« コシロチカワイイ | トップページ | 河川敷の公園 »

2007年7月13日 (金)

等々力緑地

 私が鳥撮りをはじめたのは去年1月。自宅から自転車で5分のところにある川崎市の都市型総合公園に居たメスのカワセミが最初でした。
 最近はとんとご無沙汰していましたが、転勤・引越しが決まり、再び行ってみたくなりました。

 多分同じ個体ではないですが、やっぱり1羽の人馴れしたメスが多くのカメラマンを従えて、小さな池を飛び回っていました。

Img_4846s

 池のハスは、去年は最悪だったのですが、今年は少し復活してきたという話です。
Img_4825s_1 Img_4567s

 そして池にはいろんな種類のトンボが、私の印象では去年よりたくさん飛んでいました。
Img_4574s
 私は、トンボの名前をほとんど知らないので手元のつたない図鑑を見ながらですが、、、上の写真はウスバキトンボでしょうか。でも羽の黄色いのは出てないので違うかも。

Img_4956jpegs Img_4939jpeg_tris
 上の2枚はギンヤンマ。ほとんど止まらず飛んでばかりいる上に、スピードが速いのでとっても撮りにくいですね。必ず飛ぶルートが分かったので、なんとかフレームにいれることが出来ました。

Img_4829s
 この時期に平野部の都市公園にいるということは、ナツアカネでしょうか。しきりとお尻で水面を叩いていました。

<メモ>
 久しぶりに行ったこの公園。その良さも再認識しましたが、足が遠のいた理由も改めて分かった気がします。
 今後私の写真歴がどのくらい先まで伸びるかはわかりませんが、その良い点も悪い点も含めて、この公園は今後も大事な場所のひとつとなりそうです。

|

« コシロチカワイイ | トップページ | 河川敷の公園 »

コメント

この飛んでいるトンボの姿が忘れられなくて、夕方挑戦してみました。まったくダメでした。
みつわさん、すごい集中力ですね。

投稿: ユキ | 2007年7月25日 (水) 23:04

ユキさん、

 おはようございます。
 こちらではようやく梅雨が明けそうで、青空のまぶしさがうれしいです。スイカをおいしく食べられる時期はもうすぐですよ(笑)。

 トンボをある程度ピントも合ってブレ過ぎずに撮れたのは、このときが初めてだったんですよ。なぜかこの日は何枚かうまく撮れました。もちろん無駄なショットを山と築いたうちの何枚か、です。

 一枚目の写真はお尻で水面を叩いているトンボなので、空中で止まる瞬間があります。2枚目、3枚目は小さな池の対岸の葦から数十センチのところにピントを合わせて、近くを通り過ぎたときに流し撮りの要領でひたすら連射。秒5コマ撮れるカメラのおかげです。3枚目も1枚目と同じですね。

投稿: みつわ | 2007年7月26日 (木) 06:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コシロチカワイイ | トップページ | 河川敷の公園 »