« 田圃の貴婦人 ~タゲリ~ | トップページ | 意外な鳥 ~ペリカン~ »

2007年1月23日 (火)

赤い目の鳥 ~ハジロカイツブリ~

 印旛沼は広すぎて、水鳥は沢山いても遠すぎて撮れないという印象があります。でも、早朝の排水機場ではいくらか違いました。なかでもこの赤い目の鳥、ハジロカイツブリはかなり近くまで来てくれました。

Img_6787s

 羽を思いっきり膨らませたお尻がとても可愛いのです。
 でも、彼がふとこちらを見た瞬間にキラリと光った赤い目は、それ以上近寄ることを拒絶しているようでした。
 彼は単にこちらを警戒しただけだとは思いますが、赤い目には天敵を怯ませる効果も、ひょっとするとあるのかもしれません。

 このハジロカイツブリは寒さなど感じていなかったのでしょう。しきりと水に潜ってはエサを追いかけているようでした。
 しばらく見ていると、潜ろうとする直前、それまで膨らんでいた羽毛をスッとすぼめることがわかりました。これなら潜る瞬間を撮れそうだとトライして、その結果がこれ↓。

Img_6814_s

 もう少し躍動感のあるところを撮りたかったのですが、タイミングが合いませんでした。ワンショットでタイミングを合わせようとしても、連射で撮ろうとしても、結局はこれより前か潜ってしまった後か、、、。一日とり続ければもう少しベターなものも撮れたかもしれませんが、まあ、この日の目的はタゲリだったのもので時間切れ(^^;

 撮っていた30分ほどの間に彼が獲物を捕らえて見せてくれたのは一回だけ。
 水の中ではどんな風にこうした小魚を追いかけているのでしょうね。

Img_6822s

(印旛沼 2007年1月14日撮影)

|

« 田圃の貴婦人 ~タゲリ~ | トップページ | 意外な鳥 ~ペリカン~ »

コメント

印旛沼まで遠出されたんですね。カイツブリは例の釣り堀にも居ますが、遠いのと小さな鳥なのでなかなか撮影する気になれません。一度もぐるとどこから顔を出すか分からないですしね。EOS 5D 酷使しているので、望遠と広角を分散させようと思い、KissD Xを導入しまいました。昨日から35mm換算960mmでがんばっています。オッチー

投稿: otti | 2007年1月23日 (火) 19:24

おっちーさん、

ひぇ~、960mm!!
それでもひょっとして手持ちですか?
しかも、いわゆる手振れ補正なしの機材ばかりですよね。
アン・シンジラブル!

フルサイズの5Dを広角系・標準形で使って、超望遠系は30DやKISSなどのカメラで撮るというのはいいなと思います。960mmの迫力写真、楽しみにしています。

投稿: みつわ | 2007年1月23日 (火) 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田圃の貴婦人 ~タゲリ~ | トップページ | 意外な鳥 ~ペリカン~ »