« 雪中小鳥 | トップページ | 紅一点 »

2010年1月31日 (日)

オジロワシとタンチョウ

Img_8959s

 オジロワシのうしろを優雅に飛ぶタンチョウ。

 北海道の風景ではありません。
 宮城県蕪栗沼。伊豆沼・内沼に比べると少し知名度は落ちると思いますが、雁の観察なら前者よりも良い湿地だと思います。

 この沼にオジロワシが来る(居る?)のは、まあ、知られているようです。私が初めてこの沼に来た2年前の冬も居ましたので、もうお馴染みの顔なのでしょう。
 でも、私は2羽居ることは知りませんでした。

S S_2
別々の個体(私には違いは指摘できません)

 どちらもそれなりに年数のたった個体ですよね。
 このときは、たまたまカラスやトビが集まって何かを食っているところに、別々に飛んできましたのでようやく2羽居ることを知った次第です。

Img_9048s

 で、この沼に今年はタンチョウが1羽、姿を見せているのだそうです。

 下の写真は、この日のすべての写真の1枚目。
 時間は朝6時。厚い雲が覆っていたこの日は、まだ殆ど真っ暗。ほとんどカンでピントを合わせシャッターを切り、、、。
 タンチョウが居ることを知らなかった私は、浮かび上がった画像を見て、「ナンじゃこりゃ??」となったわけです。

Img_8778s

 私は、「ニュースだ!」とあわてましたが、実際にはしばらく前に来ていた上、すでに前日のローカルテレビで報道されたそうです。ちょっと残念(w)。

 そのニュースのせいで、この日の沼は雨だと言うのにタンチョウ見たさの人たちで大賑わい。オジサンやオバサンから、何度「タンチョウはどこに居ますか」と聞かれたことか。 
 「知らんっちゅうねん。さっき飛んでいきよったわ」とは言いません。丁寧に「先ほど見たんですが、今はわかりませんねー」と答えるしか有りませんでした。

 それでも、その後幸いにして飛んでいる姿を見られたのが上の写真、というわけです。(あっ、下の写真もね)。

Img_8963s Img_8967s

 ということで、ちょっと後追い記事的ですが、私的にニュースだった事柄から、まずお伝えいたしました。

 でも、この日見たかったのは別の鳥。
 それは、多分次の記事で。

 では、

|

« 雪中小鳥 | トップページ | 紅一点 »

コメント

みつわさん、こんばんは。
タンチョウ情報はもらっていたのですが、会社の携帯拘束がかかっていて、遠出できませんでした。
オジロワシにも会えてたら、最高の幸せでした。
どちらも、まだ、見たことないんです。
オジロワシは、行ったら、かなりの確率で見れそうですね。行こっかな…。

投稿: KAN | 2010年2月 4日 (木) 22:38

KANさん

こんばんは。
タンチョウ情報が入っていたのですか?
私は全く知らずでした。
早い情報網をお持ちなんですね。人徳でしょうか。

オジロワシは、湿地の西側の柳の木をよく見ると、たぶんとまっていると思いますよ。

投稿: みつわ | 2010年2月 4日 (木) 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪中小鳥 | トップページ | 紅一点 »