。

Img_5670s

 そしてロウバイの花も、年が明けるのを待ちきれなかったかのように花を咲かせ始めていました。

Img_5606s

 世の中的には、悲しいことや腹立たしい事件・事故が多かった1年でした。
 それでも私の1年はのほほんと、ちょうど今日の天気のようにぼんやりと過ぎて行きました。唯一の収穫は鳥撮りを始めて夢中になっていることです。「もう少し、ふだんの暮らしにも気合いを入れねばならないかなぁ、、、、。」と、こんなトーンで一年を終えようとしています。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

<ご連絡>
 明日から正月の2日まで、実家に帰省いたします。なのでコメントを頂いても、すぐには反応できないかもしれません。

 それでは皆様、よいお年を。

 

 

|

« 早朝のルリビタキ | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝のルリビタキ | トップページ | 謹賀新年 »