« 深山の赤い鳥 | トップページ | ヤマセミ初撮り »

2008年7月21日 (月)

再びアカショウビン

 前回、暗い天気で苦労したアカショウビン。すでに子育て中であることがわかっていたし、もっときれいな写真も撮りたい、、、ということで再びポイントへ。

 到着したときには、再び霧。曇り。
 嗚呼、とため息が出ましたが、幸い、しばらくたつと天気が回復。前回とはまた違った様子も撮影することができました。

Img_0145s

Img_0158s

Img_0171ts 

 実は前回子育て中の巣穴もわかっていたのですが、地元の人たちが大切に観察中であったこともあり、私も掲載を控えておりました。今回ヒナが巣立ってしまったということで解禁になったようなので、前回の様子もあわせて、記録として掲載したいと思います。(でもやはり、場所の特定は避けさせていただきます)。

Img_9993ts_2
 親が運ぶエサを待つヒナ。
 辺りは大アカゲラやアカゲラも生息しているので、それらのどれかがあけた巣穴と思われます。
 先週の段階では、ここまで見えなかったのですが、中からは、ほぼ絶え間なくヒナの声が聞こえていました。鳴き声は、他の鳥のヒナと区別できないような、ピーピーというもの。声の数から複数居る事がわかっていました。

Img_0029ts
 餌を運んでくると、親鳥は一旦近くの枝に止まって様子を伺います。
 このポイントのペアでは、多分メスのほうが(ひょっとしてわれわれを警戒しているためか?)かなり長い時間エサをくわえたまま、近くの枝で待機しています。
 そこへオス?が別のエサを咥えて登場すると、先に来ていたメス?とピリリリリリリリーと小さな声で鳴き交わします。
 そしてあとから来たオスは、近くの枝に止まるものの、わずかな時間で巣穴に向けてエサを運んできます。

Img_9740s
 ピンもブレも甘いですが、私の実力ですのでご勘弁です。
 左の羽の切れている方が、多分オス。

Img_9624s
 羽のきれいなほうが多分メス。

 ヒナたちは先週はほとんどクチバシさえ姿を見せず、ただ、声と、エサが中に引きずり込まれる様子でその存在がわかる感じでした。

 親鳥はそうとう頻繁に、カエルだのトカゲだのを運んでいました。そのペースはわりと早くて、早いときにはオス、メス、そしてまたオス、と切れ間なく運んできていました。近くのモリアオガエルが全部居なくなるのでは、と心配したほどでした。(あとで、その心配は杞憂だったとわかりました)。

Img_0014ts_2 Img_0075ts  

 そして、この週末はご覧のように、クチバシがかなり目立ちます。先が黄色くて、クチバシ全体はどちらかといえば黒。頭はグレーっぽい印象でした。まあ、色は暗い穴の中でのことですので、当てにはなりません。
 また今回は、ヒナの声は相当にしっかりとしてきて、親鳥が去ったあとなどには、ピリッっと鳴いていました。時々聞こえたピリリリ、、、という声もヒナのものだったかもしれません。

 そして、そして、、、、。

 私が行った今回は土曜日でした。そのときは、上記のような状態まで。ところが、、、。

 一緒に観察していた人たちは日曜日にも現地へ行ったそうな。
 そしてヒナが巣立ったそうです。
 ヒナたちは、親に促されるでもなく、親の居ないときに、一羽、また一羽、と、全部で3羽が巣立って行ったそうです。そして、再び近くに戻ってくることはなかったそうです。

 くぅぅぅぅぅ、、、、、、、、。見られなかったcrying
 見たかったぁ。

 まあ、しょうがないですね。そういうモンです。ここまで見られただけでも、善しとしなくてはいけません。ハイ。

 最後の望みは、今回巣立ったヒナたちがちゃんと南の国に帰り、来年、立派になって再び山形の森に(できればマイフィールドに)帰って来てくれることですね。

 それまで、元気でね。chick

|

« 深山の赤い鳥 | トップページ | ヤマセミ初撮り »

コメント

みつわさん、こんにちは。
穴から顔を出すヒナの写真、びっくりです。
恐々顔出してるんでしょうね。
来年こそは私もサンコウチョウ、アカショウビンがんばります。

投稿: みさきパパ | 2008年7月22日 (火) 17:43

みさきパパさん

 こんにちは。

 レスがとても遅くなってスミマセン。

 サンコウチョウの場所には、そこに居たおじさんによると毎年来ているそうですので、来年は見られると思いますよ。あと、県道18号を山間に入った辺りを車で走っていたときに谷を渡っていったのを目撃したので、声を頼りに探せば見つかるはずですね。ちなみに明るい空(<ここが重要)を渡っていくサンコウチョウの長い尾は、ユラリユラリと揺らめいて、とても幻想的でした。

 アカショウビンについては、今シーズンで居そうな場所のイメージがつかめましたので、来シーズンはマイ・アカショウビン・ポイントを見つけたいと思っています。やっぱり近いほうがいいですもんね。出勤前でもいけるようなhappy01

投稿: みつわ | 2008年7月26日 (土) 21:44

こんばんは(^^)
先日は 大変お疲れ様でした お世話になりました
来年は是非
マイポイントさがしてくださいね
いがいな所にも居るんですよ(^^)
では また(^^)/

投稿: sawa | 2008年7月26日 (土) 23:16

みつわさん。こんにちは。

アカショウビンの巣ってこんな感じなのですねぇ。
とても勉強になります。でも,何か,イメージと違っていて意外な感じがしました。貴重な,生態写真有り難うございます。

でも,アカショウビンやサンコウチョウって,今年の経験から,やっぱり営巣場所を探さないと,写真を撮るのはとても難しいことがわかりました。

また,色々,教えて下さい。

投稿: ジョビちん | 2008年7月27日 (日) 15:29

>sawaさん

 こんばんは。

 はい、ガムバッて探してみます。まずは、森の奥にある湿地ですね。
 でも、、、。
 見つからなかったら、またお邪魔するかも、です。そのときはまた、よろしくお願いしますhappy01

>ジョビちんさん

 こんばんは。

 以前にサンコウチョウの巣を見たことがあるんですが、あれは芸術品ですね。擬態の。わかっていても、ちょっと目を離すと、目印の樹の根元から順にたどっていかないと見つけられない、そんな感じでした。だからひょっとしたらジョビちんさんの頭の真上に営巣場所があったかも、ですよ。

 と思って、私も今回目を皿のようにして山道から随分探しましたが、見つけられませんでした。まあ、彼らにしてみれば、見つからないほうが良いんでしょうから、これで良かったのだということに、、、。

投稿: みつわ | 2008年7月27日 (日) 21:59

みつわさん、こんばんは。
2週間ほどまえですが、ある場所でサンコウチョウの声を聞きました。
教えていただいた場所から地図上で北に5kmほどのところに山があります。
その山頂から東に7~800mのところに溜め池があります。
溜め池のそばに杉林があり、その中から聞こえてきました。やぶがひどく、入っていけなさそうなので断念しました・・・来年こそは!です。
アカショウビンポイント探し、協力させてください。

投稿: みさきパパ | 2008年7月29日 (火) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深山の赤い鳥 | トップページ | ヤマセミ初撮り »