« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

オシドリ一羽

 近所の人々が「離婚したのかしらねぇ」などと噂しあうのは、山形市内の神社の池にやってくるオシドリ。毎年カップルで2羽がやってくるそうなのですが、今年はオスしかいないというのが、いまこのあたりで一番HOTな話題!?

Img_0096s

 この通り、なかなかのイケメンでおしゃれ。この配色は誰が身にまとっても似合うというものではありません。寒色系と暖色系を見事に調和させて、、、いるのかなぁ。

 仕草だってシブい。

Img_0133s_2

 時折こうやって水面に口をつけて、首の後ろのグリーンメタリックを見せ付けて、、、

Img_0131s

 その首をクイッと後ろへ跳ね上げる。昔のキザなタレントが長い前髪をクイッと跳ね上げるのとそっくりです。

 また、まわりを威圧するためなのかどうか首を伸ばすしぐさはなんか、メスがいたらイチコロなのかもしれません。(ニンゲンから見ると、ちょっとお間抜けなのはご愛嬌)。

Img_0207s

 でも、どんなにカッコ良くてもそこに女の子がいなければ空しい。

Img_9931s

 カルガモ・マガモがひしめく中、一人寂しそうに佇むオシドリの横顔には哀愁が漂います。

 奥さん、何処に行っちゃったんでしょうね。

Img_0202s_2

| | コメント (5)

2009年10月16日 (金)

ヤマガラの木

 久しぶりに行った山形市の鈴川公園で、ヤマガラの木を見つけました。
 芝生の広場に植えられた、まだ若いエゴノキ。次から次へとヤマガラが飛来し、実を咥えて飛び去ります。

 私がいてもお構いなし。かつて明治神宮で、3メートルの距離で飽きずに眺めたのを思い出しました。
 今回はちょっと遠慮して10mの距離。十分です。大好きなヤマガラを久しぶりにじっくり観察できました。(実際、それ以上近いと多分、あのすばやい動きについていけなかったかもしれません。

Img_9358s

Img_9416s

 飛来してきて一旦留まる枝が、だいたい数箇所に限られているのがわかりました。が、そこからがいけない。どの実に向けて飛び上がるのか、飛び降りるのか。
 視野からフレームアウトして、カメラから目を離し、姿を再び確認したときはすでに実を咥えて飛び去るところだったというケースはしょっちゅう。そうでなくとも、なんとか再びフレームに入れたときに飛び立つこともしばしば。
 写真に捉えた姿は、もたついた子たちのちょっとドン臭い姿ということになります。

Img_9294s

Img_9336s

 でも、すばやい動きのおかげで、留まっているのを撮るつもりのシャッターが、飛び立つ瞬間を捉えていることもありました。ただし、殆どピントは合いません。一番まともな一枚が次の写真。

Img_9304s

 いやあ、こういう写真でピタッとピントも露出も押さえてシャープな写真を撮れる人の反射神経ってどうなっているのでしょう。(私の場合、最初は偶然に数回写り、あとで意図して狙ったのですが、結果はボロボロだったわけで)

Img_9438s

 飛び物は、そういうわけでダメダメですが、ヤマガラたちを飽きるまで堪能できて幸せな時間でした。

| | コメント (2)

2009年10月13日 (火)

台風一過

 台風の翌日。
 強い雨風を避けて避難した渡り鳥を期待して、近くの公園へ。

 ある意味期待どおり、キビタキやムシクイ類を発見したのですが、撮る前に見失ってしまいました。時間は午前10時頃。もっと早く来ていればもっといろんなのが見られたかもしれないと、ちょっと後悔。

 何とかカメラに収めることができたのは、以下の3種。

Img_9234s
ツツドリ

Img_9252s
シジュウカラ  いつ見ても綺麗で可愛い

Img_9274s
????  サメビタキかなと思うのだけれど、、、。

<通信>
この週末、飛島に行かれた皆さん、成果はいかがでしたか?
台風後の良い天気。でも風は少し残っていて、バッチリだったのではないでしょうか。
私は来年は5月になんとか行きたいものです。
そういえば、前回の記事。あれ、ホントにエゾビタキたちでしょうか。ちょっと不安になってきました。

| | コメント (3)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »