« 驚愕のヒヨ ~ヒヨドリ~ | トップページ | 宮が瀬探検 »

2007年2月10日 (土)

縁起良いはずの鳥 ~オオバン~

 堰堤の上流の深みで一つだけポコンと飛び出た石は、オオバンたちの休憩場所となっていました。いつもは一羽が休んでいると、2羽3羽とやってきて順番を待っているのですが、たまたま一瞬、カメラのフレーム内にほかの鳥は一羽もいない時間ができ、あわててシャッターを切ったうちの一枚です。

Img_8308s

 最近、私が行くあちらこちらの水辺ではかなりの確率で見ることの出来る鳥です。けれども、その足の指がどうなっているかを見る機会があまりありませんでした。
 先日バンの足ヒレについて書きましたが、オオバンにも足ヒレはなさそうです。代わりになんだかブヨブヨした感じの肉?が。この肉を水の抵抗にして前へ進むのではないかと想像します。
 こんな足からは想像しにくいですが、オオバンは泳ぐのも潜るのも上手に見えます。

 お金持ちになりそうなせっかくの良い名前ですから、幸せを指の隙間から指の隙間から逃さないようにしないとね。

|

« 驚愕のヒヨ ~ヒヨドリ~ | トップページ | 宮が瀬探検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚愕のヒヨ ~ヒヨドリ~ | トップページ | 宮が瀬探検 »