« コチVSコアジ | トップページ | 命が育つ河川敷 »

2007年7月 2日 (月)

久しぶりの洗足池

 最近、会社に電車で通うようになった影響で道草を食えなくなっていました。だからバイク通勤途中にある大田区の洗足池に足を向けたのはしばらくぶりのこととなります。

 去年の今頃しきりと撮っていたモノサシトンボが、去年とほぼ同じところで見つかりました。

Img_4379s

Img_3444_tris  おつながりさんたちもいました。ちょっと小さくてわかりにくいかと思いますが、やっぱり片方(多分♂)がもう片方(多分♀)の首根っこを押さえつけて仁王立ち、という姿は相変わらずです。

 池のトンボでは、他にコシアキトンボの姿は見ることができました。○○ヤンマはこの日は見ることができませんでした。

 この池は、都心の公園の池としては、夏でもけっこう水質がいいほうなのではないかと思います。話によると、この水路上流数百メートルのところで湧き出している水が流れ込んでいるからだそうです。
 水路はハンゲショウの白くなった葉っぱが覆っていました。

Img_4391s

 池は多分全体が浅いのですが、水深10センチ程度のところも作ってあって、メダカやカメたちもたくさん見ることができます。

Img_3467jpegs Img_4383s
(左側の写真にはメダカらしき魚がいます。右側の写真にはアカミミガメではないカメがいます)。

Img_4396s

 池のほとり、暗いところにひっそりと生えていたカタバミ(だと思います)の色が印象的でした。

<メモ>
 今回アップした写真、撮影レンズはすべてEF35mmF2を使いました。

 先月買ったこのレンズ。安っぽいけどいい写りをするので最近気に入ってます。軽いし小さいし、これまで使っていた17-55mmF3.5-5.6に比べると段違いに明るいし。
 画角は、16mmの歪んだような広角効果を利用したいと思うようなシーン以外では、全然不自由に感じません。寄るか下がるか、足で簡単に稼げる範囲です。
 むしろ足をあえて使わず、その場で切り取れる範囲でどう切り取るかという撮り方もおもしろいです。つい全体を画面に入れようとする悪い癖を、修正してくれている気がします。

 そういうわけで、たまたま持っていたセットでたまたま立ち寄った公園を撮ったというのが今回の事情で、これはこれで悪くないな、、、と感じています。

Img_4387s

|

« コチVSコアジ | トップページ | 命が育つ河川敷 »

コメント

おぉ~ッ、久しぶりのムシですね。
1枚目、すばらしくよく撮れてますね。
モノサシトンボですか、未だ見たことがありませんが。
洗足池は車で通りすがりに見たことしかないんですが、あんな都会なのにいるもんですね~勉強になりました !

投稿: Koyapoo | 2007年7月 3日 (火) 00:34

koyapooさん

 こんにちは。
 Koyapooさんにそう言っていただけると嬉しいです。
 マクロレンズではないことと、水の上なので足場を固められないせいでここまでしか寄れませんでした。
 このトンボは去年、何のトンボか分からなかったのですが、このブログを訪れていただいた詳しい方が、モノサシトンボだと教えてくれました。そのとき自分でも調べましたが、似たような色で似たような大きさのトンボが結構たくさんいるんですよね。
 しかし、Koyapooさんが見たことがないというのはオドロキです。中原街道から見れば、池の一番奥の辺りにいますので是非、もっとすばらしい写真を撮ってください。

投稿: みつわ | 2007年7月 3日 (火) 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コチVSコアジ | トップページ | 命が育つ河川敷 »