« ワンダフル水場 | トップページ | 水場のセンダイムシクイ »

2007年6月17日 (日)

水場のコルリ

 実はこの水場で見たコルリが、私のコルリ初見だったんですよ。
 それがね、水場に到着するなり最初にいてくれたのがコルリだったんです。実にあっけなく。カメラの準備も出来ていなかったけど、とりあえず撮ったのがこれ。

_mg_2712s

 距離およそ5メートルといったところでした。ピントが合いブレも収まった写真がようやく1枚あってホッとしました。

 この落ち着いた色合い、いいですねぇ。オオルリよりも落ち着いた色合いは、和を感じさせます。
 そして妙に長い足。これは何ゆえの特徴なのでしょう。進化の過程でなにか必要性があったのでしょうか。

_mg_3091s

 その後も数回、1時間に1回程度くらいかなという感覚でコルリは出てきてくれました。正午過ぎからはその足も遠のいたようでした。
 浴槽は奥の水場が好きなようでした。ったく、警戒心が強いのかなんなのか?

 そして風呂上りもやっぱり奥のほうで。
 とても暗い背景だったので、コルリの白い胸の羽毛はとても撮り難かったですね。でもその分早いシャッタースピードが切れたのかもしれません。

 風呂上りに水を切るコルリ。

_mg_2774s_1

<撮影後記>
 今回の水場での撮影は、日の丸構図になることを気にしないようにして撮っていました。なぜなら、あとで見返したときに「なぜこの写真の鳥は横にずれて写っているんだ?」と、自分で不満に思う写真が散見されるからです。対象を真ん中に置くことで、今回は少なくとも撮りたかった主題をハッキリさせることが出来たと思っています。
 あまりにも当たり前のことなんでしょうけどね。日の丸構図、侮れませんね。

<メモ>
 せっかくタケシンさんに頂いたご指摘のカラープロファイルですが、フォトショップを持っていないもので、手持ちのソフトでプロファイルを変更できているかどうか自信がありません。
 今後、デジタル処理や現像についても勉強しないといけませんね。

|

« ワンダフル水場 | トップページ | 水場のセンダイムシクイ »

コメント

 みつわさん,こんにちは。
 コルリかわいいですね。細くて長い足が,なんとも魅力的です。こんな写真を撮ってみたいです。「たまには,ちょっと頑張って有名ポイントへ」というみつわさんのご意見,このような写真をみると,とても説得力があって納得してしまいます。(^_^) 一度,思い切って行って見るのが大事なんでしょうね。でも,その時には,はずれるとショックが大きいような気がします。よく調べて行かないとダメですね。今日も,少し早起きして県内の初見ポイントへ行ってみましたが,全く成果なしでした。今の時期,オオルリ,キビタキ,ミソサザエ?など声は聞こえますが姿は全く。。。でした。
 みつわさんの今回の遠征は,宿泊ですか?それとも強行軍ですか?まだまだ,在庫がありそうですね。次回も楽しみにしています。

投稿: ジョビちん | 2007年6月17日 (日) 18:18

ジョビちんさん、

 こんばんは。
 今回は早起きしての日帰りでした。ほんと、行った甲斐はありました。

 東京というのは、ある意味ではすごく自然観察にいいところなのです。自動車を使うにしろ、公共交通機関を使うにしろ、2時間も行けば、さまざまな条件の場所に到達できます。西は富士方面、北西では八ヶ岳などの高原、北は多分那須高原まで行けると思います。便数(道路)も多いですしね。
 海にもぐる人にも伊豆や房総など、けっこういいポイントらしいです。
 問題は、この時期4時半の日の出に間に合うように移動しようとすると、かなり早起きになる(OR 徹夜)ということですね。眠い目をこすりながらファインダーを覗いているという人も多いのではないでしょうか。こればっかりは好きなことをしているのだからしょうがないですけどね。

投稿: みつわ | 2007年6月17日 (日) 22:29

フォトショップがない場合は・・・・
もしもRAWで撮影しているのなら、キヤノンの現像ソフトDPPでツール~環境設定へと進み、カラーマネージメントでsRGBを選べばOKです。その設定でDPPで現像されるすべての画像がsRGBになります。つまり、RAWの場合、カメラ側の設定のsRGBやアドビRGBは仮のもの(ホワイトバランスなどと同様)なので、あとで変更できます。
プリントなどでアドビRGBを試したいときには、ソフトをアドビRGBに変更してから現像すればOK。
RAWで撮影してもあとから変更できないのは、確か感度だけだったと思います。感度だけ、撮影時にちゃんと選へばいいのですね。

投稿: タケシン | 2007年6月19日 (火) 10:37

タケシンさん

 こんにちは。
 ご丁寧に教えていただき、ありがとうございます。(こんな細かなことまで教えていただいて申し訳ないような気もしてます。)雑誌などで断片的に覚えるのではなくて、やはりRAW現像について書いたムックなどでちゃんと1から勉強すべきなのでしょうね。

 それにしても大抵はフォトショップかその機能限定版をモデルにした本しか店に並ばないということは、やっぱり、どちらかのソフトを購入したほうがいいんだろうなぁ。なんだか悔しいなぁ。あるいはシルキーピクス?

投稿: みつわ | 2007年6月19日 (火) 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンダフル水場 | トップページ | 水場のセンダイムシクイ »