« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

カッコカワイイ ~モズ~

 女子高生ならもっと気の利いたコトバを考え付くのでしょうが、おじさんにはここまでが精一杯でした。モズを表現するコトバ。

Img_2486s

 好きな鳥の一つなんです。
 可愛いのに猛々しくて、意匠も美しいでしょ。
 今回の写真はどれもなにか大きな欠点があって美しいとはいい難いのですが、大きく取れたので、ひとまず満足しました。

Img_2512s

 しばらく前からたびたび観察していた個体。以前にご紹介したワカサギ釣り用のテントをブラインド代わりに使ってみると、おもったより近くまで来てくれました。

Img_2514s

 正面から見ると、目がかなり前向きについているのがわかりますね。そのせいで、ワシタカフクロウのような、猛禽風の顔に見えます。動く獲物を捕らえるためには、やはりこういうほうが距離感を掴みやすいのでしょうね。

Img_2525s

 最後の写真で写っている白いものは、行政区域を示す?世田谷区の区界を示す?杭。
 それさえなければ、かなり、見られる写真になったのですけどねぇ。ブラインドを張った位置が、まだ勉強不足でした。

| | コメント (0)

2007年3月30日 (金)

シダレヤナギの花を

 多摩川の河川敷で最近、いいポイントを見つけました。適度に荒れていて、適度に木が生え、わりと広いのです。
 今、シダレヤナギの花の鮮やかな黄色がとてもまぶしいのです。

 賑やかな木があったので近寄ってみると、たくさんのシジュウカラが、その黄色い花を食べていました。

Img_1827s

Img_1839s

 この何でも食べるたくましさが、シジュウカラの長所なんでしょうね。どこへ行ってもシジュウカラがいる理由がわかります。

 でも、この花は他の鳥にとってもおいしいらしいのです。

Img_2301s

 渡りの途中でしょうか。ヒレンジャクが1羽、いつまでもこの木を離れずに花を食べていました。
 シジュウカラがいたのとは別の日の撮影です。私にとってはラッキーでした。初めて見るヒレンジャクです。
 気温は暖かいが風の強かったこの日。ヒレンジャクはイメージしていたよりもムクムクと羽を膨らませ、必死で枝にしがみつきながらもしきりと花を食べていたのです。

 他にもヒヨドリがこの花を食べていました。
 初めて意識して見たシダレヤナギの花。鳥見人にとって、春の幸運の木かもしれません。

Img_1863s_1

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

流氷が来た!

Img_0753s_3 待った甲斐がありました。
 といっても、2月の末の話ですよ。念のため(^^;) 

 浜では哀愁をおびていたように見えた海ワシたちも、流氷が来ると、俄然、元気になったようです。
 そんな海ワシたちの様子を、きょうは、たっぷり。
 そして北海道シリーズはこれでおしまい。
 (結局、本当は絞りきれなかった、、、、)

<日の出を待つ>
Img_0472s_1 Img_0480s 

<飛ぶ>
Img_0556s

Img_0587s Img_0780s_1

Img_0874s 

Img_0661s Img_0665s

<食らう>
Img_0708s

Img_0648s Img_0776s

Img_0773s

Img_0706s

<満足する>
Img_0869s

Img_0798s_1 Img_0749s

<帰る>
Img_0911s

Img_0907s

<おまけ>
 そういうわけで、今回の北海道の旅は、一応目的はすべて達したことになります。
 ただ、頭の中で思い描いていた写真と撮ってきた写真では大きく食い違っていて、自分の未熟さにしばらくは写真を見るのもいやになっていました。

 この雪辱は、来年。
 そう心に決めて、それまで腕を磨くことにします。

Img_0880s
(2月25日の羅臼港)

| | コメント (5)

2007年3月26日 (月)

なぜか哀愁 浜の海ワシ

 例年に比べて、今年は流氷がほとんど羅臼側に降りてこなかったそうです。浜で多くの時間を過ごすことになったオオワシやオジロワシたちからは、なんとなく哀愁が漂っていたのでした。

Img_0134s_1
(展望台から見た羅臼港)

 今回の道東撮影行は、4泊5日の旅でした。  そのうち、あらかじめ予約しておいたのは1泊目だけ。流氷と海ワシの写真をメインに考え、その撮れ具合であとの予定を考えようというものでした。
 しかしながら肝心の海が↑こんな状態だったもので、結局羅臼に3泊してしまいました。これまでご紹介した写真の多くは、待っている間に足を伸ばした先で撮ったものでした。

 海ワシたちも遠くを見つめ、私には氷の到着を待っているように見えたのです。

Img_9817s

Img_9829s_1 Img_9834s_1

Img_9895s

Img_9906s_1

| | コメント (0)

2007年3月25日 (日)

朝 塒のタンチョウ

 まだ若いカップルでしょうか。子どものいない2羽のタンチョウが大きな群れから離れて静かに朝を迎えていました。

 それまでどちらか一方しか顔を上げなったカップルですが、日が昇る直前、ようやく同時に山のほうを見たのは偶然だったのでしょうか。

Img_1210s

 そして日の出。
 本当に冷え込んだ朝にはタンチョウのはく息が白く見えたり、湖面から立ち上る湯気が周りの木々に絡んで凍りつくなどして、それはきれいな風景ができるということです。

Img_1220s

 ところでこの場所にはオオハクチョウのほうが多くいて、画像に取り込むかどうか微妙な動きをするのでした。タンチョウよりは活動的で、いなくなったかと思えば、またいつの間にか入ってくるという具合に苦労させられるのでした。

Img_1230s Img_1240s

 「タンチョウを」撮りにに来ていた友人や周りの人は、かなりこのオオハクチョウたちを嫌っているようです。私などは何度かオオハクチョウにもカメラを向けたのですが、彼らは徹底的に撮らなかった様子でした。
 そういったところでも、写真一枚一枚を撮るときの真剣さの違いが出てしまう、、、と捉えるべきなのでしょうか。

Img_1278s

 もう一つ前回の続きで話をすれば、これまでの私であれば、最初からシルエットになるのがわかっているような場所に位置取りはしなかったと思います。
 しかし、こうして出来上がった写真を見てみると、これはこれで成り立っているし、そういえばこうした写真を絵葉書などで見ることも多いですよね。そして、それらの写真はたいていの場合美しい。
 今回の対象鳥がタンチョウというシルエットの大きな特徴的な鳥であるということは、シルエット写真が成立することと無関係ではないでしょう。でも、そもそも私にはその発想はこれまでほとんどなかったということです。

 こればっかりというのもどうかとは思いますが、今回の旅で私の写真の懐が、ほんの少し大きくなったのではないか。そんな気がしています。

<おまけ>
Img_1312s

 日がずいぶん高くなると、シルエットはあまりいい効果とはならなくなってくるようですね(^^;)。それと、、、!手持ちで撮り始めたとたんに水平が歪んでくるのは、いろいろ技術を言う前に何とかしないといけない課題ですね。

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

タンチョウ 塒入り編

 昼間餌場などで過ごしたタンチョウたちは、夕方、自分たちが安心して眠れるねぐらへ帰って行きます。それはどうやら多くの場合、浅い水辺の水の中のようです。天敵が接近してこない、接近しても気づきやすいというような理由だろうと思います。

Img_1110s

 そうした場所は多くなく、多くのタンチョウが同じ場所へ帰るので、日中過ごしている場所とそのねぐらとを直線的に結ぶ良き所で待つ、というのが「塒入り」の写真の撮り方のようです。
 とは言え、タンチョウたちが思い通りのルートを、望んだ時間に飛んでくれるとは限りません。

Img_1140s

 その意味では、この2枚目の写真はかなり典型的なものかもしれません。
 タンチョウは4羽前後の家族で行動することが多いそうなのですが、この日はそうした小群の塒入りがまばらで、待ちくたびれた頃に一気に来たのでした。
 しかも、夕日が最後の光線の一筋を消した直後の通過でした。

Img_1165s

 印象的だったのは、そのとき一緒に撮っていた人たちの会話。群れの姿が見えた頃から「早く来い、頼む急いでくれ」的な独り言。通り過ぎた直後には「あと1分早ければね」「いや30秒だったとおもうよ」。ほんとうに悔しそうに会話するのでした。
 オノボリさんのように、ただ案内してもらって撮らせてもらっていた私には、実はかなり衝撃的でした。「そんなにまで、完成した絵をイメージして、こだわって写真を撮っているのか」と。
 だから、タンチョウに魅せられている人たちは、狙ったものが撮れるまで何回も通うことになるのでしょうね。

 このことはひょっとすると、今回の道東の撮影行で、一番の収穫だったかもしれません。そう、撮って帰ってきた写真よりも。

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

タンチョウ 日中編

 道東にいる間、タンチョウを撮影したのは5回、トータルで10時間くらいになりました。日中に2回、ねぐらに向かう様子を2回、朝のねぐらを1回です。

 今回はそのうち、日中の様子を。

Img_1055s
(伊藤サンクチュアリ)

 雪のあるこの時期、手っ取り早く日中のタンチョウを撮るのには餌場、ということになるようです。伊藤サンクチュアリや鶴見台、国際ツルセンターなどいくつかあるようです。

Img_1072s
(伊藤サンクチュアリ)
(後ろのトリさん、ちょっとどいてくれない?なんて言えたらなぁ)

 そうした場所では、タンチョウまでの距離もさほど遠くなく、換算800ミリもあれば↑これくらいの大きさに撮ることは結構簡単です。

 でも、問題もあります。それはタンチョウがたくさん集まりすぎていること。(カメラマンもね)。それと、餌場の周りには意外と電線や電柱、家などの人工物が多く、知らず知らずにフレームにそうした人工物が入るんです。

Img_1416s
(鶴見台)

 単独とかペアだけとかの雰囲気のある美しい写真を撮ろうとすると、かなりの時間粘って待って、群れから離れるのを待たねばならないのです。しかもうまく、背景に人工物のない場所に来てもらわねばならない。結構厳しいのです。

 今回行ってみてわかったのですが、プロやブログなどにアップされている上手な方たちの写真も大概、同じような位置からカメラを構えて撮られているようです。
 ブログなどを拝見していると、彼らも、必ずしもたっぷり時間をかけているわけではなさそうです。どうやって、いいシーンをものにしているんだろう。こういうところでも、ウデの差が現れるわけですね。

Img_0301s
(あ~あ、翼が切れちゃった)

 トリが集まる場所がわかっていて、ねぐらを出て餌場に集まったり、ねぐらに戻ったりする時間帯もだいたいわかっていれば、こうした飛翔シーンに出くわすことは、わりと簡単です。
 でもだからといって、撮るのが簡単というわけではありません。ここでもウデの差が出ます。

Img_0284s Img_1353s
(ブレボケを量産した中では、まともな飛翔カットたち)

 タンチョウたちは鳴きながら飛ぶことが多い上、大きい鳥なので、結構遠くにいるときから発見できます。で、撮影のため身構えるわけですね。
 ほら、だんだん近づいてくる、パシャッ、パシャッ。

Img_0296s

 遠いうちはいいんです。でも、近くなってくると、、、結構早いんですよね、飛行スピードが。大きいので優雅にゆったり飛んでいるように思いますが、油断しているとすぐフレームアウトします。遠くを横切ってくれるとまだいいのですが、向かってきたり、頭上を越えていかれると、レンズが長すぎたり、カメラとくっついている三脚が邪魔だったり。

Img_1455s

 私を案内してくれた友人は、長玉を三脚に取り付けてスタンバイして、それと別に200ミリとか300ミリの「広角」を、肩にぶら下げて撮影してました。なるほどなぁ。

 いずれにせよ、タンチョウ撮影の経験や知識も含めて、ウデ、なんですよねぇ。

<メモ>
 今回撮ったタンチョウの写真、ネットにたくさん出ているタンチョウ写真と比べてあまりにも見劣りする気がしてね。それと、自分が事前に描いていたイメージのものがあまり撮れなかったもので。アップが遅くなったのは、そんな理由もあったんです。でもふと気づくと、道東旅行はもう一ヶ月も前のこと。意を決したわけです。

 次回は「ねぐらへ帰る編」。あとしばらくお付き合い下さい。

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

三番瀬

~閑話休題~ 久しぶりの新撮を。

 日の出と満潮の時刻が重なった大潮の日、千葉の三番瀬に足を運びました。干潟が現れてシギチが集まってくるまで、滞在はおよそ2時間半。鳥たちの顔ぶれは2月に訪れたときとほとんど変わりませんでしたが、とても楽しめました。

Img_1910s
(6:08 日の出直後)
 富士山の見える海岸で、気の早いハマシギたちが波打ち際で干潟の出現を待っていました。

Img_1919s
(6:12)
 多くのハマシギは、砂浜でじっとしてました。春から一転、冬に逆戻りしたこの日、シギたちは寒さと風に耐えているように見えました。

Img_1937s
(6:19)
 どんどん潮が引いていきます。シギたちの本格的な行動開始はもうちょっと先、、、かな。

Img_1966s
(6:26)
 すでに日はずいぶんと昇ってきましたが、まだ赤い色が残ります。
 海岸を散歩する犬、潮干狩りの準備をする人、写真を撮るオヤジ(私か?)、、。ちょっとした変化に驚いて一斉に飛び立ちます。

Img_2023s
(7:12)
 潮が多い間は、スズガモたちがかなり岸ちかくまで近付きます。防波堤の先端まで行くとちょうど太陽を背にして、岸と平行にカモたちを眺めることができました。
 彼ら、ひょっとしたら貝をたべていたのではないか?そんなふうに見えました。
 2月に見たウミアイサやホオジロガモは、この日はいませんでした。

Img_2036s_1  Img_2040s
(左7:27)(右7:28)
 1時間ほど防波堤からスズガモたちを観察して戻ってくると、すっかり光の赤みはなくなっていました。干潟もずいぶんと広くなり、その波打ち際が彼らの食事場となっていました。

Img_2050s
(7:29)
 チドリではないので、千鳥足とは言わないのでしょうね。正しくはシギ足?

Img_2079s_1
(7:45)
 干潟が少しずつ大きくなりところどころに島が現れると、沖の杭で待っていたダイゼンや、どこから飛んできたのかミヤコドリが降り立ちました。
 富士山もすっかり昼の顔になっていました。

<メモ>
 3月に入ってなぜか絶不調が続いていました。思うように撮影に出られないし、出ても納得できる写真が撮れないし。
 たまっていたストレスをようやくこの三番瀬で解消されました。

 きょうほとんど出し尽くしちゃったので、また次回は多分、北海道の写真を。
 いつまで引っ張るのかという気もしますが、北海道でのメインイベントだった流氷ワシとタンチョウをまだ紹介してないですものね。

<おまけ>
 初めて見たズグロカモメ
Img_2114s

| | コメント (2)

2007年3月14日 (水)

動かぬ鳥 ~エゾフクロウ~

 北海道で撮った鳥の中で、とても好きになった鳥がエゾフクロウです。友人が案内してくれたポイントのエゾフクロウは、2回行って、2回とも彼のお気に入りの穴にいてくれました。<きょうは似た写真ばかり、多いです>

Img_1003s

 しかし、この鳥を撮るには忍耐が要ります。タイトルにあらわしたとおり、とにかく動かない。しかも、地元の人たちが暗黙の了解で決めているラインがあって、そこより前に出てフクロウを驚かさないのがルールなのです。

 限られた条件の中で、それぞれの撮影者がそれぞれの思いを持って、ああでもないこうでもないと心ゆくまでとることができる。魅力でもあり、しんどいところでもあるわけです。

アングルを変えてみたりカメラ位置を平行移動してみたり、、、、
Img_0979s Img_0977s

縦位置でもあれこれ悩み、もちろん絞りも悩み、、、
Img_0982s_1 Img_0983s

フクロウのしっかりした存在感に期待して、ズームレンズを引いてみたり、、、
Img_1000s Img_0999s
(左300[480]mm弱、右200[320]mm)

 なんだかんだやって、似たような写真ばかりかなりのカットを撮ってしまいました。
 それでも、光の加減やフクロウの向き、下草の風による動きなど、100%満足の行く写真はなかなか撮れません。
 おまけに、家に帰ってモニターで見ると、、、、もう、どれがいい写真なのやら自分でもわけがわからなくなってしまいます。

 それでも、そんな中からでも自分のベスト写真と思えるやつを選ばなければ、今後への進歩がありません。
 そうして、自分を叱咤激励して、何とか決めたMY BEST は ↓これ。

Img_0981s_2

 いかがなもんでがしょ?
 う~ん、まだまだかなぁ。

 ところで、そんなこんなしているうちに、たまにはフクロウ君にも動きもあるものです。
 フクロウの写真撮りは、それがいつ出るか、出るまで集中力を持続できるかにかかっているといえるかもしれません。そうした撮り方が、私がフクロウを好きになった理由の一つかもしれません。

Img_1007s Img_1014s
(左; 頭をかく   足が、鳥とは思えない姿かたちですよね)
(右;あくび  ではなくて、これからペリットを吐き出そうという、その直前)

Img_1036s
(カラスの接近を警戒して、穴の奥へと隠れた。 かなり幹と一体化してしまい、あらためて保護色の意味を考えました)

Img_0228s_1 Img_0232s_1
(左: 猫の接近に、ようやく目を見開いて警戒)
(右: 更なる接近に、いやいや飛び立ち、10メートル先の枝に避難
  飛び出しを撮り逃したのが悔しい) 

 皆さんが、どの写真が良いと感じたか、教えていただければ嬉しいです。

 ところで、、、、、
 きょうご紹介したのはエゾフクロウですが、本州のフクロウやミミズクも、コノハズクなどを撮ってみたくなりました。と思いましたが、居場所を見つけるまでにまた時間がかかるんだろうなぁ。

| | コメント (2)

2007年3月11日 (日)

エゾシカ

 野付半島や釧路湿原などでエゾシカの姿をたびたび目にしました。

Img_9987s_2

 今や可愛いと思うのは北海道外から来た人と、一部の北海道在住のひとだけのようです。圧倒的に増えたエゾシカは固有の草や木の肌、作物などを食い散らかす害獣として撃たれる存在なのです。

 しかし、エゾシカたちもよく知っていて、時期になると鳥獣保護区に逃げてくるのだと、私を案内してくれた友人は言ってました。このためこの時期には300頭を越える群れがいてもおかしくないと。
 そこまでの大群には会えませんでしたが、若い雄やバンビ的な子どもを含め、かなりのエゾシカが集まっていました。

Img_0009s

Img_0001s   

Img_0017s_2

Img_9990s

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

奪い合い

 エサに集まっている様子はともかく、空中戦で奪い合っている様子ならいいかな。私的には、つたないながらもせっかく撮れたことですし。

Img_0089s
カモメの襲撃からはエサを守りきったオジロワシ幼鳥

Img_0094s
でも成鳥からの攻撃に、耐えきれずエサを落としてしまう
(落としたのは上の鳥)

Img_0100s Img_0102s
漁夫の利を狙ってエサを拾いに来たのは、また別のオジロワシ

Img_0106s
それをまたまた、別のワシが狙いにきた

 結局エサはどこへ行ってしまったのでしょう。
 朝日をバックに食べるオオワシ?は、こうした争いを抜け出した1羽だったということですね。

| | コメント (0)

遅い日の出

 ワシたちが騒ぎ出したわけは、観光船が港にエサをまいたからでした。

 ワシたちがまかれたエサをとったり、またすでに満腹となったものが悠然と帰っていく頃、水平線を覆っていた雲の上から遅い日の出が上り、あたりをそれらしい光で照らし出しました。

Img_0072s

Img_0078s

<メモ>
 この頃まで今年は流氷が羅臼の海を覆うことはなく、観光船はお客のため仕方なく港にエサをまいていたようです。ワシたちもそれを知っていて、港近くに集まっていたというわけです。本来なら、前回の写真や今日の写真は、陸からではなかなか撮れないものだったのではないかと想像します。

 エサに群がるワシたちの様子も撮りましたが、あまりにもワシたちのイメージを壊しそうなのでアップするのは見送ります。ワシたちもあの巨体を活かすためには格好を付けていられない、そういう姿でした。

| | コメント (1)

2007年3月 8日 (木)

夜明け前のオジロワシ

 羅臼の町にワシたちが集まる木がありました。
 流氷が近くになかった夜明け前、ワシたちが俄に騒ぎ始めました。

Img_0032s_1

Img_0038s

 自宅に帰って写真をパソコンで見た当初は捨てる候補だった写真たちなのですが、何度も見返すうちに、「意外といいんじゃない?」と思い始めた2枚です。
 2枚目の電線はいただけないですが、2枚の写真の色や雰囲気は悪くないとおもうのです。特に1枚目は、今ではお気に入りの一枚となっています。

 みなさんはどのように感じられましたか。感想・批評など書き込んで頂けると嬉しいです。

(2月24日撮影)

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

コオリガモ

 今にも雪か雨が降り出しそうに鈍よりと曇った日。あまりにも黒い水面に一度はカモの撮影を諦めたのですが、諦めきれず知床半島の漁港に立ち寄ったらコオリガモのペアがいました。

Img_9975

 天気の影響か、決して美しいとは思いませんでしたが、これも本州ではあまり見られない鳥。撮影せざるを得ないでしょう。
 私は決してライファーゲッターではないと思っていたのですが、多少、そのケがあるかも(^_^;

Img_9947 Img_9963_1
(左 ♀、右 ♂)

 ♀の第一印象は「お多福」でした。頬の模様がそんな感じに見えませんか?
 とすると♂は「ひょっとこ」かな。いや、むしろ、、、、なんだろう。
 じっと見ていると、なんだか綺麗な鳥にも見えてきたのが不思議です。

Img_9951
(顎のあたりが痒いらしい)

 けっこう潜水が得意のようですね。しょっちゅう潜っていたので、その間に近づくことが出来ました。海ガモである以上、潜らないとエサが採れないというこということなんでしょうね。
 何を食べているんでしょうか。3枚目の♂の写真をよく見ると、なんだか糸くずのようなものが嘴から出ているのが見えます。きっと植物の繊維だとはおもうのですが。

 漁港なので漁船も通ります。船の接近に驚いて飛び去ってしまいました。

Img_9976

(2月23日撮影)

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

ウルトラマン

 ミコアイサが「パンダガモ」と言われることがあるように、「ウルトラマンガモ」と言われることがあるのがシノリガモ。
 そんじょそこらでは見られないこのカモを見ることも、今回の道東旅行の目的の一つでした。

Img_9568s

 ウルトラマンと言われる所以は、もちろん顔にありそうです。
 正面から見ると、ちょっと吹き出してしまいそうになりました。

Img_9594s_1 Img_9595s

 よくもまあここまでワケのわからない意匠を身につけたものです。
 いや、お国のほうではこれが意外とカモフラとなって役に立つのかもしれませんが、北海道で見る限り、この柄は目立って仕方ありません。このカモがおいしいカモならば、漁師さんはこのカモだけを簡単に見つけだしてハントしてしまうことでしょう。

Img_9608s_1
(以上4枚 網走港にて)

 この鳥、そんじょそこらでは見られないと言いましたが、こと道東においては全くそんなことはありません。港やその周辺など、どこの海辺でも見られました。但し、基本的にはとてもとても警戒心が強く、たいていの場合は沖合100メートル以上のところに浮かんでいました。
 下の写真はその例ということで、私が最初に見た彼らをなんとか撮ったものです。

Img_9553s_3

 ちなみにこの写真。「滅多に見られないカモをみつけたら、是が非でも写真に納めるだけは納めたい」と思って、今回仕入れていった2倍テレコンを使用。なんと換算1600mmでは、三脚使用でこんなに良いお天気でもブレてしまっていました。
 自宅のモニターで映像を見て「もう、二度とテレコンは使わない、、、」と思いました。
 まあ、もともと「記録写真用に」とは思っていたんですけどね。もったいないので、どこかでもう一度、今度はレリーズも使って、脚は短くセットして試してみます。

(2月22日撮影)

| | コメント (2)

2007年3月 3日 (土)

ゴメ

 今回の北海道・道東の旅で一番頻繁に、どこででも見られたのがカモメたちです。残念ながらカモメには全く詳しくないので、驚きも喜びもあまりなかったのですが、関東ではあまり見られない種類も多いようです。
 北海道では、それらをまとめて「ゴメ」と呼んでいました。

Img_9577s
(網走港  向こうに見える白いのは流氷の残骸)

 そうしたカモメたちの、さながら品評会場と化していたのが濤沸湖の白鳥公園でした。
 とにかく、数が多い。ヒッチコックの『鳥』をイメージしてしまった人は、多分車から降りられない、そんな光景でした。

Img_9653s Img_9649s

 事前に調べていた情報や、図鑑などと照らし合わせてみると、このあたりに居たのはオオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメの3種類だったはずです。でも、現地でハンドブック片手に、「あれは○○で、こっちは△△で、、、」とやってみましたが、1年目の羽、2年目の羽、成長、などとそれぞれ少しずつ違うのです。ここには山ほど居るためにかえって混乱してしまいました。それぞれの種が居ることまでは確認しましたが、とうとう識別をあきらめてしまいました。

Img_9651s_1 Img_9667s

 せっかく間近で見られたので、ドアップも撮ってみました。カモメ嫌いのひとにはちょっとキツイかも。

Img_9637s Img_9638s

 で、結局この濤沸湖でカモメに対してはお腹いっぱいになってしまい、その後海辺で格好良く飛ぶカモメたちにカメラを向けることはほとんどありませんでした。今にして思えば、ちょっと後悔もありますが、しかたありません。

Img_0759s
(羅臼 流氷の上を飛ぶオオセグロカモメ)

 上の写真は、撮っていた僅かなカットのうちのひとつ。
 よく撮っていたものだと思います。これは海ワシを見るために乗った船から撮ったものですが、このときは右も左も海ワシで、持っていった記録メディアが満杯になりかけていたのです。

 そんなこんなで、真剣にカメラを向けていなかったゴメたち。ゴメン(^_^;

(上7枚 2月22日、ラスト1枚は2月25日撮影)

| | コメント (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »