« 三番瀬 野鳥のいる風景 | トップページ | 赤い目の鳥 ~ハジロカイツブリ~ »

2007年1月20日 (土)

田圃の貴婦人 ~タゲリ~

 「田圃の貴婦人」。初めてじっくりと見ることの出来たタゲリには、そんな言葉が似合いそうでした。ちょっと笑える、変な言葉でもあるけれど。

Img_6910s

 先日、鳥好きの友人を成田まで送るついでに、私としても初めて印旛沼に立ち寄ったのです。小鳥や猛禽などが飽きない程度に楽しませてくれて、いざ出発、というときになって遠くに姿を表したのが、タゲリでした。でも、飛行機の出発まで時間がない。結局その場で数枚を手持ちで撮っただけで、泣く泣く車を出さざるを得ませんでした。

 その数日後、どうしてもじっくり見たくなってさっそく再訪して撮ったのが今日の写真です。

Img_6889s

 最初の印象は、先ほど書いたとおり。でも、先日のケリのように傲慢なセレブのイメージではなく、もうすこし優しい感じ。警戒心はケリよりは薄いものの、近寄るのには苦労しました。車から降りるとすぐ飛び立ってしまいます。

Img_6848_s

 タゲリは、上の写真でもわかるように、丸い翼が印象的です。これまで見た鳥の中で、このように羽先の丸い鳥は初めてです。大きさは、ケリよりも少し小さいくらい。図鑑によるとキジバトよりもまだ少し小さいです。でもそんな風には見えません。 

Img_7019s

 そして、タゲリを気高く見せる一番の特徴は、このピンと跳ね上がった冠羽でしょう。今回見た群れの中で、冠羽がなかったり、垂れ下がったりしていた鳥はいませんでした。
 そのほか、胸の黒い羽毛や緑の濃い羽など、この鳥を特徴付けるポイントはいくつもあって、独特の雰囲気を醸し出していると感じました。

Img_7039s

 以前にも書いたことがありますが、タゲリは私が高校生の頃から見たいと思っていた鳥の一つです。なぜこれまで見られなかったのかといえば、たんに去年まで鳥見を忘れていたからなわけですが、この冬、猛烈に会いたいと思っていました。

 ようやく見られたタゲリ。とってもとっても美しい、素敵な鳥でした。
 出来るなら畦の上からでなく田圃の上に腹這って撮ってみたいという気持ちが強くあります。だいたい彼らが降りる田圃はわかりました。けど、その持ち主に了解を取らずにその撮影方法は、やっぱりマズいでしょうね。どうしたもんかなぁ。

(印旛沼湖岸 1月14日撮影 KissDN シグマ170-500mm)

|

« 三番瀬 野鳥のいる風景 | トップページ | 赤い目の鳥 ~ハジロカイツブリ~ »

コメント

1枚目の写真、とっても素敵ですね~
生態がよくわかるし、構図もいいし、なによりタゲリのポーズがいいです。
これからもいい写真を見せてくださいね、楽しみにしてます。

投稿: Koyapoo | 2007年1月21日 (日) 21:15

Koyapooさん、

こんばんは。
 ほめて頂き、ありがとうございます。
この日は、タゲリを発見してからはほぼ一日中タゲリを狙っていたようなものなのですが、撮れた、と思った写真はほんの僅かでした。なかでも今日の1枚目のこれが一番のお気に入り。それを良いと言って頂けると、本当に励みになります。

 あ、でも厳しい批評もコメントして頂けるとありがたいです。

投稿: みつわ | 2007年1月22日 (月) 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三番瀬 野鳥のいる風景 | トップページ | 赤い目の鳥 ~ハジロカイツブリ~ »