« gyoromes had returned | トップページ | 深山の赤い鳥 »

2008年6月29日 (日)

ひっそりと林の中で

 私の中では、闇の中にひっそりと生きる鳥というイメージのサンコウチョウ。
 いつも暗い林でしか見かけることのない鳥です。しかし、だからこそファインダーに捉えた瞬間、アイ・リングの鮮烈な青さにハッとさせられます。

 青い目のインパクトが強すぎるために、長い尻尾というもう一つの特徴を、つい、忘れてしまいそうになります。

1img_9356ts

2img_9375s

3img_9393ts

4img_9399s

 「月・日・星 ホイホイホイ」。
 これは、神様から暗い林の中でだけ生きることを許された哀れな鳥が、いつか明るい世界に戻る日を夢見て鳴く、心の叫び。

 私がサンコウチョウについての絵本を書くことがあったら、そんな設定になりそうです。

<メモ>
 久しぶりに行ったフィールドで聞こえてきた特徴ある声。こんなに身近なところで見られるのかと驚きました。しかし、こちらも残念ながら営巣はしていない感じです。メスもいて番は成立している感じなのですが、いつもナワバリ内をペアで動き回っているようです。

|

« gyoromes had returned | トップページ | 深山の赤い鳥 »

コメント

みつわさん。今晩は。

私が,その姿を見られただけで大喜びしている間に,スズメを撮るような感覚でゲットされるのですね。(^_^)
羨ましい限りです~。

でも,

>これは、神様から暗い林の中でだけ生きることを許された
>哀れな鳥が、いつか明るい世界に戻る日を夢見て鳴く、
>心の叫び。

このくだり,たまりません~。
みつわさんならではの感性を感じて涙が出てきました。m(_ _)m

でも,営巣してるかしてないかまで判るんですね。尊敬してしまいます~。m(_ _)m

何か,秘伝の書があれば,是非,そっと教えて下さい。(^_^;)

投稿: ジョビちん | 2008年6月30日 (月) 22:21

ジョビちんさん

 こんばんは

 いや、営巣しているのかいないのかは、本当のところはわかりませんcoldsweats01
 ただ、2羽で動き回っているので、少なくとも卵を温めている最中ではないだろうな、と。あと、ヒナがいても、両親そろって出かけまくっているということは、よっぽどの不良親でなければないだろうなと思ったので、なんとなくそのように書いちゃいました。

 あと鳥との出会いは私の場合は多分に運任せですので、こちらも、なんともはあsweat02

投稿: みつわ | 2008年7月 1日 (火) 00:37

先日はメール頂きましてありがとうございます。
ブログ立ち上げてみました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: みさきパパ | 2008年7月12日 (土) 23:02

みさきパパさん

 こちらこそ、よろしくお願いいたします。

投稿: みつわ | 2008年7月14日 (月) 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« gyoromes had returned | トップページ | 深山の赤い鳥 »