« チョウゲンボウの巣立ち雛 | トップページ | 蔵王・初夏 »

2009年6月22日 (月)

4本足の鳥

 それは先週半ばのことでした。いつものように川原で写真を撮っていると、目の前にコチドリがじっとしているのに気付きました。でも、なんだか様子が変です。よく見ると、なんと足が4本あったのです。

Img_5083s

 というのは、あながち冗談でもなく、一瞬、えっ?と思ったのでした。もちろん、本当に足が四本あるワケではなく、、。

Img_5099s

 子どものコチドリが親鳥の羽の下に隠れていたのです。

 しかしそれだけでは話は終わりません。
 なんと、この鳥、私が気付かなかっただけで、本当は足が6本あったようです。

Img_5135s

 可愛いヒナが2羽。いつの間にか生まれていたんですね。
 そういえば、河川敷の広い砂利の上にいつもいたコチドリを、今日は観察してないなぁと思っていたところでは有りました、

 ヒナたちは、親の羽の下を秘密基地にして、何も危険がないとわかるや、基地から外へふらふらと遊びに出かけるのでした。

Img_5151s

|

« チョウゲンボウの巣立ち雛 | トップページ | 蔵王・初夏 »

コメント

こんにちは
ヒナ かわいいですね~~
私もこんなシーンを2~3度見ましたが 写真は・・ 惨敗です..(笑)
チョウゲンボウも 巣立ちの瞬間には立ち会えませんでした。

投稿: ど★れどれ | 2009年6月23日 (火) 12:16

ど☆れどれさん、

こんばんは
ヒナ、本当に可愛いですよね。
この時期、何処に行ってもこうした子どもの鳥たちがいて、なんだか優しい気持ちになります。
どれさんのブログのモズのヒナとかも、
あちゃー、やられたーっ、可愛すぎるーという感じ。

そういや私は、今年はモズは見てないなぁ。

投稿: みつわ | 2009年6月24日 (水) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョウゲンボウの巣立ち雛 | トップページ | 蔵王・初夏 »