« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月 9日 (月)

庄内地方の底力

 1日の休みを得て、庄内地方(山形県の沿岸地域)に鳥見に行きました。狙いはネット上で情報のあったユキホオジロ。数年前に北海道に行ったときには見られなかった鳥です。

 正確な場所はわからないものの、アバウトな情報を元に探すこと2時間。もう諦めかけた頃に行った先で見つけたのは車2台。
 「ん?怪しい。」そう思ってよく見ると、砂浜にバーダーらしき4人の人影が。

 いまどき知らない地域で、珍しい鳥を探すなら、バーダーを探せってネ。

Img_0373s

Img_0331s Img_0335s

Img_0420s

 ユキホオジロ。可愛いですねー。庄内まで来た甲斐がありました。
 この白さと、地味な背中(小石が混じる荒い目の砂浜では、かなりの保護色)がなんともいえない味を出してます。
 あまり他では見かけない色味ですね。

 ところで、浜辺の4人のバーダーのうち、なんと2人は知り合いでした。一人は前回悠創の丘で初めてお会いしたNさん。そしてもう一人は、去年、庄内の山で鳥見をしたときに出会ったSさんでした。

 しばらく撮影したあと、Sさんから願ってもないお誘いが。曰く「ガン類を見に行くけど、一緒に行く?」とのこと。
 「はい。お願いします。」

 Sさんの車に乗せてもらって鳥を探した庄内平野の田んぼ。浜で分かれたNさんには申し訳ないほど、このあと幸せな鳥見が続くこととなったのです。それは、、、。

 滑り出しはこの子。

Img_0439s

 ハヤブサの若鳥。産毛が翼の下からチロチロと顔を出し、1年くらいの幼鳥じゃないかとSさんはおっしゃってました。

 続いて、いきなり本日のメーンイベント。ジャジャーン。

Img_0440s

 多分オジロワシの幼鳥だとのこと。

 トビと較べてもカラスと比べても、その大きいこと。おまけに鋭い眼光、幼鳥とは言え王者の風格が漂っていました。
 多くのトビやカラスが集まっていたので訝しく思って近づいてみると、なにやらまわりのトビより、はるかに大きい猛禽が居るではないですか。

 オジロの幼鳥がこの辺りまで来ることは珍しいらしく、クマタカの幼鳥の可能性もあるとのことでした。

Img_0454s

 田んぼに降りたオジロワシ、、意外だけれどカッコイイっheart02

 でも、これで終わりじゃないんです。

 お次はこちら。

Img_0477s

 お分かりですかぁ?ちょうど中心くらいのところに居るのはオオワシ。
 オオワシやオジロが来るなら、わざわざ北海道まで行かなくとも、、、(行きたいけど)近場で見られるということですね。

 で、同じ場所でさらに一種。

E0090484ts
(Sさんのカメラとレンズで撮影 オリンパス 画像がシャープ!!)

 分かりますかぁ? ふむふむ、分からない。そうですか。じゃあ、これで。

Img_0499s

 クマタカ。

 まさか、こんな人里で見られるとは、、、。

 Sさんによると、クマタカは森の鳥のイメージが強いが、エサが乏しい冬になると里に降りてきて、カモなどを狙うのだそうです。

 カッコ良くて、震えました。初見です。

 この日の猛禽まつりで出てくれたのは他にも居て、トビはもちろんノスリやチョウゲンボウもしっかりと普通に田んぼ付近で見ることができました。
 見られなかったけど、ケアシノスリもいくらかは居るはず、とのこと。早朝に来ることがあるならばと、ハイイロチュウヒの出る可能性の高いところも教えてもらいました。張るか遠くにはオオタカらしき姿も確認。
 なんと今日だけで、5種類前後の猛禽を見ることができたわけです。

 自分の中では密かに「今年は猛禽を見る」をテーマにしていただけに、とっても嬉しく、充実した1日となりました。

 Sさん、本当にホントにありがとうございました。今回の鳥見はSさんのご親切がなければ到底成しえなかった快挙です。
 鳥運のなかった今年の滑り出しでしたが、この日でそれは吹っ切れたに違いありません。本当にありがとうございました。

 ようしっ、次回の鳥見からは鳥運が戻るに違いない!
 バンバン見て、バンバン撮るぞーっ。

| | コメント (5)

2009年2月 3日 (火)

鳥運?

 もう2月に入ってしまいました。
 どうも、今年(あるいはこの冬)は鳥運が悪いようです。

 1月は、実は何度か鳥見には行っているんです。「アトリが見たい」とか「マヒワを撮りたい」とか思って出かけるんですが、そのたびに挫けて帰ってくる日々、、、。

 先日の山形市の悠創の丘もそうでした。
 見られるのは毎度おなじみツグミやシジュウカラばかり。かろうじてウソを今シーズン初めて目にしました。

Img_9946s

Img_9979s

Img_0004s Img_0045s

Img_0052s

 あと、実は写真撮影の基本的なウデも落ちているみたい、、、。

 上の写真からもわかるように、ピントやブレ写真量産なんです。もちろん三脚はつけていますよ。撮り方も機材もこれまでどおり。なんだけど、、、。
 遠い被写体ほど、とっても鈍い写真になります。ブレ幅が大きいということなんでしょうか。
 私としては、機材の劣化ということにしたいのだけど、そんなことはないんでしょうねぇ。

<撮影後記>
 この日の撮影で、いつかお会いしたいと思っていた山形のバーダーのお二人に会うことができました。KさんとNさんです。しゃべっていると、鳥が見られないことも忘れて楽しい時間となりました。KさんNさん、またご一緒させてください。

 一方でKさんによると、前日には同じ公園でハギマシコやアオバト、ハイタカなども見られたそうで、自分の鳥運のなさを改めて認識したわけで、、、(;ω;)

| | コメント (5)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »