« 再びアカショウビン | トップページ | 瓢湖のヨシゴイ »

2008年8月 3日 (日)

ヤマセミ初撮り

 自宅から40分。とても冷たくてきれいな水が流れている、私の大好きなところで、今日はヤマセミを見てきました。初撮りです。

Img_0527ts

 到着したのはすでに5時過ぎ。ヤマセミはすでにポイントに到着していました。おかげで、とまる枝を確認することができ、彼(?)が一旦飛び去った隙に迷彩布を張ることができました。

Img_0535ts
(こんにちは、と言われている気分でした。)

 ブラインドを張って待つこと10分。すぐにヤマセミは戻ってきました。

 カメラからの距離は目測でおよそ20m~30m。
 この場所は、きっとカワセミにとって、多少違和感を感じても我慢して戻ってくるべき絶好のハンティングポイントなのだと思われます。

Img_0555s
(ノートリミングだとこんな感じ)

 実は、先週も挑戦したのですが、そのときは一瞬目の前を横切って、それっきり。そこは以前から目を付けていた場所だったのですが、少しポイントがずれていたようです。(先週更新がなかったのはそういう訳ですcoldsweats01)。
 なのでその日の帰りがけに少し上下流を歩いて、目星をつけておいたのが今回の場所。幸い、どうもそれがドンピシャだったようです。

Img_0572s

 一度だけ、おもいっきりサービスしてくれたのが上の写真。距離は5m程度だと思われます。
 myブラインドは、一枚の布を園芸用の棒にかけただけ。私の姿も見えていたのではないかなぁ。私は見られないよう、カメラのアングルを最大限近くまで上に向けて、できるだけ頭を下げていたのですが、今にして思えば、例え見つかっても肉眼で見ておくべきだったなぁ、と少し後悔です。

 そうした努力が功を奏したのかどうかはわかりませんが、その後何度か、彼は私の目の前でハンティングを見せてくれました。

 まずは、失敗シーン。(写真も失敗、、、、ご勘弁!)

Img_0584s Img_0585s
Img_0591ts
(これだけちょっとお気に入りgood

 そして、成功ハンティング。

Img_0595ts
Img_0596ts_2 

 捕まえたのはヤマメでした。

 あとからこのポイントを改めて上のほうから見てみると、20センチ以上級のヤマメやイワナがたくさん泳いでいました。釣りのポイントとしても一級の淵のようです。

 う~、、眠らせていた私の中の釣りの虫が、、、、。

 じゃなくて、、、。
 少し水深があって、魚がたくさん居て、回りの崖や木々でいくらか閉鎖的で、そしてとまるのに良さそうな枝がある場所、、、、。ヤマセミの居そうなそんな場所、もっと近くにないかなぁ。

<備考>
 もう、お気づきの方も多いと思いますが、私のブログで使っている写真は、写真の上にカーソルを置くとファイル名が出ます。数字のあとに小文字で「t」とあるのはトリミングした写真です。念のため。ちなみに「s」はファイルを小さく縮小したものに付けてます。

<撮影後期>
 三脚を並べてアカショウビンを撮っていた人たちが、「アカが巣立ったら、次はまたヤマちゃんに戻るかなぁ」と言っていたことが頭に残っていて、「私もやっぱり一度は撮ってみたい」と思ったわけです。
 「ヤマセミはブラインド必須」なんてのが面倒くさがりやの私は二の足を踏んでいたのですが、その人たちからすばらしい写真をたくさん見せられて、発奮してしまったと、、、。ま、脳細胞が単純にできている私でした。

 まだ、「ちゃんと撮った」とは言えませんが、ひとまず満足しました。
 私をそそのかしてくださった皆様、ありがとうございました。 

|

« 再びアカショウビン | トップページ | 瓢湖のヨシゴイ »

コメント

みつわさん。今晩は。

う~ん!!!う・ら・や・ま・し・い!!

私の心の中では,未だにヤマセミがトラウマになっています。(^_^;)

ヤマセミのチャンとした写真。どうしても撮りたいです~!!

でも,距離5mなんて,私には夢のまた夢。なにせ100m超からしか見たことないので。。。。(^_^;)

でも,ちょっと見て,大体,見定めた場所がドンピシャリ!!なんて,やっぱり,才能の違いですかねぇ。はぁ~。(^_^;)

投稿: ジョビちん | 2008年8月 3日 (日) 23:58

おはようございます。
おもわず「ちょっとお気に入り」の手と握手してしまいましたぁ♪ へへ 
すごいなぁ。たのしいなぁ。

投稿: ユキ | 2008年8月 4日 (月) 07:49

こんばんは
ヤマセミ初撮り おめでとうございます!
ブラインドお持ちなんですか~ さすがですね。
来週も素晴らしい出会いがありますように!

投稿: ど★れどれ | 2008年8月 4日 (月) 17:56

5mのヤマセミ、すごいですね~
みつわさんの探鳥能力の高さには驚きです。
カワセミとは2mほどの距離でにらめっこしたことありますが、ヤマセミからはいつも「ケッケッケッ」と笑われて逃げられています。

投稿: みさきパパ | 2008年8月 4日 (月) 22:13

>ジョビちんさん

 こんばんは。

 ヤマセミとうまく出会えたのは、多分に幸運だったと思います。以前見つけたときは、単に車で走っているときに、横の川を飛んでいるのが見えただけでした。それを「目をつけた」と言ったのは、ブログ特有の誇張表現だと思っていただいていいかと思います。
 先週、下見のつもりで行ったときに、ただ一度とは言え、2羽が目の前をバトル?しながら横切ったので、「あっ、ポイントは近い」と感じたわけです。これが幸運でした。この2羽との出会いがなければ今週もう一度その川に行くことはなかっただろうと思います。

 ジョビチンさんの近くには立山があるわけですし、きっと近いうちに出会えると、本気で思います。みんなが渓流釣りで入るような川が良いのではないかと、今回だけの経験からそう思います。

>ユキさん

 こんばんは。
 ね、両手を広げた感じ、いいでしょ。若人よ、来たれ!っていう雰囲気で。あっちを向いているのがナンですけど。

 最近、ユキさんのブログでコメントできないのが寂しいです。

>ど★れどれさん

 ブラインド、といえばカッコいいですけどねぇ、、、。迷彩柄のツイルの布の真ん中を切り裂いただけの代物ですから、これもブログ特有の誇張表現かもcoldsweats01
 でも、今回で、まんざら捨てたものでもないなぁと。きっとテントの形のブラインドだと、あの場所には建てられなかったと思います。

>みさきパパさん

 単に、ヤマセミの匂いがしたんですよ。
 というのはまったくの冗談で、上のジョビちんさんのところで書いたような次第でした。
 5mの距離は誇張じゃないですが、そんなチャンスはきっともうあれきりだろうと半ば諦めています。
 ただ、この川は釣り人が結構入っている川なので、人馴れしているのかも知れません。カワセミでも、人馴れしているヤツとそうでないヤツがいますもんね。

投稿: みつわ | 2008年8月 5日 (火) 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再びアカショウビン | トップページ | 瓢湖のヨシゴイ »