« 蕪栗沼(本編) | トップページ | 雪の翌朝 »

2007年11月22日 (木)

黄と赤と白

 18日から19日にかけて、山形市内で初雪が降りました。地元の人に言わせれば、この時期の初雪は珍しくないけど、これだけまとまって降るのは早すぎる、とのこと。言葉の裏には、できるなら雪は降って欲しくないという思いが滲み出てきます。
 雪の季節到来を喜ぶのは外から来た人だけなのかもしれません。盛岡で4年を過ごした私ですが、山形は初の冬。その意味ではまだまだ外から来た人なのでしょう。喜び勇んで、朝、出勤前に公園に出かけました。

Img_9502s Img_9510s

Img_9519s_3 Img_9522s_3

Img_9523s

Img_9524s

 久しぶりの雪の世界の入り口。
 もっと朝早く起きれば、赤と黄の世界にもう少し美しい白が見られたのだろうと思いますが、それでも十分楽しめました。
 これが、もう少し立つと(例えば今日はもっと本格的に降っていましたが)完全に白の世界になるのだろうと思います。それはそれで、また楽しみです。

|

« 蕪栗沼(本編) | トップページ | 雪の翌朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蕪栗沼(本編) | トップページ | 雪の翌朝 »