« 庄内地方の底力 | トップページ | 3月は市内で »

2009年3月 6日 (金)

春は来たか

 山形市内を流れる須川に行って見ました。
 雪は有りませんが、まだまだ枯れ草だらけの荒涼とした河川敷でした。

 そこで見つけたのが、トビの巣。ちょうど巣作りの最中だったようで、交互に飛び立っては巣材を運んでいました。

Img_0307s Img_0311s

 撮影ポジションが悪く枝カブリが酷いですが、2羽が抜けた隙に周辺を歩くと、巣が良く見えそうなポジションもあり、今年は今後ちょくちょく観察かな。

 トビたちにとって、私たちニンゲンがどう見えているのか知りませんが、ニンゲンよりも厄介そうなのが、カラス。隙を狙っては、巣材を取り去ろうとするなどちょっかいを出してきます。この日は初めてトビがカラスを追うシーンを見ました。

 それとは別ですが、巣の近くで見られたノスリとカラスのやりとり。

Img_0300s

 カラスがまず、嫌がらせのようにノスリにちょっかいを出し、ノスリは少しイラッっときて威嚇。動じないカラスに、さらに大きなアクションで追い払った、、、というシーンです。

 この須川は、以前から通りがかるたびにトビなどの鳥の飛ぶ姿をよく目にする場所。実は今回の目当ては他の猛禽探しでした。結局、探す、という行為は特にしませんでしたが、オオタカを見ることができました。

Img_0384s

 この個体も、当然のようにカラスに追われて、すぐに去っていきました。
 猛禽はこのほか、チョウゲンボウらしき鳥が飛び去ったのを見たくらいでした。

 猛禽4種。こんなもんでしょうかね。もっと見られそうな気がするのだけれど。

 と、隣の林で先ほどから騒がしい鳥たち。ムクドリだと思い込んで放っておいたのだけれど、まあ一応、ということで双眼鏡で確認すると、、、。

Img_0331s Img_0348s Img_0372s

 黄レンジャクの群れでした。とても数えられませんが、ざっと50羽はいたのではないでしょうか。
 しばらく堤防に近いこの木で騒がしく遊んでいましたが、私が撮り始めると、大半が遠くの杉の木立へと飛んでいってしまいました。後にはこの写真に写っている数羽が残っただけとなり、賑やかな印象の写真は撮れずに終わりました。残念。

<メモ>
 須川は山形市内を南から北へと流れる小さな川。水は決してきれいではありません。
 岸辺の風情もあまり良くないのですが、それでもそれなりに藪があったり林がにあったりするので、本当はもっといろんな鳥が見られるはずだと思います。
 冬はカモも浮かぶのでオオタカなんかはもっと見られるはずだとふんでいるのですが、実際に私が見たは今回が初めてでした。

 上流の上山市あたりでは田んぼなども近く、多少は風情もあります、一度、じっくり歩いて観察してみるべきかな。

|

« 庄内地方の底力 | トップページ | 3月は市内で »

コメント

みつわさん。今晩は。
キレンジャク、私も見てみたいです。
確か、北のほうはキレンジャク、南のほうはヒレンジャクでしたっけ?
2年前は、こちらはヒレンジャクでフィーバーしましたが、それ以来見ていません。その時には、キレンジャクも混ざって居たようですが、私は見られませんでした。
明日は、取り敢えず、ヒレンジャクを探しに行く予定です。(^_^;)

投稿: ジョビちん | 2009年3月 6日 (金) 22:12

ジョビちんさん こんにちは

 レンジャクは、美しいけど人相は悪い鳥ですね(笑)

 こちらでは見られるには見られますが、やはり、いつでも何処でも、というものでもないようです。
 おっしゃるとおり、確かに私が山形でみたレンジャクは、数回ともキレンジャクでした。

 ヒレンジャク見られると良いですね。

投稿: みつわ | 2009年3月 7日 (土) 11:06

こんばんは(^^)
なかなか調子いいんでないかい(^^)v

野鳥探す時は 「こんな所にはなぁ~んにも居ないだろう」
と言う考えは やめましょうね(^^)
それが 案外居るんですよ~
特に人の近くに 居る事多いぞぉ~~
なぜなら 野鳥は毎日食事採らないと生きていけない
簡単にエサにありつける所がいいに決まってるからね
人間の食べ残しや 畑の穀物 野菜 とか狙ってるぞ
売りに出せない穀物や野菜を 捨ててる所は 腐ると虫もたくさん産まれる
そこが ねらい目だよ(^^)
まぁ~私の観察だから あてにしないように!(^^:)アハハ

投稿: sawa | 2009年3月11日 (水) 18:53

sawaさん、こんばんは

 おっしゃること、わかります。
 私は以前、ブラックバス釣りをしていたのですが、その面白さは、魚の視点で、「今何処でエサを食いやすいか」とか、「何処に潜むのが快適か」などいろんな条件を考えて、狙った場所で狙い通りのルアーでつれた瞬間なんですよね。
 ただ、鳥の視点で考えるにはまだまだ思慮が浅く、知識も足りないようで、どこに居るのか想像がつかないんですよね。似たような場所でもよく鳥が見られる場所とそうでない場所が歴然と有るのはわかるのだけれど、その違いがわからない。あと、同じ場所で同じような天気でも鳥が居る日といない日がありますよね。
 何を考慮に入れると見つけやすいのか、、、。

 その辺のコツを、一つといわず、もっともっと教えてくださいhappy02

投稿: みつわ | 2009年3月11日 (水) 23:25

追記

 先日、再び同じ場所に行ったら、まだレンジャクの群れが居ました。基本的にはキレンジャクの群れでしたが、中に何羽か、ヒレンジャクも混じってました。

投稿: みつわ | 2009年3月11日 (水) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庄内地方の底力 | トップページ | 3月は市内で »