« 冬の彩り | トップページ | 格好いいオナガガモ »

2007年1月14日 (日)

記録写真 ~ミヤコドリ~

 「証拠写真」という言葉がありますが、ちょっと後ろ向きのイメージがありません?なので記録写真。せっかく撮れた写真に、これなら少しは意味を持たせることができそうな気がします。単なる言葉遊びですが。

 久しぶりに訪れた三番瀬に、ミヤコドリがいました。
 私は兵庫県出身で京都も近いので、ミヤコドリといえばユリカモメをイメージするのですが、こちらは正真正銘のミヤコドリです。

Img_6562s

 識別の難しいといわれるシギチにあって、この鳥は見間違えることはなさそうです。これだけ強い逆光の下でも、コントラストの強い白黒と赤い嘴は写ってくれました。今回が私にとって初めての出会いですが、太陽に透けてオレンジ色に光る嘴の印象が頭からはなれません。

 図鑑には数少ない旅鳥または冬鳥とありますが、たまたま三番瀬に出かけた私はラッキーだったのでしょうか。それとも、実は結構な数がいるのでしょうか。その日、浜にはざっと(写真で)数えただけで30羽以上のミヤコドリたちがいました。

Img_6488s

 近くをうろうろしていたミユビシギやハマシギたちに比べると、かなり警戒心の強い鳥でした。しかも、こちらが歩み寄ろうとすると海側へ海側へと離れていきます。三番瀬は南に開けた浜ですので、撮影した正午前後にはどんどん逆光が強くなる方向です。
 この感じでは、この鳥を本気で捕ろうとすると、潮が引いている間ずっと一所で姿勢を低くしてじっと待っているしかなさそうです。(干潟に寝ころんで鳥を待つのは、冬と夏、どちらが厳しいのでしょう?)

<後記>
 今回、三番瀬で遊ぶモーターパラグライダーが、鳥を全部飛ばしてしまいました。秋に行ったときも彼らが居ました。何とかならんもんですかね。

|

« 冬の彩り | トップページ | 格好いいオナガガモ »

コメント

いいですね~~、ミヤコドリ!!
今の時期、三番瀬いろんな鳥がいて面白いですからね、ミヤコドリ以外の鳥さんもアップされることを期待してます!!
三番瀬は今年、120羽前後のミヤコドリが越冬してますよ。去年は118羽。
葛西と行き来してますから、120羽一気に見るには満潮時の三番瀬ですね。遠~くの堤防で集団で休むんで。
三番瀬では、実はミヤコドリは珍しくないんです。繁殖しない若鳥の一部は越夏しますから、一年中ミヤコドリが見れるわけです。
それでもミヤコドリに出会えたときは感激です・・・♪

投稿: たまむ | 2007年1月14日 (日) 01:28

たまむさん、おはようございます

>今の時期、三番瀬いろんな鳥がいて面白いですからね、
 私もそう思って、北海道の友人の案内がてら行ったのですが、実はあまり見られた種類は多くなかったのですよ。識別の力がないだけのような気もしますが。
 ボチボチアップしますけれど、カモ類は、双眼鏡で見える範囲ではオナガガモだけ。あとはミユビシギ・ハマシギ。オオバン。タヒバリ。チドリの仲間も1種いましたが、なんだかわからず。といったところですか。
 識別の力がないことにくわえて、ミヤコドリを見つけたとたん、その撮影に力と時間を注いじゃったもので、あとはあまり見てない、というのが本当のところかもしれません。

投稿: みつわ | 2007年1月14日 (日) 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の彩り | トップページ | 格好いいオナガガモ »