« 冬田のノスリ | トップページ | 羽音 »

2010年1月 5日 (火)

塒立ち

 今年の初撮りは2日、宮城の伊豆沼でした。
 塒立ちの時間には間に合っていたのですが、選んだ場所が悪く、あの、壮観な一斉の塒立ちは見ることができませんでした。

 しかし、月は満月の翌日。いい感じに空に残っていました。

Img_5083s

Img_5098s
(コレは多分私の気配に驚いて飛び立ったのだと思います。)

 この日は、日本海側は相当な嵐が予想されていたため、晴れが予想されていた宮城側に出かけたのでした。しかし、雪こそ吹き付けないものの、こちらも相当な風。雁たちは塒を立って、すぐ隣の田んぼで嵐のやむのを待っている、そんな気配でした。

Img_7591s

Img_7635s

Img_7742s

<メモ>
 雁の塒立ちを見たければ、やはり蕪栗沼に行くべきでした。
 もしくは、伊豆沼や内沼でもピンポイントで場所を把握していなければ難しいのかもしれません。伊豆沼・内沼は広すぎるのかもしれません。
 時間も、ひょっとすると日の出1時間前には現地に到着しているべきだったかもしれません。
 冬の朝5時に現地に到着するということは、出発は、、、(汗)。

 いずれにせよ、もう少し度々出向いて現地に慣れておかなければ、いい写真は取れないだろうことがわかりました。

|

« 冬田のノスリ | トップページ | 羽音 »

コメント

みつわさん、ことよろ~。
私も塒立ち見たこと無いです。
落雁も見たこと無いです。
蕪栗沼や伊豆沼でいい思いしたことないので、
どうも、足が向きません。
塒立ちも落雁も感動するんでしょうね。

投稿: KAN | 2010年1月 6日 (水) 22:19

KANさん、今年もよろしくお願いします。

 塒立ちは経験あります。すごいです。感動もんです。
以前見たのが蕪栗沼だったので、今回は別のところでと色気を出したのが結果的に失敗だったようです。
落雁も見たことはありますが、そのときは大変暗くなっていて、あまり印象に残っていません。

 今回も本当は落雁の時間まで粘るつもりだったのですが、あまりにも風が強くて、待つ気力が失せてしまいました。今にして思えばちょっと勿体無かったかなと思います。

 幸い、雁たちは今日あすで北へ帰ってしまうわけでは有りませんので、又次の機会にと思っています。という考え自体が怠慢なのかもしれませんけどね(汗)

投稿: みつわ | 2010年1月 7日 (木) 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬田のノスリ | トップページ | 羽音 »