« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

本日快晴なり

 タイトルは本当はウソで、先日撮ったものです。

 長く続いた雨の季節が終わって最初に晴れた日。朝、あまりの明るさにびっくりして飛び起きました。そして外を見ると雲ひとつ無い快晴。あまり時間は無かったのだけれど、とりあえずカメラを持って河川敷に降り立ったわけです。

 こころがスカッと、そして浮き浮きする朝でした。

Img_5335s
 まだ雨の雫が残るアカツメクサ

Img_5341s
 朝の光を満喫しているワルナスビ。
 PLフィルターはうまく使わないと空が変な色になっちゃいますね。あと、ゴーストはフィルターのせいなのか、レンズのせいなのか?レンズはシグマ10-20mm。

Img_5424s

Img_5397s_1

 ミツバチは花から花へ飛んで蜜を集めているときは、人の存在はあんまり気にしないものらしい。近寄っても意外と平気でした。(マクロレンズ)

<ご連絡>
 いよいよ山形へ参ります。
 引越しのため、パソコンは明日パッキングします。現地でのインターネット環境が整うまで、しばらく更新できません。あしからずご了承ください。

 

| | コメント (4)

2007年7月28日 (土)

ツバメの子

   いや~、暑いですねぇ。
 神奈川ではここんとこ4~5日暑い日が続いているのに、梅雨明けが発表されてないなんて、こりゃどう見ても気象庁はタイミングを逃したな。

 せっかくいいお天気が続いているのに、仕事や引越しの準備で外に出られないんです。このままフィールドに出ることなしに神奈川を去ることになってしまいそうです。

 そんな私に救いの手を伸べてくれたのが、ツバメのファミリー。
 私がすんでいるのは集合住宅の3階なのですが、普段はうっとおしいだけのリビングの目の前にある電線に、先日ツバメのファミリーがやってきてくれました。

 そのときの様子を今日はコメント抜きで。(のんびりキーボードを叩いているとツマゴリラ<ママゴリラって歌、知ってます?そのパクリです>が出現しそうですから)。

Img_5478s_1

Img_5521s_1 

Img_5508s_1

Img_5509s

Img_5517s_2

Img_5477s

<撮影機材>
EOS30D+シグマ70-300mmF3.5-5.6
(ほんと、目の前で甘えのシーンを繰り広げてくれました。ツバメ子ちゃんたち、ありがとね)

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

マクロレンズでトンボ

 最近ずっと35ミリの付けっぱなしだったので、今回は60ミリのマクロレンズ(EF-S60mmマクロ)を付けて、いつもの洗足池にいつものモノサシトンボを撮ってみる事にしました。

Img_5123_s

 さすがマクロレンズ。寄れること寄れること。いつもより手前にトンボがいたせいもありますが、もう、レンズがくっつきそうです。久しぶりこの感覚(^^)! 撮りやすさも一段上ですね。

Img_5153s

 もっと寄った写真もありますが、出来がよくないので今回はここまで。
 寄りすぎるのも難しいものですね。

 いつもの水辺にはペアもいました。

Img_5131_s_1  勉強不足で恐縮なのですが、オスは青いほうでいいんですよね(^^;

 いつも青いほうが緑っぽいほうの上に乗って捕まえているし、たしか以前に下の緑っぽいほうが水面をお知りで叩いていたし。

 でもこの写真で何かを相手の体に差し込んでいるように見えるのは下の緑っぽいほう。これは何をするポーズなのでしょう?

 ちなみに、一番上のシングルトンボもさっきまではペアだったのだけれど、私の接近のせいで離れてしまったようです。スミマセン。

 モノサシトンボを撮った近くには可愛い小さな花も咲いていました。家に帰って調べてみると、どうやらこれはヘクソカズラ。

Img_5137s_1

 嗚呼、なんと言う名前なんでしょう。屁糞カズラ。そういう匂いがするのだとかしないのだとか。次に見かけたら、匂いをかいでみたいと思います。

 それからそれから、今回マクロレンズを持っているので、いつもの木の上でなく足元を良く見て歩いていたら、こんなトンボを見つけました。

Img_5170jpegs

 モノサシトンボよりももっと小さい。ちょっと目を離すと見失ってしまう小ささでした。
 調べてみると、これはアジアイトトンボと言って、けっこう普通に見られるトンボだそうです。と言っても、私は初めて見ました。
 意識の置き場所を少し変えただけで、これまで見えなかったものも見えるようになる。それを再認識させてくれた出会いでした。

Img_5174jpegs

 長さ3センチ強。
 この小さなトンボがこの小さな口で、さらに小さな小さな虫をフライイングキャッチする瞬間にも立ち会うことが出来ました。なんだか少し感動でした。

<メモ>
 今回使ったEF-S60mmマクロは、去年の夏に清里高原に行ったときに立ち寄ったカメラのキタムラにたまたま中古があって、衝動的に買ってしまったものでした。
 F2.8という明るさも、短焦点レンズという点も、デジカメを使うようになってからははじめての経験。そのボケの感じや写りの良さは、まさに目からウロコといった印象でした。35mmの短焦点を今年になって買ったのも、短焦点レンズの魅力を知ってしまったからでした。
 マクロレンズ購入後、むしろもっぱらわが子らを撮るスナップ&ポートレートレンズとして活躍してくれていましたが、今回これでトンボを撮ってみて、その価値を改めて見直しました。

 あ、そういえば最近は、エクステンションチューブは全く使っていないなぁ。

| | コメント (4)

2007年7月17日 (火)

河川敷の公園

 台風の強い雨が通り抜けましたが、子シジュウカラたちは河川敷にあるヤナギの林で元気に飛び回っていました。

Img_5053jpegs

Img_5040jpegs

 この場所は、自然の状況に余り手を加えず、元からあった林の中を歩きやすく整備した上、水路もちゃんと通してあって、小さな子どもでもおたまじゃくしやメダカなどを簡単に見ることができるようになっているところです。
 残されている天然の藪が、子シジュウカラの群れにとっては居心地が良いのでしょう。けっこう大きな、ほとんど子どもばかりの群れでした。

 ところで、子シジュウカラって、ネクタイが無いのですね。

Img_5050jpegs

 同じ場所で、こんなカタツムリを見つけました。↓

Img_5033jpegs

 殻が細長いタイプのカタツムリは見たことがありませんでしたので持って帰ろうかとも思ったのですが、生かしたまま持って帰れるような用意が手元に無かったので、写真を撮るだけで諦めました。

 マクロレンズを持ってきてなかったことにちょっと後悔ですが、EF35mmもなかなか捨てたものではありませんね。

| | コメント (2)

2007年7月13日 (金)

等々力緑地

 私が鳥撮りをはじめたのは去年1月。自宅から自転車で5分のところにある川崎市の都市型総合公園に居たメスのカワセミが最初でした。
 最近はとんとご無沙汰していましたが、転勤・引越しが決まり、再び行ってみたくなりました。

 多分同じ個体ではないですが、やっぱり1羽の人馴れしたメスが多くのカメラマンを従えて、小さな池を飛び回っていました。

Img_4846s

 池のハスは、去年は最悪だったのですが、今年は少し復活してきたという話です。
Img_4825s_1 Img_4567s

 そして池にはいろんな種類のトンボが、私の印象では去年よりたくさん飛んでいました。
Img_4574s
 私は、トンボの名前をほとんど知らないので手元のつたない図鑑を見ながらですが、、、上の写真はウスバキトンボでしょうか。でも羽の黄色いのは出てないので違うかも。

Img_4956jpegs Img_4939jpeg_tris
 上の2枚はギンヤンマ。ほとんど止まらず飛んでばかりいる上に、スピードが速いのでとっても撮りにくいですね。必ず飛ぶルートが分かったので、なんとかフレームにいれることが出来ました。

Img_4829s
 この時期に平野部の都市公園にいるということは、ナツアカネでしょうか。しきりとお尻で水面を叩いていました。

<メモ>
 久しぶりに行ったこの公園。その良さも再認識しましたが、足が遠のいた理由も改めて分かった気がします。
 今後私の写真歴がどのくらい先まで伸びるかはわかりませんが、その良い点も悪い点も含めて、この公園は今後も大事な場所のひとつとなりそうです。

| | コメント (2)

2007年7月 9日 (月)

コシロチカワイイ

 さて、私は誰でしょう?

Img_4791s

 タイトルで答えてしまっていました。シロチドリの子どもです。カワイイですよね。
 コチドリの子でなくて良かった。もしそうだったら「ココチ」になっちゃって、なんだかヘン。あ、「ココアジ」もヘンか。

 何がカワイイって、親鳥並みにすばやくチョコチョコ走るくせに何処となく抜けないつたなさとか、、、

Img_4797s Img_4789s

 そこら辺にあるものを気が向けばつついたり、虫の周りをくるくる回って格闘したり、、、

Img_4630s_1

 まるで、犬のコロが小さかったときのような可愛らしさです。あるいは猫じゃらしにやたらと飛びつく子猫のような、、、。

Img_4721s

 親に育てられているところは見たことがありませんが、きっとそれよりもこうして半独立して走り回っているときのほうがカワイイと思います。

<メモ>
 先日、コアジサシの子育てをご紹介した場所です。もうコアジの数はずいぶんと減っていましたが、今も抱卵中、育雛中、という個体もそれなりに居ました。時期にいくらかのずれがあるということでしょう。

 そこで見つけた子シロチ。
 親鳥は少しはなれたところにいましたが、見守っているのかほったらかしているのか分かりません。つかず離れずといったところで、接触は一度もありませんでした。
 見た雛は合計3個体。そのうち少し早く生まれたと見える1羽がとてもサービスが良くて、かなり近くまで接近してくれました。

 あと、見ていて気づいたのですが、遠くから肉眼で見ると、親シロチの方が子シロチよりも目立たない。外敵から身を守るという点においては、これはちょっとマズイんじゃないでしょうか。

 今回、本当はこの場所に行く予定ではなかったもので、テレコンを忘れたのは失敗でした。

| | コメント (4)

2007年7月 7日 (土)

命が育つ河川敷

 先日、これまた久しぶりに自宅裏手の多摩川河川敷に行ってみました。
 どんよりと曇っていて今にも雨が降り出しそうなお天気でしたが、地上ではほのぼのと温かい様子が繰り広げられていました。

 最初に見たのはオオヨシキリ。ピンボケですが、、、口にヨシの葉をくわえて飛んでいます。今もまだ巣作り、または巣の補強でしょうか。お父さん、まじめに働いています。Img_4496jpegs

 手前のハルジョオン?にはモンシロチョウ。
 この子たちが花から花へひらひら飛んでいる様子には癒されますね。
Img_4494jpegs

 しばらくこないうちにカルガモの子どもたちが孵っていて、しかもこんなに大きくなっていました。プチ遠征ばかりしていたことをちょっと後悔、、、。
Img_4501jpegs

 ハグロトンボは、数は多くないですがよく見かけます。でもこの日撮れたのはこの1カットだけでした。
Img_4536jpegs

 ゴイサギの幼鳥も飛んできました。ずいぶん大きくなっていても、羽の色はまだまだ子ども。狩もへたくそで、私が見ている間は結局一度も成功しませんでした。
Img_4549jpegs

 スズメの学校。
 あどけなさが残る子スズメたちがわんさかいました。そのワンサカぶりを獲ろうとしたけど、多動性症候群の彼らはじっとまとまっていることがありません。
 ちゃんと獲ろうと思ったら、やっぱりじっくりタイミングを待たねばならないようです。
 (それと、言い訳。。。。私は手持ち撮影が苦手です)
Img_4558jpegs

 この近くで穴を掘っているのは知っていたカワセミ。ちゃんとウォッチしていなかった間に、すでに2番子の子育て中だとか。しかもこの日、泥を嘴に付けての登場シーンもあったので、ひょっとして今シーズン3回目の繁殖を狙っているのかも知れません。
 子が飲み込みやすいよう、エサの魚の頭を先にしてくわえているこの姿がとても印象的でした。
Img_4557jpegs_1

<ご報告>
 転勤で山形市へ引っ越すことになりました。
 近くには蔵王高原その他の高地や最上川などもあって、ざっと調べたところ、まだ見ぬアカショウビンやコマドリ、イヌワシなどの猛禽などにも出会える可能性が高そうです。シギチは残念ながらあまり見られないのではないでしょうか。
 仕事が忙しそうなので頻繁には鳥見ができないかもしれませんが、今からワクワクしています。
 8月以降は山形の自然をご報告していくことになりそうです。

| | コメント (0)

2007年7月 2日 (月)

久しぶりの洗足池

 最近、会社に電車で通うようになった影響で道草を食えなくなっていました。だからバイク通勤途中にある大田区の洗足池に足を向けたのはしばらくぶりのこととなります。

 去年の今頃しきりと撮っていたモノサシトンボが、去年とほぼ同じところで見つかりました。

Img_4379s

Img_3444_tris  おつながりさんたちもいました。ちょっと小さくてわかりにくいかと思いますが、やっぱり片方(多分♂)がもう片方(多分♀)の首根っこを押さえつけて仁王立ち、という姿は相変わらずです。

 池のトンボでは、他にコシアキトンボの姿は見ることができました。○○ヤンマはこの日は見ることができませんでした。

 この池は、都心の公園の池としては、夏でもけっこう水質がいいほうなのではないかと思います。話によると、この水路上流数百メートルのところで湧き出している水が流れ込んでいるからだそうです。
 水路はハンゲショウの白くなった葉っぱが覆っていました。

Img_4391s

 池は多分全体が浅いのですが、水深10センチ程度のところも作ってあって、メダカやカメたちもたくさん見ることができます。

Img_3467jpegs Img_4383s
(左側の写真にはメダカらしき魚がいます。右側の写真にはアカミミガメではないカメがいます)。

Img_4396s

 池のほとり、暗いところにひっそりと生えていたカタバミ(だと思います)の色が印象的でした。

<メモ>
 今回アップした写真、撮影レンズはすべてEF35mmF2を使いました。

 先月買ったこのレンズ。安っぽいけどいい写りをするので最近気に入ってます。軽いし小さいし、これまで使っていた17-55mmF3.5-5.6に比べると段違いに明るいし。
 画角は、16mmの歪んだような広角効果を利用したいと思うようなシーン以外では、全然不自由に感じません。寄るか下がるか、足で簡単に稼げる範囲です。
 むしろ足をあえて使わず、その場で切り取れる範囲でどう切り取るかという撮り方もおもしろいです。つい全体を画面に入れようとする悪い癖を、修正してくれている気がします。

 そういうわけで、たまたま持っていたセットでたまたま立ち寄った公園を撮ったというのが今回の事情で、これはこれで悪くないな、、、と感じています。

Img_4387s

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »