« コチドリの春 | トップページ | 相性 »

2007年4月16日 (月)

ブラインドの色

Img_0077s  本題には後ほど入るとして、きょうはまず、私がときどきブラインド代わりに使用するワカサギ釣り用テントをご紹介します。日本野鳥の会などに比べると安い(確か5~6千円)けど、効果ありの一品です。

 まずはスペックから。

 外見は普通のキャンプ用テントですが、もともとワカサギ釣り用なので、底面はありません。

 幅・奥行き・高さともに、たぶん150センチくらいはあります。だから撮影中は結構快適です。足を伸ばしては寝転べませんが、椅子に座って伸びをしたり、体を動かしたりするのに不都合はありません。

 レンズを出している窓は、もともとは虫除けネットが張ってあった覗き窓。ネットは切り取ってしまいました。座面30センチ程度の椅子に座って、ちょうど良い高さにあります。ジッパーで下から上へ閉じられるようになっているので、窓の大きさは調節できます。

 設置にはおよそ5分かかります。(もう少しかかるかな?正確には測っていません)。
日本野鳥の会の迷彩ブラインドに比べると大きなディスアドバンテージですね。モンベルのカモワッチブラインドに比べるとどうでしょうか?撤収にはもっとかかっています。

Img_0269s_1  収納すると、長さ約55センチの筒状になります(写真左側)。重さは約2キロ。登山用のリュックに入れても大きいですが、車やバイクで運ぶ分にはコンパクトで適当なサイズです。

 ちなみに写真右側はホームセンターなどで1000円で売っている折り畳椅子。折りたたんで平らになるタイプのものより安定していて座り心地がよく、持ち運びが楽です。

 このテントと椅子と三脚を250CCのスクーターの荷台に積んで、カメラ機材を荷室に入れて撮影に出かけるのが、テントを使うときのスタイルです。

 というのが大まかな紹介なのですが、ここからが本題。

 課題もあるのです。それは、このハデハデな色。これがどの程度野鳥撮影に悪影響を及ぼすのでしょうか。モズは7メートルまで寄ってきました。もっと地味な色ならもっと近くまで来てくれるでしょうか。あるいは迷彩なら、、、。

 そこで、今回コチドリの撮影にはこんなものを用意しました。

Img_0073s  ヤフーオークションで見つけた迷彩ネットです。うたい文句は「本物・赤外線を通さない」ということでした。2.4m×1.7mで1500円でした。2枚かけています。

 モノはレースのカーテンよりスケスケです。頭から被ってみると、昼間だと人間のシルエットは多少ごまかせそうです。 最近ときどきその格好でフィールドを歩いています。

 テントにかけてみると、多少はオレンジ色が押さえられました。ちなみにレンズにかけているのは100均で買った唐草模様のバンダナです。

 さてこうしたこと、効果あるんですかね?
 野鳥観察暦の長いある人は、「要は人間のシルエットが鳥を怯えさせるのだ」といいます。だから立っているより座った姿勢、座っているより腹ばいのほうが鳥が近くに来るのだと。シルエットさえ隠せれば何でもいいのだと。だとすると、このネットは意味があまりないことになりますね。

 それと、そもそも鳥の目を誤魔化すのに「迷彩色」は意味があるんでしょうか。
 イラク戦争などで暗視スコープで見た映像がニュースで流れていましたが、赤外線を見る道具を使った場合には、迷彩色はまったく意味を成していないことがわかります。(なのになんで兵士たちは今も迷彩を着続けるのでしょうか?白兵戦用?)

 じゃあ、紫外線を可視光線として捉えているという鳥の目には、どのように映るのだろう。虹の色を人間とは違った物に見ている鳥の感覚は、想像できないですが、きっと全然意味がないのではないか、そんなふうに感じることもあるんですよね。

 でもやっぱり、兵士たちは迷彩を着るし、モンベルや日本野鳥の会のブラインドは迷彩だし、やっぱりそれなりの意味がありそうな気もするし。

 いずれにせよ、気分的にこのど派手なオレンジ色だと、「鳥が寄ってこないような気がする」んですよね。だから、それこそ意味が薄そうなスケスケの迷彩ネットに3000円もかけてしまったわけです。そして、今の気分のままだといずれ我慢できなくなって、モンベルの迷彩ブラインドを買ってしまいそう。そんな衝動がときどき突き上げてくるんです。

 だれか、「鳥見に迷彩色は、全く、全然、これっぽっちも意味がない」という証拠、知らないですか?

|

« コチドリの春 | トップページ | 相性 »

コメント

 いや~、このスケスケ迷彩ネット、私も欲しいですね。ちょっとメールででも、フォロー情報ください!!!

投稿: birrrd | 2007年4月16日 (月) 23:28

birrrdさん、

ということは、このネットに効果アリと見たわけですね。
さっき、現在進行中のオークションページからメールを送っておきました。

投稿: みつわ | 2007年4月17日 (火) 06:46

 こんばんは。

 『ヒトの姿を嫌う』の説を支持しています。だから姿や動きがわかりにくくなればなるほど、トリの警戒心を惹起することなく待てる、撮れると思っています。
 参考程度のことですが、ウマに近づくときは前からゆっくりと、決して腕や手を動かしたりすることなく、目を見て…ということです。手の動きはウマには早すぎてビビらせてしまうようです。
 怪しまれない、脅かさないことが慣用ということだと思います。トリを相手に考えてみると、やはりトリに対して大き過ぎるヒトの姿を見せないこと(寝たり、しゃがんでいるとトリが近いという経験がありませんか)、動きを見せないこと(胃眠っていたらトリが近くに来たことは何度もあり)などなどが、それに当たるように思っています。

 だからテントのみでもよかったように思いますが、やはり派手過ぎる生地では…。トリは色盲や色弱という説も聞いたことがありますが、反射が抑えられて、環境に添うような色に近づけるのは、撮る方の気分にもいい影響があるように思います。


 ご紹介のモノ、早速手配しました。ついでに野戦グッズも(笑)。が、この手のモノがトリ撮り人に広くわたったら、実に世離れすることになりそうです。都会では警察に「職質」されるのでは(笑)???


 それにしても、情報をありがとうございました。

投稿: birrrd | 2007年4月21日 (土) 00:52

 誤字訂正、

 手の動きはウマには速すぎて…
 脅かさないことが肝要…
 居眠っていたら…


 でしたね。失礼しました。

投稿: birrrd | 2007年4月21日 (土) 00:56

birrrdさん

おはようございます。
 確かに、腹ばいの時には思いのほか鳥が近くに来てくれますね。
 それと、今月号(5月号)の「BIRDER]を見てて、やっぱり色について考えました。メスの気を引くためにオスが綺麗なことが多い、ということは、やっぱり鳥に対してもハデな色はよく目立つんですよね。
 逆に鳥に対して有効なカラーリングは、もし自由にデザインができるなら、ヤマシギなんかの配色を真似したいモンです。メスのカモでも良いかもしれません。猛禽や獣の目をごまかす色として進化したんでしょうからねぇ。
 いずれにせよ、多くの鳥屋の先達が経験で得てきたことは、やっぱりそういうことで、改めて意義を唱えるほどのことでもなかったということなのかもしれません。

 テント、やっぱり色を何とかしたいなぁ。

投稿: みつわ | 2007年4月21日 (土) 02:33

 もうポップアップ型の迷彩テントを求めたらいいんじゃないでしょうか。最近では改良品も出たようです。
 私も滅多に使いませんが、車にいつも入れています。カワセミを見つけて、それを撮るのに使ったのですが、近くの散策路を歩くヒトの目も欺くほどでした。もちろんカワセミに対してもバッチリでした。やはりこの手のモノは扱いやすいのが一番でしょう。かさや重量、設営や撤収の易さを考えると、ちょっと狭くて、ポップアップのヤツがいいな~と思います。それに軍事用のモノをかければ、相当気合い入るでしょう(笑)。


投稿: birrrd | 2007年4月22日 (日) 23:43

birrrdさん、

 「買ったほうがいい」、確かにそんな気がします。
 上にかけるのは、軍事用の「バラキュータ」とかいうやつですか?
 「ふぉとカフェ」のHPで、嶋田忠さんが紹介している映像では、多分モンベルのカモワッチテントにバラキュータを使用していますね。birrrdさんが買ったら感想を聞かせてください(笑)。

投稿: みつわ | 2007年4月24日 (火) 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コチドリの春 | トップページ | 相性 »