« 神奈川へ | トップページ | ウルトラマン »

2007年3月 3日 (土)

ゴメ

 今回の北海道・道東の旅で一番頻繁に、どこででも見られたのがカモメたちです。残念ながらカモメには全く詳しくないので、驚きも喜びもあまりなかったのですが、関東ではあまり見られない種類も多いようです。
 北海道では、それらをまとめて「ゴメ」と呼んでいました。

Img_9577s
(網走港  向こうに見える白いのは流氷の残骸)

 そうしたカモメたちの、さながら品評会場と化していたのが濤沸湖の白鳥公園でした。
 とにかく、数が多い。ヒッチコックの『鳥』をイメージしてしまった人は、多分車から降りられない、そんな光景でした。

Img_9653s Img_9649s

 事前に調べていた情報や、図鑑などと照らし合わせてみると、このあたりに居たのはオオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメの3種類だったはずです。でも、現地でハンドブック片手に、「あれは○○で、こっちは△△で、、、」とやってみましたが、1年目の羽、2年目の羽、成長、などとそれぞれ少しずつ違うのです。ここには山ほど居るためにかえって混乱してしまいました。それぞれの種が居ることまでは確認しましたが、とうとう識別をあきらめてしまいました。

Img_9651s_1 Img_9667s

 せっかく間近で見られたので、ドアップも撮ってみました。カモメ嫌いのひとにはちょっとキツイかも。

Img_9637s Img_9638s

 で、結局この濤沸湖でカモメに対してはお腹いっぱいになってしまい、その後海辺で格好良く飛ぶカモメたちにカメラを向けることはほとんどありませんでした。今にして思えば、ちょっと後悔もありますが、しかたありません。

Img_0759s
(羅臼 流氷の上を飛ぶオオセグロカモメ)

 上の写真は、撮っていた僅かなカットのうちのひとつ。
 よく撮っていたものだと思います。これは海ワシを見るために乗った船から撮ったものですが、このときは右も左も海ワシで、持っていった記録メディアが満杯になりかけていたのです。

 そんなこんなで、真剣にカメラを向けていなかったゴメたち。ゴメン(^_^;

(上7枚 2月22日、ラスト1枚は2月25日撮影)

|

« 神奈川へ | トップページ | ウルトラマン »

コメント

私もゴメ大好き。函館生まれ

投稿: | 2008年1月 2日 (水) 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神奈川へ | トップページ | ウルトラマン »