« 広角の鳥 | トップページ | 威厳のオオワシ »

2010年3月15日 (月)

シマフクロウ

 シマフクロウがよく出るところがあると聞いて、行って見ました。

 待つこと6時間。
 ようやく会うことができました。

Img_6976s

 ここは宿の庭にある養殖池。
 100%ではないけど、かなり確実にやってくるのだそうです。

Img_6988s

 番らしき2羽で来ていたのは声からわかったのですが、ついに両方を確認することはできませんでした。(今回の写真はすべて同一個体)

Img_6993s

Img_6979s
(咥えているのは養殖の渓流魚)

 たぶん姿を現したのはオス。魚を捕らえた直後に自分で食べてしまう場合と、どこかへ持ち去った場合がありました。持ち去ったのは、メスへのプレゼントではないかと想像しています。

 シマフクロウを待つ間、目を楽しませてくれたのが下の子たちでした。

Img_6949s

Img_6969s

 一枚目はクロテン。二枚目は知れたキタキツネ。

 エサがあることを知っているのでしょうね。勝手知ったる他人の家といった風情で、交代で出没してました。
 キタキツネはとても警戒心旺盛。常にこちらをチラ見しながら、結局何も捕らずにそそくさと去っていくことばかりでした。
 一回はシマフクロウに場所を譲ったかのように逃げていきました。

<メモ>
 この場所はよく知られていて写真を撮る人も多いものですから、撮影のルールができています。つまり「フラッシュ撮影禁止」。
 はっきり言って、池の近くに据えてある街灯一本では暗すぎです。最近の高感度撮影OKのカメラならどうか知りませんが、かなり厳しい条件であることは間違いありません。ピントをあわせるのさえ一苦労です。
 みなさん、どう処理されているのでしょう。

 シマフクロウは、大きい大きいというイメージでいたものですから、実際に見たときにはそれほど大きさを感じませんでした。
 ただ、よく言われるように「威厳」は伝わってきます。堂々としている。

 こいつが野生のウサギでも狩る瞬間というのは、迫力満点なんだろうなぁ。

|

« 広角の鳥 | トップページ | 威厳のオオワシ »

コメント

今晩は~。まるで自分がそこにいるような錯覚を覚えながら、わくわくして見せていただきました。素晴らしい場面ですねぇ。とってもうらやましいです~。シマフクロウが出てくれれば、6時間など全然問題ないですねぇ。ここは、宿に宿泊しなくてもOKなんですか?

投稿: NOBU | 2010年3月15日 (月) 21:39

NOBUさん、

こんばんは。

ここは宿の、どちらかと言えば「裏庭」にあたります。
物理的には「宿泊しないと見られない」ことはないと思いますが、まあ、泊まるのが普通だと思います。

待つのはガラス越しに部屋の中。
被写体がやってくると窓を開けて撮りました。
しかしそこは北海道。
窓を開けたとたんに冷気がはいってくるため、当初気楽な服装でやってましたが、最後にはほとんど外で撮っているのとほとんど変わらない服装になってましたcoldsweats02

投稿: みつわ | 2010年3月17日 (水) 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広角の鳥 | トップページ | 威厳のオオワシ »