« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土)

内沼

 地図を眺めていて気づきました。
 へぇ~、伊豆沼・内沼って蕪栗沼からそう遠くないんだ、、、。

 というわけで、ちょっと足を伸ばしてみました。

Img_9097s

 この頃はすでに天気は曇り空。ほんと、最近の空は安定しない。去年T氏と来たときのような、青空を映した湖面を期待していたのだけれど。

 と、どこか近くであまり聞いたことのない声が聞こえてきました。
 見るとオナガガモのメスたちが、胸をくっつけあって騒々しい。

Img_4134s

 なにやら不穏な雰囲気、と思っている間に、あっ、やっぱり。
 ケンカを始めました。

Img_4136s

 あの愛らしくおとなしそうな顔をしたオナガガモのメスも、ケンカなんてするんだなぁ、なんて思っていたのですが、どうやらニンゲンが撒いているエサの奪い合いが原因らしい。よく見ると、あちらでもこちらでも似たような騒動が勃発してました。

Img_9105s

 この場所の駐車場には発泡させたコメのエサが置いてあって、ちゃっかり一袋100円で売っているのです。
 カモたちもちゃんとそのことを知っているらしく、ビニール袋をぶら下げたニンゲンが来ると、ご覧のとおり。

Img_9109s

 「ハンメルンの笛吹き」状態です。

 そうそう、この場所で面白いものを発見しました。
 とてもとても精巧にできた、ラジコンのオナガガモ。

Img_4117s

 まるで本物みたいでしょ。
 他のカモと一緒にニンゲンにくっついて行って、ちゃんとエサをもらっていました。上手に飛ぶこともできるみたいですよ。

 って、本当にそんなラジコンがあったら、欲しい人いるんだろうなぁ。私も欲しいです。

| | コメント (4)

2008年11月28日 (金)

久しぶりの鳥見

 みなさん、鳥さん、大変長らくご無沙汰しておりました。

 ほぼ3ヶ月ぶりに鳥見に行ってきました。
 この間、仕事がとても忙しく、なのでたまの休みや朝・夜間とも鳥見に行けず、他所のブログに遊びに言っても書き込みする気持ちの余裕もなく、ましてや自分のブログを更新する余裕もネタもなく、、、、といった状態が続いておりました。

 ようやくゆとりが生まれて、絶対鳥を見たい、撮りたいと思って選んだ場所は宮城県の蕪栗沼。ここなら「鳥を見つけられない」ということがないと思ったわけです。

 天気は運良く午前中は晴れ。本当に久しぶりに開放感に満たされた一日となりました。

 ちなみに、更新が今日になったのは、写真を選んだり加工したりする作業が眠くて進まなかったからです。

 というわけで、ようやく選んだ写真たち。順不同で申し訳有りませんが、とにもかくにもアップいたします。

Img_3947s
東の空が明るくなっても、南の空はまだ暗い

Img_3767s_2
到着した5時30頃、辺りはまだほとんど真っ暗で下弦の月が目立っていた。

Img_3815s
東の空が明るくなった頃、数万羽とも思われる雁たちが一斉に行動を開始。
何度見ても圧倒され、感動するシーンだ、、、。と言ってもこれが2回目(笑)

Img_3737s
雁たちは、小グループごとに思い思いの方向へ飛んでいく

Img_3788s
空が真っ赤に焼けた頃。日が顔を出す直前だったか、直後だったか、、、。

Img_3800s

Img_3827s

Img_3864s
露出をかなり絞っているが、この写真の左側ではすでに日が顔を出している。

Img_3911s

Img_9061s
完全に日が昇ると、上空を飛ぶ雁の姿がはっきりとわかる。
頭上近くを飛んでいくので200mmでも十分だ。
私の唯一の白レンズが威力を発揮してくれる。

Img_4082s
早朝、思い思いの田んぼへ飛んでいった雁たちが、9時頃になると沼近くの田んぼに戻ってくる。3~4時間の間に他所の田んぼでたらふく落穂を食べてきたのだろうか。

Img_4087s
未熟者ゆえ、最初ハイイロガンかと思ってしまった幼鳥のグループ。
どうやら私はクチバシの色と付け根の色でしか識別できないようだ。

<メモ>
 順不同としたのは、撮影した本当の時間よりも、撮影したときのカメラを向けた方向とか露出の設定とかで、撮れた写真が自分の目で見たイメージに近い順番に並べたかったからです。

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »