« ウルトラマン | トップページ | 夜明け前のオジロワシ »

2007年3月 7日 (水)

コオリガモ

 今にも雪か雨が降り出しそうに鈍よりと曇った日。あまりにも黒い水面に一度はカモの撮影を諦めたのですが、諦めきれず知床半島の漁港に立ち寄ったらコオリガモのペアがいました。

Img_9975

 天気の影響か、決して美しいとは思いませんでしたが、これも本州ではあまり見られない鳥。撮影せざるを得ないでしょう。
 私は決してライファーゲッターではないと思っていたのですが、多少、そのケがあるかも(^_^;

Img_9947 Img_9963_1
(左 ♀、右 ♂)

 ♀の第一印象は「お多福」でした。頬の模様がそんな感じに見えませんか?
 とすると♂は「ひょっとこ」かな。いや、むしろ、、、、なんだろう。
 じっと見ていると、なんだか綺麗な鳥にも見えてきたのが不思議です。

Img_9951
(顎のあたりが痒いらしい)

 けっこう潜水が得意のようですね。しょっちゅう潜っていたので、その間に近づくことが出来ました。海ガモである以上、潜らないとエサが採れないというこということなんでしょうね。
 何を食べているんでしょうか。3枚目の♂の写真をよく見ると、なんだか糸くずのようなものが嘴から出ているのが見えます。きっと植物の繊維だとはおもうのですが。

 漁港なので漁船も通ります。船の接近に驚いて飛び去ってしまいました。

Img_9976

(2月23日撮影)

|

« ウルトラマン | トップページ | 夜明け前のオジロワシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウルトラマン | トップページ | 夜明け前のオジロワシ »