« 春の花 | トップページ | なかなか出会えない »

2008年4月21日 (月)

山腹の春

 先週ミズバショウやフクジュソウを見つけたあたり。小高い山の中腹にあって、とても素敵な場所だったので、また行って見ました。

 フクジュソウはもう花が枯れはじめていましたが、代わりに初めて見る花が咲いていました。

Img_7038s

 これがショウジョウバカマと知ったのは、ようやく今日のことでした。どこかで聞いたことのある名前。でも、昨日図鑑で調べてもわかりませんでした。
 紫色の花で調べていたのが失敗でした。図鑑は赤い花のところで載せていました。

Img_7039s

 私には、どう見ても紫なんですが。どうも赤っぽいのや白っぽいのもあるらしいです。
 飲みすぎに注意して、が花言葉だそうです。???。よくわかりません。

Img_7049s Img_7071s

 先週群生地で綺麗に咲いていたミズバショウたちは、今度はそのあたり、いたるところで白い花を咲かせていました。

Img_7068s

 雪解け水の水溜りで見つけたのは、カエルの卵。
 まったくなんのカエルのだか、私にさっぱりわかりませんが、かえるの卵。

 地面が水を吸い込んでしまう前にカエルになるといいね。

Img_7093s

 標高差はたいしたことはないと思うんです。けれど麓に下りてくると、こちらは春も佳境。あるいはすでに旬を通り越したという、そんな雰囲気です。
 土筆がこんなに大きくなって、、、。

Img_7117s

 やっぱり、春はなんだか微笑みこぼれる季節ですね。

|

« 春の花 | トップページ | なかなか出会えない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の花 | トップページ | なかなか出会えない »